承認までに時間が

2013/2/11 
この前知り合いから聞いたんですが、
フラット35とは長期固定金利の住宅ローンの名称で、2003年に登場した比較的新しいシステムです。最大35年間の固定金利で、ローンの返済期間中に金利が変わることがないので返済額が確定され、将来に渡っての計画が立てやすく安心できることから利用者の数も増えています。フラット35を利用する時点で注意したいのが申込みから承認までの時間です。通常2週間〜1ヶ月と承認までに時間がかかることから、時間的に余裕を持って申込みを行わないと物件引渡し時に間に合わないということも起こりかねませんので、申込みの際には注意が必要です。フラット35の利用者は年々増加する傾向にあります。これは今後住宅ローンの金利が少しずつ上がる、または急激に上がる場合があると目している人たちが多いことで、金利の変動にヤキモキするよりも安心して返済プランを立てて住宅を購入したいと考えている人が多いからです。結構いいと思いませんか?
いろいろな利用の仕方があるんですね。
0

安心とゆとりのある

2013/2/11 
よく聞く話ですが、どうでしょう?
保障の種類としては、総合タイプ、総合2倍タイプ、大型タイプ、 医療タイプ、キッズタイプ、キッズワイドタイプ、シニア総合タイプ、シニア傷害タイプ、医療終身タイプがあります。あなたの生活スタイルに合わせて選べます。独身の方には「のびのびシングル」、若い新婚のご夫婦には「ほやほやファミリー」、育ち盛りのお子様のいる家庭には「ぐんぐんファミリー」、子供が独立したご夫婦だけの家庭には「いきいきシニア」がお勧めです。全労済は、営利を目的としない保障の生協として共済事業を営み、組合員の安心とゆとりのある暮らしを目指しています。全労済が行う共済事業の一つに「こくみん共済」があり、保障分野として遺族保障と医療保障に関与しています。こくみん共済は、あなたとご家族の暮らしの安心を支えるために、本当に必要な保障は何かを考えた多彩な保障タイプをそろえています。年齢や性別、ライフステージに合わせて、一人ひとりにピッタリの保障をお選びいただけます。独身者では、けがや病気に備えた総合タイプ、医療タイプ、医療終身タイプの組み合わせ。若夫婦には、マイホーム購入などに考慮して考えた総合2倍タイプ、医療タイプ、医療終身タイプの組み合わせ。教育費や計画的な貯蓄も必要な育ち盛りの子供をかかえた家庭では、合理的な大型タイプ、医療タイプ、医療終身タイプの組み合わせ。老後生活で、入院や通院も視野にいれる夫婦には、シニア総合タイプ、シニア傷害タイプ、医療終身タイプの組み合わせがお勧めです。
だって。
これは私としてはどうかなと思って。
マレーシア写真旅行記
0



AutoPage最新お知らせ