FX為替ブログ  

FX関連のブログを検索すると、たくさんヒットします。「FXブログ」とか「為替ブログ」とか検索してみてください。例えば、FX上級者の方のブログを拝見したとしても、内容が高度過ぎて初心者には用語の意味すら理解できない場合もあります。FX中級者の方が、上級者のブログを参考にするという意味で拝見するには良いのではないでしょうか。

FXは、日々変化があるものですので、人のマネをする事は良くないと言われています。日々の変化と未来の予想が大切ですので、日常いろいろな事にアンテナを張っていなければならないのです。その点で、上級者はどの様に情報収集しているのか等、ブログに記されている時もありますので参考になる事でしょう。

FX初心者の方のブログを拝見すると、主婦ブロガーが多い事に驚かされます。同じ主婦の方でしたら、主婦業をしながらどのようにFXの時間をやりくりしているのか等、参考になるのではないでしょうか。ブログの内容も、ご主人に内緒でへそくり感覚でFXをやっている方から、大きなお金を動かしている方まで実に様々です。サラリーマンが副業としてFXをしているブログがあります。本業よりも多く利益がある月もあるので興味をそそられます。

また、ご自身もFXを始めると同時にブログも始めるというのも面白いのではないでしょうか。ブログを通じてFX仲間が出来るかもしれませんし、色々な情報を教え合う事も出来る事でしょう。ご自身のFX取引のメモや覚え書きとしても使えますし、何よりも初心者の方でしたらFXの成長の記しにもなるのではないでしょうか。
0

2011/1/16  21:54

金融政策に影響を与える経済指標  ファンダメンタル分析

中でも、やはり「非農業部門雇用者数」と「失業率」が
FXに対して高い影響を与えると言えるだろう。
雇用者数が減少して失業率が高まると、
そのうち米国の個人消費が落ち込むと予想できる。

さらに、あわせて発表される「平均時給」も
インフレ動向を把握する上で重要。
もちろん、市場関係者や機関投資家も注目している。

各国、各通貨ペアの重要な要素として共通して言えるのは、
雇用、消費、物価関連指標、
加えて製造業や非製造業なんかの景況指数などが考えられる。

FRB、ECB(欧州中銀)、BOE(英中銀)など各国中央銀行は、
定期的に開催する金融政策決定会合で、
発表された様々な経済指標や景気データを元にして、
金融政策の方向性を決定する。

米国の場合は、毎月第1週金曜日に米労働省が発表する
米雇用統計に1番注目が集まる。
もちろん、政策金利の動向を左右するのは住宅価格だけではない。

名無しのFX(為替取引)ブログ
FX業者勤務の経験を生かしてFX(為替取引)を解説する、
初心者にもやさしいブログ。
0

2010/5/23  19:30

FXの用語  

FXの用語は、普段の生活には関係の無い言葉が出てきますので、意味をよく理解した上でFX取引をしなければなりません。よく使う言葉の意味です。

スプレッドとは、買値と売値の価格差の事。

スワップポイントとは、2ヵ国間の通貨の金利差の事。

IF-DONE(イフダン)注文とは、新規に注文する場合、返済注文もセットで注文する事ができる注文方法の事。

OCO(オーシーオー)注文とは、2つの注文を同時にする事ができて、1つの注文が約定した時点でもう1つの注文が自動で取り消される注文方法の事。

指値注文とは、市場価格が指定した値段以下になった時点で買う、またはその逆で、指定した値段以上になった時点で売るという売買価格の条件を指定する注文方法の事。

逆指値注文とは、市場価格が指定した値段以上になった時点で買う、またはその逆で、指定した値段以下になった時点で売るという売買価格の条件を指定する注文方法の事。

2Wayプライスとは、売値と買値の価格を注文する時に同時に提示する事。

成行注文とは、現在の相場の値段で注文をする事。

マージンコールとは、口座精算価値が維持率を下回ってしまった場合、必要保証金のレベルまで回復させる為の保証金の事。(追加保証金ともいう)

ロールオーバーとは、未決済の通貨の持ち高を決済する日を自動的に先送りにする事。

ワーキングオーダーとは、約定されていない指値や逆指値などの注文の事。

ビットとは、価格を提示する側の買値で提示された側はその価格で売る事。

ブルとは、強気相場の事。

ベアとは、弱気相場の事。
0

2010/5/21  13:28

FXをバーチャルで体験しよう  

FXをすぐに始めるのがためらわれる方は、バーチャルFXがお勧めです。ゲーム感覚でFXを体験した後に、本格的にFXを始めてはいかがでしょうか。FXトレーディングダービーというサイトがあります。ここで無料会員登録をして会員IDを取得すると、仮想資金の500万円を元手にして外国為替証拠金取引(FX)を行う事ができます。

資産運用成績を競うという本格的な仮想取引ゲームをするのです。ゲームで利用する為替情報は、日々変動する為替の価格に連動している為に、すでに取引経験がある方はもちろんですが、これからFXについて勉強したい思っている方にも楽しみながら実践さながらに、擬似体験をする事ができます。

取引ルールは実践に比べるとシンプルですのでFXの全体像を把握するのに適しているでしょう。また、期間が設けてあり、期間内の成績上位者に豪華な賞品が進呈されるというのも魅力的です。探してみると、バーチャルFXを行っているFX会社はいくつかあります。

外為オンラインでは、レバレッジ100倍コースでデモ体験を行っています。FXOnline Japnaでは、1000万円の仮想資金でデモ体験ができます。外為どっとコムやセントラル短資では、定期的にコンテストが開催されていて、優勝者には景品があります。探してみるとバーチャルFXは幾つもありますので、自分に合う会社を見つけるのにも役に立ちそうです。

FXに興味はあるけれども実際にできるのかな、心配や疑問がある方は1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
0

2010/5/20  16:27

FXのエントリーのタイミング  

FXを行う場合、エントリーのタイミングはチャートを見ながら決めるという方がほとんどでしょう。この時、長期チャートを利用して、年単位の大きな為替相場の流れを把握する事が大切です。チャートを見て、下がっている途中なのに「買い」のポジションを持つ事は大変危険な事なのです。底を確認してから「買い」という方法が、リスク回避に繋がります。

また、「買い」のポジションを持つ時には、一度にポジションを持たずに、何度かに分けるという事も必要です。例えば、5万ドル買おうと思った場合には、1万ドル、2万ドル、2万ドルといった様に、様子を見ながら3回位に分けて注文を出すのです。

指値注文する事も効果的で、例えば1ドル100円以下で買いたい場合、99円、98円、97円より安くなった所で買うという様に値段を分散せる事で、平均すると安い所でポジションを持つ事ができるのです。FXのエントリーをする時に重要な事は、小分けし様子を見ながらポジションを持つという事と言えるでしょう。さらに、この時に指値注文を使いましょう。そうすれば計画的にポジションを持っていく事ができます。

24時間動いている相場ですから、自分が見ている時に調度良く高値や安値のタイミングになるとは限りません。また、決済注文を指値注文で入れておく事をお勧めします。いざ、決済しようとする時に、注文が通らない事もありえるからです。しかし指値注文を入れておく事によって、自動的に決済してくれる為、とても便利なのです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ