親が期待するものとは

2013/3/15 
この前知り合いから聞いたんですが、
幼児の英語教育において親が期待するものとはなんでしょう。英語力の土台作り?もちろんそれもあるとは思います。ですが多くの親は、我が子が幼い頃から英語に触れることで、日本以外の文化、価値観と意識せずに触れ合わせることを目的にしています。そのために決して安くはない教材にお金を払っているのです。
幼児期の英語教育では、やはり楽しいことが重要。受験や仕事に直結する英語の勉強とは違います。小さい頃から楽しく遊んでいることで英語に対する抵抗感はなくなります。逆に無理矢理教えようとしたり教材がつまらないと、その体験は大きくなってから英語嫌いとなって現れることもあります。幼児向け英語教材は、決して安いものではありません。だからこそ、しっかりとした効果が認められる物を選ぶ必要があります。小さい頃は単語を覚えさせようとするよりも、英文を聞かせて英語のリズム感をつける方が効果的なようです。よって、教材もそういった物を選ぶといいでしょう。
幼児期の英語教育は、「教える」というよりは「刷り込む」という感じに近いもの。いわば胎教に近いものです。ですから、教材CDは遊びの時間など、楽しい時に流すのが効果的。楽しく遊んだ思い出と一緒に、英語のリズムが小さな体に刷り込まれていくはずです。幼児向け英語教材を選ぶのは、当然ですが親です。実際にその教材を使う幼児の意見をまったく聞けずに、親は高いお金を払うことになります。ですから、せめて自分が面白いと思う物を買いましょう。自分はつまらないけれど子供のためにはいいのかも…なんて考えないことです。
どの教材がいいのかわからない、相談できる人も周りにいない。それなら、困った時のインターネットです。幼児向け英語教材の情報をやり取りしている掲示板や、中古の教材を安く売っているサイトもあります。ヤフーや楽天のオークションを覗いてみるのもいいかもしれませんね。
ってそんな事の知ってましたか?
0

会社の設立方法には

2013/3/15 
昨日聞いた話ですが、
会社の設立方法にはいくつかあります。その違いは設立する会社の種類により違います。新しい会社法では会社の機関そのものが簡素化され、従来よりも設立は簡単になりました。代表取締1名、資本金1円でも法人格を有する会社が設立可能になり、従来、有限会社が実質的に代表取締1名で運営していた実態に合わせるものとなっています。その他にも法人格を有しない有限責任事業組合(LLP)などの設立も認められるようになり、より自由に会社の設立方法が選べるようになりました。
会社の設立方法といっても会社の形態は大きく分けて株式会社、持分会社(合資会社、合名会社、合同会社)に分かれるので、そのどれを選ぶかで設立方法が違います。それぞれの出資形態も違いますし、設立後の運営方法、責任範囲も違います。まずは設立前に自分が作る会社はどの形態が一番適しているのかを十分調べましょう。また行政書士などの専門家の知恵を借りるのも大事です。では、会社設立で必要になる書類はなんでしょう?実は株式会社設立の場合だと6種類もあります。この例で見ると、@株式会社設立登記申請書A定款B設立時取締役の選任及び本店所在地決議書C印鑑証明書D払込みがあったことを証する書面E収入印紙台紙です。このほかに「資本金の額の計上に関する証明書」がありますが、金銭出資のみである場合は不要です。募集設立(発起人が株式の一部を引受け、残りの株主を募集して会社を設立する)の場合は必要です。
新会社設立は資本金が1円からでできますが、会社設立には設立費用がかかります。専門家に依頼する場合と自分ですべてやる場合がありますが、どちらにも共通してかかる費用があります。「会社実印の作成、及び発起人の印鑑登録証明書」が約2万円、「定款認証手数料」5万円、「印紙代(収入印紙)」4万円(定款電子認証で0円になることも)、「謄本交付料金」約2千円、「登録免許税(収入印紙)登記申請書調査・作成」税15万円、「謄本3通」3千円、「印鑑登録証明3通の場合」 1,500円、合計約276,500円です。会社設立時は資金が潤沢なわけではありません。そうした場合に頼りになるのが国の助成金です。助成金は原則返還の義務がないので、経営が安定するまで非常に有力な経営サポートになります。中でも一番助成金で高額なのは、「創業、または新規事業立上げの雇用」に関するものです。これは1人につき6ヶ月ごとに70万円×2回(最大5人分まで)助成されるものです。新規雇用を掘り起こす手段として雇用保険から助成金が支給されています。
会社設立の手続に関して「定款の電子認証」というものがあります。従来は紙ベースの定款認証でしたが、電子認証で公証人にしてもらうと印紙代4万円が不要になります。ただ、気をつけたいのは自分で電子認証をしようとすると、ソフトなどの費用が印紙代4万円びっくりだよね。
更に

「相場が激しく動いた時には、各通貨のスプレッド(売値・買値の幅)は一般的に拡大する傾向にありますが、FXプライムは、独自のプライシングシステムにより、相場が乱高下する場合においても、安定したプライス提示を実現することが可能です。
FXプライムは、みずほ信託銀行と提携し、私たちが証拠金として預ける大切な資産を分別管理するだけでなく、信託保全しています。また、独自のプライシングシステムの構築により、相場が急変した時でも安定したプライス提示を実現しております。」

なんだって!
意外な感じがするね。
イオンカード かいがいほけん
0



AutoPage最新お知らせ