シュトレンとは  

シュトレン(独: Stollen)は、ドイツの菓子パン。
シュトーレンとも表記される(ドイツ語の発音規則としては正しくないとされる)。

生地にはドライフルーツやナッツが練りこまれており、
表面には砂糖がまぶされている。

ドイツでは、クリスマスを待つアドベントの間、
少しずつスライスして食べる習慣がある。

ルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていく為、
今日よりも明日、明日よりも明後日、とクリスマス当日が段々待ち遠しくなる。

発祥はザクセン州のドレスデンで、
その歴史は14世紀にさかのぼる。

ドレスデンでは、12月の第1土曜日に
巨大なシュトレンがパレードする祭りが行われる。

日本ではじめて製造・販売したのは
福岡の千鳥饅頭総本舗だと言われている。



スポンジケーキ

0




AutoPage最新お知らせ