2011/10/16 | 投稿者: トラックしゃけんぎれ

トラックを扱う業者の方などは、
過走行の中古トラックに対してどのような扱いをしますか?


普通の考えなら、過走行の中古トラックなどは、
いつ潰れるかわからないと判断を、され、大体、
買取は不可能だと判断してしまい、廃棄処理に出してしまうんですよね。


実はこの様な、過走行の中古トラックでも十分に買取可能なのです。
中古トラックの過走行距離は基本的に、百万キロ以上が基準にされており、
そんなトラックに対しても、いくら走行距離が少なくても、
メンテナンスされずに長期間放置されているような、トラックよりも、
定期的なメンテナンスをされている過走行の中古トラック方が、
コンディションは優秀とみられ方をするのです。


クリックすると元のサイズで表示します

PR.過走行トラック買取

毎日一定の距離以上を乗る、
長距離トラックなどの過走行車は、長期の間、安全に走っていたとも
考えられるのです。

確かに買取価格は安くなりますが、過走行車が程度が悪いとは限りません。
場合によれば、走行距離が少ないトラックより程度や状態が良い事も多いらしいです。


また廃車登録の料金なども支払わずに済むので、だいぶお得なのです。
中古トラック買取業者はこのような、過走行トラック廃車寸前の、
トラックの買取を進んで引き受けてくれるのです。


なので走行距離の表示だけでの判断は絶対にせずに、
お悩みの方は中古トラック買取業者に、
まずは査定を依頼をしてみるのがいいと思います。



0




AutoPage最新お知らせ