毛穴がかさつく??  

色々な刺激から肌を守るためにバリアとなっているのが「角質層」ですが、この角質層の表面は平らな角質細胞がぴったりと重なり合っています。そのひとつひとつの細胞がふっくらと潤い、その間を細胞間脂質がしっかりと満たされているのが健康な肌の状態ですが、乾燥すると角質細胞同士の結びつきが弱まり、細胞がめくれたりはがれたりしてしまいます。これが「肌荒れ」といわれるものです。

乾燥するだけで肌のバリア機能は低下し、外部からの刺激を受けやすくなり、そして肌のハリが低下するため、シワもできやすくなるのです。

時々自分自身で肌のチェックをしてみましょうね。

例えば、毛穴のかさつき。皮脂量はそれほど多くないけれど、体調の変動などによって角質の状態の悪化により毛穴の周りがかさついて毛穴が目立ってしまうのが、「かさつき毛穴」とよばれるものです。


毛穴対策として大切なのは、皮脂を取り除きすぎず、適度にオイルを補って毛穴を引き締めるということです。

毛穴のない美肌になる生活

皮脂を取り除きすぎると、かえって皮脂が出てしまい、毛穴の開きが目立ってしまいます。

過剰な皮脂の分泌を抑えるためには、化粧水や美容液だけですませず、オイルやクリームなどでしっかり油分を補うことが大切ですよ。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ