2014/2/7

抜け毛を漢方で治す  育毛

抜け毛の治療法といえば内服薬やステロイドなどの塗り薬がありますが、漢方で治すという方法もあります。

ステロイドなどは長期的に使用すると副作用が出る事もありますが、その点漢方は副作用の心配がなく、長期的長治療が必要な抜け毛、円形脱毛症の治療でも安心して使用することができます。

漢方は症状だけを改善をするのではなく、体の根本から体質改善をしてくれるので、繰り返す抜け毛な悩んでいる人にもオススメです。

具体的に、漢方でどのように治療するかと言うと、「気」と「血」の流れを良くすることが目的とされています。

ですが、漢方にもたくさんの種類がありますよね。

一般的に抜け毛、薄毛に良いとされている漢方は、
・血虚が原因の場合
四物湯、当帰芍薬散、など

・気虚が原因の場合
柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯など

・腎の低下が原因の場合
八味地黄丸、補中益気湯などがあります。

薬局などにも漢方は置いてありますし、何に効果があるのかもパッケージなどに書いてあるので自分で選んで飲む事も出来ます。

ですが、自分の体質や体型などに合うものを選ばないとよりよい効果が得られないので、漢方での治療を考えている人は、専門の人に漢方を選んでもらうと良いでしょう。

0

2013/12/17

髪と頭皮も乾燥予防が必要です。  育毛

健康な毛髪は、通常水分を12〜13%保持していて
最大で35%までできるといわれています。

髪の毛の水分が7%を下回ると、表面のキューティクルが
乾燥によってカラカラになり、
剥がれ落ちることによって切れ毛や裂け毛、枝毛などのダメージが表面化してくるのです。

さらに傷ついた部分から、髪の毛内部の水分までもが出てしまい、それによって
ダメージを増やしてしまうことになるのです。

また頭皮も乾燥をすると、毛穴が詰まったりして抜け毛を増やす可能性もあります。

肌と同じように、髪と頭皮の「潤いケア」も
忘れずにしてあげることが、冬の美髪づくりには欠かせません。

そして、冬はブラッシングの際にも注意をする必要があります。

空気が乾燥しているため、静電気が起きやすい状態になってます。

ブラッシングで髪が摩擦を受けて、バチバチと逆立ってしまう
という経験はありますよね?

静電気が起きるのは、髪の内部まで乾燥している証拠といっていいでしょう。

静電気は切れ毛の原因になるし、ホコリを吸い寄せてしまうので頭皮と髪が汚れる原因にもなります。

頭皮には、育毛剤チャップアップを使って栄養を補充するとともに、乾燥を防ぐのにも効果的!

乾燥がどうしても気になる場合には、化粧水や乳液を頭皮に馴染ませるのも良いそうです。

ブラッシングの前に、霧吹きで軽く化粧水をつけたり、洗い流さないタイプのヘアトリートメントを使うなど静電気を予防する工夫も必要です。
0
タグ: 育毛 髪の毛 頭皮



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ