2015/4/11

過払い金請求とは何でどのような手続きをすればいいのか  

過払い金請求という言葉を、一度は目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。これの発端となったのは、消費者金融での金利がです。元々消費者金融では、法定金利は20パーセントと定められていたのですが、それ以上の金利を付けても、29.2パーセントまでであれば罰則規定が設けられていませんでした。これをグレーゾーン金利といいます。その結果、20パーセント以上の金利を付けて融資を行う消費者金融も少なくありませんでした。
しかし、これに対して利用者の間から不満の声が上がるようになりました。特に、2006年の最高裁判決で、この金利が問題視されたことから、かつての利用者から、払い過ぎた分の金利を取り戻そうという動きが出始めました。これが過払い金請求です。この波及効果は大きく、法律事務所や司法書士事務所の中には、過払い金請求を看板とする事務所も現れるようになりました。またそれと同時に、消費者金融の関連法である貸金業法を見直す動きも出て、2010年には改正貸金業法が施行され、これによって、20パーセント以上の金利で貸し付けを行った業者は処罰されることになりました。
今でも過払い金請求は可能です。最終取引から10年以内であれば、その時お金を借りた金融機関に対して、請求を行えるからです。自分で計算することもできますが、法律事務所や司法書士事務所に頼むこともできます。また、法曹関係者にまかせた方が、金融業者との交渉がスムーズに行くことが多いので、出来れば依頼するのがお勧めです。依頼する場合には、契約書や取引履歴といった、その当時の借り入れに関する書類を持参して、必ず予約を入れ、時間通りに足を運ぶようにしてください。過払い金請求の費用に関しては、事務所により様々です。着手金を無料にしてくれる事務所もあります。また、報酬は取り戻した金額の約20パーセントが相場になりますが、それをもう少し割安でやってくれる事務所もあります。ネットで検索してみるか、あるいは法テラスで相談して、自分に合った弁護士や司法書士を紹介してもらうのもいいでしょう。
また、債務整理を行っていて過払いが発覚することもあります。特に任意整理の場合は、借入当時の債務を今の金利で計算し直すため、その時点でわかることが多く、金額によっては任意整理を行わなくてもいい場合もあります。またこの場合、過払いがあるかどうかの調査のみであれば、ブラックリストに載ることはありません。

過払い金請求の評判へ
0

2015/2/23

過払い金請求は専門家に相談するとよいです  

過払い金請求を行う時には、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼することで解決することができます。
過払い金請求に特化した弁護士や司法書士を探す際には、インターネットを活用すると参考にできます。インターネットには法律に関する口コミサイトや比較サイトがあり、多くの弁護士や司法書士が紹介されています。さらに過払い金請求に関しての基本情報から活用方法、注意事項などのハウツー情報があり、実際に依頼して過払い金請求した方の体験談も掲載されているので参考にすることができます。また、弁護士や司法書士などが所属しているホームページでも確認できます。依頼から手続きの完了までの一連の流れから費用に関する説明があるので役に立ちます。
そして、過払い金請求に関して自治体などでも無料の相談会が開催されており、直接、弁護士や司法書士に相談でき、わからないことや不安なことも聞くことができるので、活用すると参考にできます。

過払い金請求のランキングはこちらへ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ