2016/12/6

お知らせ  

   


  師走に入り2016年も余すところ1か月になりました。

  この1年、無事に過ごせた方は、そのことに感謝しつつ、

  次の年に向けて自分自身の心身を再点検しましょう。

  現在、災いを抱えている方は、なお一層、氣を出す努力

  をしてください。うしろ向きになって良いことは一つも

  有りません。先ずは一人で抱え込んでしまわないで、その

  道の専門家に相談してください。そして時間を作って合氣道

  の稽古にも参加してみてください。前向きに生きる元氣を

  得られることは確実です。氣の呼吸法で体中のマイナス要素

  を吐き出して新鮮な酸素を取り入れてください。親の介護や

  病人の世話など氣の滅入る状況にある人は尚更です。先ずは

  自分自身の心身を整えることが大切です。


  年内は12月22日(木)まで稽古いたします。新年は1月

  7日(土)からです。1月9日(月・祝)には午前11時より琴心

  館道場にて鏡開き式を開催いたします。
1

2016/11/7

ロシア・モスクワセミナー  

  


  10月27日から11月1日までロシア・モスクワで合氣道のセミナーを

  開催いたしました。10月末のモスクワでの開催は初めてで、シェレメーチェボ

  空港に降り立った瞬間、日本との気温差は明らかでした。現地の人に聞いてみると

  セッシ0度とのこと。小雪が舞っており、日本からセーター1着持参したのは幸い

  でした。空港にはパーシャ・ニゲイ先生が出迎えてくれました。空港からは今回

  初めて列車と地下鉄でホテルに向かいました。モスクワの地下鉄は市内縦横に張り

  めぐらされており、長いエスカレーターで地下深くまで下がり、日本で使われてい

  るものより少し古めの車両に乗り込みました。丁度、職場からの帰宅時間と重なり

  大変混雑していました。帰宅を急ぐロシアの人たちの表情は日本人と同じだなと

  思いました。

  ユーリー・ステパーノフ先生は現在、ロシア外務省大阪総領事館勤務のためモスクワ

  での指導の中心はマジノフ・アンデレイ先生とパーシャ・ニゲイ先生が担っています。

  ともに50歳代のハバロフスク時代からの20年来の盟友です。

  今回のセミナーでは5級から1級の技の確認をいたしました。土曜日日曜日を挟んだ

  1日5時間以上の稽古で、皆さん、さぞかし大変だったと思います。

  クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2016/11/7

ロシア・モスクワセミナー  

  


  10月27日から11月1日までロシア・モスクワで合氣道のセミナーを

  開催いたしました。10月末のモスクワでの開催は初めてで、シェレメーチェボ

  空港に降り立った瞬間、日本との気温差は明らかでした。現地の人に聞いてみると

  セッシ0度とのこと。小雪が舞っており、日本からセーター1着持参したのは幸い

  でした。空港にはパーシャ・ニゲイ先生が出迎えてくれました。空港からは今回

  初めて列車と地下鉄でホテルに向かいました。モスクワの地下鉄は市内縦横に張り

  めぐらされており、長いエスカレーターで地下深くまで下がり、日本で使われてい

  るものより少し古めの車両に乗り込みました。丁度、職場からの帰宅時間と重なり

  大変混雑していました。帰宅を急ぐロシアの人たちの表情は日本人と同じだなと

  思いました。

  ユーリー・ステパーノフ先生は現在、ロシア外務省大阪総領事館勤務のためモスクワ

  での指導の中心はマジノフ・アンデレイ先生とパーシャ・ニゲイ先生が担っています。

  ともに50歳代のハバロフスク時代からの20年来の盟友です。

  今回のセミナーでは5級から1級の技の確認をいたしました。土曜日日曜日を挟んだ

  1日5時間以上の稽古で、皆さん、さぞかし大変だったと思います。

  クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2016/9/29

北方領土問題 私見  

  

  1997年にロシアで合氣道の指導を始めて20年近くになります。そのせいか

  ロシア関連のニュースがあると、つい眼が言ってしまいます。

  今年の12月15日にロシアのプーチン大統領が来日し、安倍首相の地元、山口県

  で会談が行われることが決まったそうです。長年の懸案である北方領土問題を解決

  し平和条約を締結する可能性が高まってきた観がします。

  この問題の原点は、第2次世界大戦末期、米、英、ソの戦勝国同士が戦後の分け前?

  を話し合ったヤルタ協定にあります。2か月後に死ぬ運命にあるアメリカ大統領の

  ルーズベルトが自国の若者の犠牲を少なくするために、ソビエトのスターリンに向か

  って日本を背後から襲ってとどめをさしてくれ、その代わりに千島列島を全部くれて

  やると密約したことにあります。。もっとも千島列島はどこからどこまでという地理

  的規定は話し合われず、日本が4つの島は昔から固有の領土だ、といってその場にい

  ないのですから情け容赦があろうはずがありません。

  戦後71年間 日本は4島は日本固有の領土で千島列島には含まれないと主張し、ロシア

  は第2次世界大戦の結果だと、議論は平行線のままでした。

  ロシアはナチス ドイツとの戦争で国内が戦場となり2000万人以上というとてつもな

  い人命が犠牲になっています。戦後71年が過ぎたとはいえ、そう簡単には清算できない

  ものがあります。

  ところで、領土問題ですが、歯舞、色丹だけの返還では日本に不満感が残ります。国後、

  択捉も含めた返還をロシアが簡単に認めるとは思はれません。ともに、自国内で支持率の

  高いプーチン大統領と安倍首相がこの時期に領土問題解決の道筋を見いだせないなら、今後

  何年かかるかわかりません。安倍首相は今までとは違ったアプローチするといっています。

  良い結果を期待したいものです。
1

2016/9/15

お知らせ  

  


  9月も半ばになり、だいぶ過ごしやすくなってきました。合氣道琴心館で

  昇段を目指している方はこれからが本番です。充分に稽古を積み、基準に

  達するように努力してください。心身統一体も重要ですが、技が出てこな

  かったり、受け身をとって息切れをしているようでは合格は見込めません。

  稽古量と上達度は正比例いたします。来年の鏡開き式には各段の免状を受け

  取れるよう、皆さんの努力を期待いたします。




  9月18日(日) 県立文化体育館は研修室A。

  9月25日(日) 県立文化体育館は多目的室。

  10月14日(金)王子スポーツセンターは会議室。

  10月27日(木)から11月2日(水)まで 館長 海外指導のため自主

  稽古です。尚、10月30日(日)の県立文化体育館は全館使用不可のため

  稽古はできません。

  11月11日(金) 王子スポーツセンターは会議室。

  11月13日(日) 県立文化体育館は会議室A。

  11月20日(日) 県立文化体育館は研修室A。

  11月27日(日) 県立文化体育館は剣道場。


               以上
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ