2013/4/20

税理士のつぶやき。社長は経済学そのものでなければならない  

経済学の概念では、ひとつの行動によって生じる便益がその行動による費用を上回る場合のみ、その行動をすべきであるという考え方です。

聞けば、当たり前の事ですよね。しかし、此処に落とし穴があるのです。世の社長が費用対便益の法則通りに行動しているか、あるいはそういった発想をしているかと言えば、以外にそうでもないことが多いのです。

以前、僕がお手伝いさせて戴いた会社は、中堅メーカーで、兎に角、展示会をよくやります。当然、開催毎に多額の費用がかかります。しかし、毎回、費用はかかるが便益がないのです。これでは、ビジネスではなく、趣味の世界観になってしまいます。

そもそも、今回の展示会の目的から考えなければならないと思うのです。何のために費用を使って展示会をするのか? その目的が明確になっていないのなら、展示会をする必要性なんてどこにもない訳です。

明確な目的があって、誰に、何を、どのようにして理解してもらい、納得してもらい、購買してもらうのかを設計できていなければ、展示会の意味も意義も無い筈です。

ここの社長にインタビューをしましたところ、展示会に訪れたお客様を明確にイメージできていませんでした。ただ、展示会に製品を出しておけば、それなりに認知してもらい、ブランディングができるのではないかと考えていたそうです。

確かに、言っていること自体は間違いではないですが、製品を展示するだけで、その後の営業活動もなし、ただ、ひたすらインコールを待つだけでは、戦略も何もない訳なので、折角、多額な費用をかけているのに無駄が多すぎると思うのです。

社長としては、費用をかけるということは、当然、便益を期待しなければならない訳ですから、便益が期待できないのであれば、展示会は本来ならすべきではないのです。


千代田区のの税理士のことなら税理士千代田区.com
0

2013/4/17

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ