口にされていない線は描かれました

2011/12/17 
私は私が私の妻の最初の国内の攻撃の後、七日の間不在であることから帰ったあと、彼女が回復することに経路を発見したいという謝罪と願望で私をドアで出迎えたならば、私が完全な降伏において彼女の足で砕けただろうことをよいすべてと神聖な物にかけて誓います。

それは私が自発的だったので、その瞬間は私の心を通して反響し続けます。しかし、私は沈黙と怒りで会われました、そして、口にされていない線は描かれました。

円非常におなじみの円、支配の環と封じ込めにおいて引き出されます。

それは私はここにいます彼女の怒りは、核放射能灰のように続きます。

私は歴史に振り返って私がその終末ボタンが押されているのを見ることを避けることができた方法があったかどうか尋ねます。

それは私は私が何をすることができたかについて、わかりません。

まるで私がそして、何年もと何年も、長い間この日を避けるために見ることのまわりに踊っていたように、私は感じます。
0


コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ