2013/3/7

信用金庫や信用組合  

こんな記事もありましたよ〜
国民生活金融公庫の教育ローンについてのご紹介です。中小企業などに小口の事業資金を貸し出しを主とする政府出資の金融機関である国民生活金融公庫は、教育資金を必要とする方向けに教育資金の貸付を行なっています。お使いみち は 学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)、受験費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など) 住宅費用(アパート・マンションの敷金・家賃など) 、教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料などです。返済期間は10年以内(交通遺児家庭または母子家庭の方は、1年の延長が可能です。)返済方法は毎月払い、ボーナス併用が利用可能です。融資の対象となる学校は、大学、大学院、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校、予備校などです。そして、教育ローンには3種類あります。教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付です。
国民生活金融公庫の教育ローンについてご説明します。中小企業向けに小口の事業資金を貸し出しを主業務とする政府から出資されている金融機関の国民生活金融公庫は、子供の教育資金を必要とする方向けに教育ローンの貸付を行なっています。このローンは用途が決まっており 学校納二つ目の郵貯貸付は、教育積立郵便貯金の預金をされている方を対象にしています。融資額は、学生1人につき200万円までです。現在積み立てしている教育積立郵便貯金が融資限度額となります。申し込み先は、全国の郵便局(簡易郵便局を除く)となります。
郵貯積み立てが必要なものがあります。郵貯貸付です。教育積立郵便貯金の預金をされている方が対象です。借り入れ額は、学生1人につき200万円までです。現在積み立てしている教育積立郵便貯金が融資限度額となります。申し込み先は、全国の郵便局(簡易郵便局を除く)です。教育一般貸付とは、対象となる学校に入学・在学される子供の保護者で、世帯の年間収入が給与所得者については990万円以内、事業所得者については770万円以内の方向けです。融資金額は、学生1人につき200万円以内です。取扱窓口は国民生活金融公庫の各支店、最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協でも取り扱いされています。教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人(1名以上)が必要となります。
教育一般貸付は、対象となる学校に入学・在学中の子供の保護者で、世帯の年間収入が会社員(派遣・アルバイト含む)の場合は990万円以内、自営業など事業所得者については770万円以内の方向けです。融資金額は、生徒1人につき200万円以内です。取扱窓口は国民生活金融公庫の各支店、最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協において取り扱われています。教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人(1名以上)が必要となります便利になってるもんですね〜
0

2013/3/7

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ