teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

ぷろろーぐ  

歯の表面にはエナメル質
その内部に象牙質
その内部に歯髄
歯の下に、セメント質と歯根幕
その外側に歯槽骨
そして、その歯槽骨の口側に歯肉が付着してます。
これらは、それぞれ、非常に重要な人体の中で大事な
代謝とぃぅ、エネルギー製造のための食物の運搬にきわめて重要な働きをしています。
この代謝を円滑にするのが、口腔内で放出される唾液になります。
この唾液を構成しているのが
酵素になります。
この酵素により食べ物は少し分解され、代謝に備えられるわけです。
この酵素って言うのは、いうなら、マイナスイオンです。
つまり、食べ物を分解する力を持つのです。
このイオンにより、食べ物は唾液の水分により
結合がとけますが、
その細かくなった分子をこの酵素がさらに細かくするわけです。
酵素ってまぁ、要はたんぱく質分解のための酵素ですが、
この酵素って、まぁ、あれですねぇ、むずかしぃんですが、
たくさんあるんです。
唾液の酵素ってアミラーゼだけだと思われがちですが
実は非常にたくさんの酵素が複雑に絡まりあいはたらいているんです。
ですから、消化のもっと大きな基地である胃や小腸、大腸ではもっともっと複雑な
酵素たちの絡まりあいがあったいするのです。
ですので、素人がわかるようなことではなく、玄人でも
あんまりわかってないとおもうのですが
しかし、こんかいは、この代謝のなぞにせまってぃきましょう。

たいしゃとぃうのは、エネルギーを生み出す仕組みのことです。
エネルギーとは、むずかしいですが、
高分子を低分子に分解するとき、熱が発生します。
それが、たいおんになり、また、ほかの必要なたんぱく質合成の原動力になるのです。
代謝が低い人は、活動が散漫になりがちです。
代謝がたかいということが健康にも活動力にもプラスになることはすべての医学関係者が口をそろえる子尾です。
この代謝を保つことが人生を楽しくするきめてとぃえるのではないでしょうk。
よく、うつぎみだとかぃうひとがいたりします。
しかし、しらべてみたら意外にも、代謝がわるいだけのことがよくあります。
本稿では、この代謝を消化器官別に述べたいと思っています。
さらに、次に合成について述べましょう。
さらに、各症状別原因について、この代謝や合成とのからみで述べていきましょう。
すべてはネット上の資料から引用します。
ネット上資料で事足ります。
各病気は、この代謝異常あるいは、合成以上の延長上にあることが多々あります。
そのほかの因子としては、やはり遺伝が多いですが
外的な因子はそのほかの原因の9割以上をしめるといって過言でないです。
本稿では、この外因子の種類別の作用についてものべたぃと考えています。
途中で付け加えますが、筆者は医療関係者ではありません。
ただ単に、ネットワークでサプリなどを販売する素人に過ぎません。
なので、売るときは、薬事法のみならず、医療行為とみなされるようなもんげんをつかうことさえ
はばかられるべきなのです。
サプリをうるとぃうのは、意外にもほとんど何もいえません。
のみならず、普段でかいわするときでさえ、あぁしたほうがいいこうしたほうがいい
などとかるがるしくいえるものではありません。
ただ、医療関係者が書いた書物を紹介するのはありです。
それはOKです。
また、資料を渡すのもそれが、学術目的ならOKです。
したがぃ本稿は学術目的として記されています。
ここの内容から損害をこうむっても筆者は一切の責任を回避します。
あくまで、学術文書としてお読みください。
学術文書は文書です。
また、たずねられたときは別です。
まちがっても、何々に効果があるとはいえません。
ただ、それとは別件でこれがいぃといえるだけです。
あんにょいないぃかたできもちわるいですが、
聞くかもしれないというニュアンスで出すわけです。
まちがっても断言はできません。
それが慣行とぃうものです。


本稿では、また、人体の複雑な機能についてかぃていきましょう。
ホルモン、脳内神経物質、免疫機構などなど、一線の研究者が研究している内容に近いものを出します。
それを理解するには、化学のちしきが不可欠です。
のみならず、ゆうきぶつとはなんなのか、むきしつとはなんなのかといった
化合物のとほうもない知識の一端がどうしても必要になります。
人というのは、とほぅもない、メカニズムを有しています。
これをかいめいするのが医者の務めですが、
これに迫ります。
筆者は、地理学者です。
将来的には、外的環境と病気という一大命題に取り組む運めいにあります。
したがい、本稿はこの命題をクリアするためのベースたる基礎研究のむきをひめているのです。
0




AutoPage最新お知らせ