2013/2/28

山中教授と税理士事務所  

先日iPS細胞に関する研究に対してノーベル賞を受賞して大きな話題となった京都大学の山中教授に新たな賞が贈られることになりました。与えられる金額がノーベル賞のものをはるかに超えるものであることも話題になっています。

この賞は新たに創設されたもので、米国のIT関連の先進企業の創業者や幹部達が設けたものだということです。主に生命科学の分野で多大な貢献をしたと認められる研究者に対して授与することを目的にしています。

創設されて初めての授与となる今年は山中教授を含めて11人を選んでいます。対象者は国籍を問わないとしていて、現段階の計画では今後5年間に渡って毎年表彰するとされています。

その金額の大きさにも驚きますが、こうした賞が完全に民間の個人資金から出てくるところに米国の文化を感じます。iPS細胞の応用研究についても先進国とされる米国ですが、研究費の多くは民間の寄付などを基にしています。

こうした文化が育つ土壌にはいろいろなものが考えられます。税制的に大きな優遇制度があるということも一因として挙げられるでしょうが、基本的に自助努力という考え方がしっかりと文化として根付いているのだと思います。

成功者がある分野や縁のある地域に得たものを還元しようとする行いは昔から美徳として讃えられています。日本でも決して珍しくはない事例もあるのですが、寄付や基金という考え方が一般化しているとは言い難いです。

このことはお金というものに対する考え方の違いにも感じます。富を成功の証として讃える一方、お金を稼ぐことが厭らしいとする風潮が根強いのも日本の特徴の様に感じます。そのような風土で個人財産の還元の仕方は難しい面があるでしょう。

個人資産の潜在的な額は世界有数と言われる日本です。こうした資金を上手に活用すればまだまだ世界の最先端を行く技術を生み出せるかも知れません。

東京都新宿区の会計事務所で働くスタッフのブログ
0

2013/2/16

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ