コレステロール  

健康管理は日々の積み重ねから生まれる。

毎日健康管理に気を使っていますか?
今日は健康管理に役立つコレステロールについて書いていきます。

コレステロールのコントロール

コレステロール値はこうして下げる

血中のコレステロールの最適値は、180〜200mg/dlです。
コレステロール値が高すぎると、心臓そのものへ動脈(冠状動脈)が硬化しやすく、血液が通りにくくなって狭心症や心筋梗塞などを起こしやすくなります。
 近頃、中年期以降の3〜4人に1人は高コレステロール血症だといわれています。しかし、コレステロール値が高いと言われても、がっかりする必要はありません。生活習慣を改善することで、下げることができます。この健康クラブでは、コレステロール値を適正にするための生活習慣を身につけましょう。

コレステロール値を上げにくい食生活を身につけましょう。

血中のコレステロール値の80%は肝臓でつくられます。
血中のコレステロール値を問題にするとき、コレステロールの多い食品が注目されますが、実はそうではありません。私たちの血中のコレステロールは、80〜90%が肝臓で合成されたもので、食品に含まれるコレステロールが吸収されたものは10〜20%にすぎません。コレステロールを効果的に下げるには、コレステロールを多く含む食品を減らすことよりも、「コレステロールの合成を増やす食品を減らすこと」「コレステロールを合成させにくい食品を増やすこと」が重要です。

例えば
同じ肉類でも、コレステロール値を上げにくいものほど、タンパク質が多い。
牛肉、豚肉、鶏肉、肉加工品のどれも、脂身が少ない、コレステロール値を上げにくいものの方が、タンパク質の含有量も多いのです。脂肪が減るのでカロリーは下がり、減量にもよい効果をもたらします。

今日はここまで!また色々書いていくからどんどん試してね〜

コントロールジェルME
BYE-10ダイエット
リッチハーベスト
自宅でモデルのトリートメントができる7日間プログラム
0

水は1日1.5リットルのみましょう。  

これから暑くなると脱水症状になりやすいです。
脱水症状になりと血管が収縮して、副交感神経がかなり下がります。
熱中症で倒れるのは、体内の電解質のバランスが崩れる前に
脱水症状で血管が収縮して倒れることがあります。
ですので、1日に1.5リットルは水を飲みましょう。
朝起きたらすぐに水をコップ1杯の飲むと胃腸を動かすと胃・結腸反射で副交感神経が上がり
朝の水は必ず飲んだ方がよいです。
そしてお酒を飲んだときは水を飲んだ方がよいです。
人間は体重の約60パーセントが水分だそうです。
水分の働きで、栄養素や代謝物の運搬や体温調整が行なわれているので重要な役割です。
健康を維持するのには、水はかかせないものです。
成人の体が1日に排出する水分量は約2.3リットルになります。
摂取量と排出量のバランスが大切です。
水分が不足すると脱水症や熱中症の原因になるので気をつけたいです。
毎日、朝起きたときのコップ1杯の水と1日1.5リットルぐらい水を飲んだ方が良いかと思います。
ただし必要以上に水を摂取すると水中毒が起こり、内臓に負担がかかり体がだるくなり、
消化不良を起こすことがありますので、適度な摂取が必要です。


足立和寿子
プラセンタ100 美肌
ウーマシャンプー 購入
エルセーヌ 体験
0




AutoPage最新お知らせ