けんたこの消防・救急車輌の写真館 の消防ネタをつらつら書くページ

 

お知らせ  消防小ネタ

いつも「けんたこの消防・救急車輌の写真館」にご来館いただきありがとうございます。

当ホームページは、COOL ON LINE様のHP無料公開サービス終了に伴い、しばらくの間、休止いたします。再開につきましては、こちらにてお知らせいたします。

長い間、お付き合いくださいまして誠にありがとうございました。


この「消防あれこれ」は継続して続きますので、こちらの方でしばらくはお付き合いくださいませ。

なお、リンクして下さっております各HP・ブログの管理者様には、再開後にご挨拶を申し上げる予定でございます。終了につきましてのご挨拶はこちらの文章をもちまして、換えさせていただくこと、お許し下さいませ。m(_ _)m

※しばらくは、こちら↓
http://blog.ap.teacup.com/kenta5r119/
をブックマークして下さい。

この記事は、1番上にくるように設定されています。

2017/6/11

浜田市総合防災訓練(平成29年6月11日)  消防訓練・防災イベント

今日は、島根県の浜田市の防災訓練を見てきました。浜田市の総合防災訓練は3度目(県防災含む)ですが、浜田市の訓練は車輌展示やらもやってくれるので、とても好きです。

いつも通りのダイジェスト

クリックすると元のサイズで表示します
救助展開する浜田消防署・消防団、DMAT隊

クリックすると元のサイズで表示します
現場指揮所、トリアージエリアの設定開始!

クリックすると元のサイズで表示します
3階建ての建物から孤立者を救助しています。

クリックすると元のサイズで表示します
島根のおじさま

今日はあまり撮っていないのですが、他に県警救助隊の倒壊家屋からの救助、海上では海上保安庁の溺水者の救助なども行われました。


ということで、注目の車輌を

クリックすると元のサイズで表示します
浜田消防署・高規格救急車(高規6)

この車輌はもう予備車で、元は三隅出張所に配備されていた車輌です。運転席側の最後部の窓をパネルにしてカラーリングしてあります。現役時に非常に撮りたかった車輌なので、コレが来ていてラッキーでした。中四国にハイメも多いですが、このパネルの仕様はコレだけだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
浜田市消防本部・指揮隊車(支援車4型)

ハイメディック(トヨタ救急車)ベースの指揮車。緊急援助隊登録の車輌ですが、県指揮隊(総務省)のではないので、赤色灯が一体でカッコよいです。ハイメモデルはここらで知る限り、同県の大田市、隠岐広域連合にあったかな。うちの地元にもありますYO

クリックすると元のサイズで表示します
指揮車なのでアンテナだらけです。このアンテナは、車内からボタンひとつで全部倒すことができるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
赤メディック&白メディック

…こんな感じで

2017/6/7

平成29年度の車輌更新状況  消防小ネタ

さて、そろそろこの公告の時期となってきましたが、ここら辺の注目の案件をチラッと紹介(出だし、去年のコピーしたものをさらにコピーしたものをさらにコピー…)。

今年は、少し記事が早いのですが、忘れそうなので

気になった大きな案件をいくつか紹介!【第1報】

【広島】
広島市消防局
・化学車(井口・青崎・坂のどれか)
 坂のが一番古いので坂だと思いますが、久しぶりに広島市消防局に新車の化学車が入るようです。

三原市消防本部
・三原市消防本部・消防署庁舎の移転完了

尾道市消防局
・向島分署庁舎の建て替え

江田島市消防本部
・大型化学高所放水車(能美)
・江田島市消防本部消防署および能美出張所庁舎建て替え(〜H30年まで)
 この高所放水車は、消防署のはしご車と能美出張所の大型化学車を統合して1台にするようです。広島唯一のFJが最後となりますか…。江田島らしく、ウィレンばりばりで超カッコいいのに期待

【岡山】
岡山市消防局
・支援車(2・3・4型)
今年の岡山は支援系の充実を図るようですが、どんなのが入ってくるでしょうか、想像がつかないですね〜。

【山口】
光地区消防組合
・屈折はしご車(中央)
 はしご車の更新で、仕様書ではシグマ25mが入りそうです。新顔のプロフィアになるかな?

【島根】
出雲市消防本部
・救助工作車(3型・緊援)
 緊急援助隊補助で3型の導入です。島根県は3型は松江に続き、2台目になるのかな。


緊急援助隊の補助金を見ると中四国地方はタンク車やCD-1の消火系の更新が多いですかね。

これからポツポツ出てくると思いますが、大きな案件があれば追加して行こうと思います。

また中四国の情報を皆さんからお待ちしています。

2017/4/30

高知県嶺北広域行政事務組合消防本部(再び)  消防放浪

本日は、高知県の嶺北広域行政事務組合消防本部を訪問させていただきました。6年ぶりの再訪です!→そのときの記事のコレを見てもらうとして、紹介の手間を省きます…

さて、なぜ再訪かといいますと、もちろん、この6年の間に注目の車輌が2台も配備されたからですよ〜


…ということで、注目の車輌行ってみよ

クリックすると元のサイズで表示します
救助工作車(H26年11月配備)

まずは工作。いすゞの新エルフの1型車は中四国にはここしかありません。しかもウインチ付きのやつ。

クリックすると元のサイズで表示します
うしろ

しかも、吉谷機械が作っているというレア車です。吉谷の1型救工はここらでは見たことないですわ。いや〜これが見たかったのです。…ということでいろいろ見せていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
助手席側

こちら側は、山岳救助機材でまとめておられるそうです。この救助工作車が入る前は、救助用にしたポンプ車に載せていたので、使い勝手が格段にアップしたそうですよ

クリックすると元のサイズで表示します
運転席側

反対側のこちらは、基本は交通救助用機材です。

クリックすると元のサイズで表示します
ルーカスの電動スプレッターとカッター

電動ツールは、今までの油圧ツールよりも使いやすいそうです。…今まで電動ツールで疑問があったのですが、電池が切れたらどうするか?いろいろな消防が電動ツールを使っていますが、実は電池が切れたら、電源で動かせるんですね(電気を取る発電機が必要)。
また、嶺北消防さんでは予備バッテリーをさらに3個積んでいるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
照明装置にナイトスキャンのHID型を搭載。かなり明るいそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
電動ウインチ(ラムゼイ)

3.6t引きですが、ワイヤーの距離を伸ばしていくと、おおよそ2.0tぐらいが目安だそうです。

…というような、隙のないつくり


もういっちょ!

クリックすると元のサイズで表示します
CD-1ポンプ車(H28年10月配備)

配備から半年しか経っていない新車

クリックすると元のサイズで表示します
うしろ

…ふふふ、実は新しいから紹介するのではないのです。一見、普通のオールシャッターCD-1ですが、なんと!!

クリックすると元のサイズで表示します
規格外で、水が1.3tも積める!(今回はうまく写したし…)

…と前の車輌と同じ言い回しでやってみましたが、いかが?

クリックすると元のサイズで表示します
助手席側

このモデルは長野ポンプが開発したGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)のCD-1で、とにかく軽量なのが特徴です。(真ん中部分が水槽)

クリックすると元のサイズで表示します
運転席側

サイドプル吸管巻きにして、積載スペースも確保しています。クラスAフォームの混合装置も付いているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
うしろ

ホースカーはなく、動力ポンプが積んであります。

…というようなこの車輌、高知県内では、香南市消防団に1.2tのNIKKIのPPタンクのCD-1があったと思いますが、1.3tは今のところ最大ではないでしょうかね。高知県内の消防でも注目度は高く、結構、仕様の問い合わせがあるそうです。

確か、石川県の金沢市消防局にもあったと思うのですが(そもそも去年発売で長野ポンプの地元だし)、中四国でも初の配備じゃないでしょうかね。…ついでに嶺北消防さんでは、長野ポンプも日野製トラックも初では??

クリックすると元のサイズで表示します
前回の目的でもあった、いすゞのタンク車(水1.5t)。吉谷のこの型はとても好きですね。現在は、前にあった油圧救助器具をこちらの車輌に載せて、高速道路対応にして、上のCD-1と第一出場を分けているそうです。

最後になりましたが、ご協力いただきました隊員の皆様には、誠に御礼申し上げます。


…おまけ

クリックすると元のサイズで表示します
話題の“全国消防カード”をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、カードに写っている四国の水がめ・早明浦(さめうら)ダム。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてダムから管轄の本山町をのぞむ。四方が山ですね。

2017/4/23

下松市消防庁舎一般開放デー  消防訓練・防災イベント

今日は、下松市の消防署で庁舎開放イベントがあったので見てきました。近年、ここらあたりでも新しい消防庁舎ができて、こういったイベントが増えてきて嬉しい限りです

クリックすると元のサイズで表示します
新・天王号と新・城山号

クリックすると元のサイズで表示します
とはいっても、基本はお子様優先のイベントなので写真はうまく撮れないので、おっさんとしては早々に撤収しますが。ちなみにこの写真はまだ移転前(H28.01)です。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、移転後(H28.05)。通りがかりですが、この日の夕方は車両が出て並んでたので撮っておきました。

さて、ということで今日は少ししか紹介はないですが。

クリックすると元のサイズで表示します
公開訓練で、ロープ登はんする救助隊員

他には、放水体験や消火器の体験など、また、自衛消防隊の消火競技大会も朝から行われていたようでした。


…ということで、注目の車輌!もちろんこちらが今日の目的

クリックすると元のサイズで表示します
下松市消防本部・CD-1ポンプ車“荒神号”(900L水槽)

900Lの水を載せたCD-1です。真ん中あたりの収納部分が少し特徴的ですね。下松署で一番新しいポンプ車(H27配備)。

クリックすると元のサイズで表示します
下松市消防本部・大型化学高所放水車“天王号”(22m・1000L薬液槽)

こちらが更新された新しい“天王号”です。大型化学にすることで2点セットになり、化学車の“鷲頭号”がいなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
下松市消防本部・泡原液搬送車“城山号”(4000L薬液槽)

相棒の“城山号”です。ナンバーでもわかるとおり、連番で同じモリタ製。連動型の化学2点セットですね。前任の車両は、タンクローリーを赤塗りにしたやつだったので、専用車は実は初配備?

あとは、ノーマークでしたが、動力ポンプ付き水槽車(5000L)が今年に配備されたようです。なので、水を運ぶタンク系がすごく充実してます。

というような感じで撤収。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ