2010/12/21

又ね、ヤスニの森よ  
豊富な木の実、美しいきのこ、

ヤスニの森の空けやらぬ空を見ると、南方の空低く、森の上に、燦然と輝く星4っつ、菱形に広がる、crus de sur 南十字星だ。
サザン クルス に見送られ、ヤスニの森を後にする。カヌーで送ってもらう。
ヤスニを離れ2時間もすると森に炎、油井だ。これも消したいな。

又ね、ヤスニ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/12/21

先住民の家  
先住民の畑、鶏など。
密林の木を切って、果樹などを植えとけば、農薬をまいたり、化学肥料をやらなくても、もともとジャングルの植物だから、十分育つ。
飢えることは無いが、ヤマハの船外機を買うのに金が要る。お父さんは働き、おかあさんは、われわれのようなのを受け入れて、現金を稼いでいるようだ。
土産も、木の実のブレスレット、ネックレス、度の強い木の実ワインなど売っていた。おっちゃんは、ワインを買ったよ。では又

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/12/21

ヤスニ、先住民の家  
ジャングルを歩いて1時間あまり、
indigena先住民の家を訪問。家族は、夫婦2人に子供9人の大家族。
農業で暮らしている。バナナ,トウモロコシ、ユカ芋は単作の畑、カカオ、マンゴウ、パパイヤ、コーヒー等は、混植、
庭にも色々な果物の木が植えてあった。鶏が走り回っている。
家は椰子で葺き、柱、壁、床は竹、窓は空いたままでガラスも網戸も無い。風が吹きぬけ。
奥さんがユカのどぶろくをブリキのお椀に、1升位入れて出してくれた。ガイドも、カナダ人夫婦も口をつけただけ、一っぱい余ったが、おっちゃんが飲み干したよ。田舎の濁酒だった。酸味があったが旨かった。
では又

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/12/21

ヤスニの昆虫  
蝶々がたくさんいる。
森の中に飛んでいるのは、このカメラでは撮れない。
虫も変わったのがいて、現地ガイドでないと見つけるのが難しい。
葉っぱや、木の色と同じ、この写真のように小枝そのものだよ。
コテージには小さなトカゲや、七色に変化するものも居る。屋根や竹の壁にくっついている。
もちろん人間を見るとさっと逃げる。では又

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/12/20

森の虫続き  
美しい蝶もしばらくは蛹となってぶら下がって過ごします。
黄金色の蛹からどんな蝶が生まれるのでしょう。
まさに自然の神秘ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ