親が期待するものとは

2013/3/15 
この前知り合いから聞いたんですが、
幼児の英語教育において親が期待するものとはなんでしょう。英語力の土台作り?もちろんそれもあるとは思います。ですが多くの親は、我が子が幼い頃から英語に触れることで、日本以外の文化、価値観と意識せずに触れ合わせることを目的にしています。そのために決して安くはない教材にお金を払っているのです。
幼児期の英語教育では、やはり楽しいことが重要。受験や仕事に直結する英語の勉強とは違います。小さい頃から楽しく遊んでいることで英語に対する抵抗感はなくなります。逆に無理矢理教えようとしたり教材がつまらないと、その体験は大きくなってから英語嫌いとなって現れることもあります。幼児向け英語教材は、決して安いものではありません。だからこそ、しっかりとした効果が認められる物を選ぶ必要があります。小さい頃は単語を覚えさせようとするよりも、英文を聞かせて英語のリズム感をつける方が効果的なようです。よって、教材もそういった物を選ぶといいでしょう。
幼児期の英語教育は、「教える」というよりは「刷り込む」という感じに近いもの。いわば胎教に近いものです。ですから、教材CDは遊びの時間など、楽しい時に流すのが効果的。楽しく遊んだ思い出と一緒に、英語のリズムが小さな体に刷り込まれていくはずです。幼児向け英語教材を選ぶのは、当然ですが親です。実際にその教材を使う幼児の意見をまったく聞けずに、親は高いお金を払うことになります。ですから、せめて自分が面白いと思う物を買いましょう。自分はつまらないけれど子供のためにはいいのかも…なんて考えないことです。
どの教材がいいのかわからない、相談できる人も周りにいない。それなら、困った時のインターネットです。幼児向け英語教材の情報をやり取りしている掲示板や、中古の教材を安く売っているサイトもあります。ヤフーや楽天のオークションを覗いてみるのもいいかもしれませんね。
ってそんな事の知ってましたか?
0


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ