2013/4/19 | 投稿者: konkichi

投資信託は個人が運用するのではなく、プロに運用をまかせているため、リスクは少ないですが、手数料がかかります。投資信託を購入する時にはその手数料がどのくらいになるかをうまく比較して、もっともお得な購入方法購入先を見つけることが、非常に重要です。
投資信託は個人が運用するのではなく、大勢の人の資金を運用することにより、リスクを少なくしているという特徴があります。しかし、大勢の人の資金を運用するということは、その運用を実際に行う人、会社が必要となります。その分に手数料がかかってしまいます。投資信託の手数料を比較して、手数料をうまく節約することが必要となります。投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託を購入するときの手数料は、販売手数料、購入時手数料、募集手数料、買付手数料、申込手数料などがあります。比較していくとわかるのですが、中には、「ノーロードファンド」と呼ばれる販売手数料がかからない投資信託もあります。投資信託の手数料の節約には、とても有効な投資信託です。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託の購入するときの手数料は、同じ投資信託であっても、購入先でことなってきます。投資信託は、まったく同じものであってもc取り扱っており、購入することができます。同じ投資信託が郵便局や銀行、各証券会社で取り扱われています。このときの手数料は、異なります。投資信託が同じなのでリスクは同じ。購入するときの手数料をうまく比較して、一番安いところから購入する必要があります。目安は、解約時の時価の0.3%-0.5%程度ですが、「信託財産保留金」がかからない投資信託もあります。これは、解約するかしないか購入時には不明ですが、しっかり比較して、確認しておく必要があります。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。そして、投資信託を購入するときは、これらの手数料をしっかり比較して、購入する必要があります。購入する購入先やファンドにより、販売手数料がただであったり、安いところがあったり。また、運用実績を重視する場合には、プロに運用してもらっていることから、保有している間の手数料が高いものもあります。手数料を比較して、もっとも安いものを選ぶ必要もありますが、運用実績などを考慮すると、かえって、安い手数料かもしれません。3つの手数料のバランスを比較して、もっとも有利な投資信託を購入する必要があります。
ちょっとびっくりだよね。
0

2013/4/19 | 投稿者: konkichi

この前知り合いから聞いたんですが、
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、主に世界の高配当利回り公益株を投資対象としたファンド・オブ・ファンズ(FOF)形式の投資信託(ファンド)です。毎月の安定的な分配と長期的な元本の成長を目指して運用されています。投資先は、国・地域、通貨、業種・銘柄が幅広く分散されており、原則として為替ヘッジはありません。
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、分散投資効果の高いファンド・オブ・ファンズ(FOF)形式により世界の高配当利回り公益株に投資する投資信託(ファンド)です。外貨建て資産については原則として為替ヘッジは行いません。現在人気の高い毎月分配型のファンドでもあります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、配当利回りの高い世界の公益株に投資します。2005年の設定にもかかわらずその成長性と毎月の分配金から大変な人気を誇るファンドに成長しています。主に欧米の公益株で運用され、外貨建て資産の為替ヘッジは原則として行いません。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドに組み入れられている公益株とは、電力、ガス、水道など社会生活に不可欠な公共サービスを提供する公益企業の株式のことを指します。公益株は一般的に、他の株式に比べて好景気時には株価が上がりにくいかわりに不景気時にも株価が下がりにくいという特徴をもちます。
公益株とは、電気、水道、ガスなどの公共サービスを提供する企業の株式のことを指します。公益企業は我々の社会生活に不可欠なサービスを提供しているために倒産の危険性が少なく、公益株の株価は比較的安定しているという特徴を持っています。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、これら公共性の高い企業の株式に投資しています。
ってそんな事の知ってましたか?
クレジットカードの旅行保険比較
0




AutoPage最新お知らせ