固定記事です。
 普通のやつは1つ下からです。


なにかに縛られて生きている、
それって本当の自分なのかな?

僕も、ずっと縛られて生きてきていたんだ。
でも、縛られていることにすら気づかなかったんだ。

今になって、僕はこう言い切れる。
何にも縛られずに生きることこそ本当の俺だって。

たしかに、それって
すんげぇ怖いことなんだよ。
でも、怖いけど、リスキーだけど、
だから楽しいんじゃない?

本当、スーツ着てペコペコして生きてる人たちみてると
すごいかわいそうに思えてくるんですよね(笑)
いやいや、もっと自分を解放してあげろよ!ってね。
フリーユアーセルフ!!ってね。

みんな、人生は一度きりなんだよ。
もっと自由に生きなよ。

by 自由人 うんち

クリックすると元のサイズで表示します

(写真はイメージです)

経歴
 本名、鳩山由紀夫。1992年、馬小屋で生まれる。生後3か月で「馬から鯵になった忍者とかけまして、うま辛味のオニオンスライス入りのサンドイッチとときます、そのこころどちらも、うまからあじ」となぞかけを披露したことがきかっけで、種馬となり、多くの馬のパパになる。その後、聖徳太子に憧れて仏門を叩き、「絶倫和尚」シリーズ「現役僧侶」シリーズなどのAVにVFXアドヴァイザーとして参加。現在は、ノマドワーカー、自由人(あそびびと)、フリーメーソンリーとして世界中を股にかけて写経や断食を行いながら、日本僧侶系成人映画俳優協会理事、玉ちゃんを見守る会名誉会員、SASUKEオールスターズなどを務めており、その実績からビルダーバーグ会議などに参加、個人として国連の常任理事国入りを模索している。


通常の記事は一つ↓からです
2

2017/1/15


1月10日(火)
3学期が始まっちゃう。
といっても、別に始業式だけなので、授業はなし。
午後には会議と1月の推薦入試関連の仕事。
あとはひたすら授業準備。
でも、わりと早めに帰れたので、
帰宅後、9時までカフェで読書。
『明治精神史』の続き。
でも、かなり睡魔との闘い。
夕飯はトマトと舞茸と
アスパラとニンニクとほうれん草のスパゲティ。

1月11日(水)
今日から早速6時間の時間割。
久しぶりの授業。
授業するために教員になったとはいえ、
授業がない日々のほうが嬉しいわけで、
カフェで本を読んでいるだけでお給料もらえないかなぁ、、と
「鼻水が石油にかわらないかなぁ」とかと同じレベルの
荒唐無稽なことを考えてしまう。
水曜日は部活がないので5時に帰りたい、
と思いつつ、いつも帰れないのですが、
結局、今日も7時半くらいに退勤。
帰ってからランニングして夕飯。
長イモと生卵とネギのぶっかけご飯。
気分だけ夏っぽい。


1月12日(木)
3年生は2クラス持っているのですが、
そのうち1クラスが今日で最後の授業。
来週あと1時間やって卒業考査なのですが、
最後の1時間は自習という紳士協定がある(?)ので、
無理やり2時間で100年戦争の話を終わらせる。
受験校なら1時間というか20分くらいで終わらせるのかもしれないけど、、
あとは事務的な仕事やらなんやらをやって、
8時過ぎくらいに退勤。
夕飯はラーメン屋さん。
体に悪いことはわかりつつ食べてしまう。


1月13日(金)
3年生のもう一つのクラスも終わり。
来週の月曜日に選択授業が終われば
授業準備は2年生の日本史だけになるので
週3時間だけ(クラスは3つあるけど)。
だいぶ楽になる。
まぁ、世界史の教員になりたかったので、
日本史の授業だけっていうのも、アレなんですけど。
というか、3学期は入試関連の仕事で
授業が云々っていう感じでもない―
とか言っちゃうのは教師としてアレだけど。
というか、授業が終わったところで
今から卒業考査やって成績つけたりで
むしろ、これから神経つかうんだけど。
7時半ごろに退勤。
夕飯は長イモとカイワレダイコンと生姜のぶっかけご飯。
カイワレダイコンの味が強すぎるけど、
なんとなくヘルシーな気がする。


1月14日(土)
部活のため午前出勤。
市内の学校のテニスコートが改修中なので
3学期中の土曜日はその学校と合同練習。
ゆるすぎる本校のテニス部は
開始時間に来ている男子部員が3人だけという恐ろしさ。
一応、僕が入って4人でアップ。
徐々に集まってきた部員に
さすがに恥ずかしい的な指導。
仕事柄、色んな所で
いろんな注意とか指導をしなきゃいけないんだけど、
未だに、こんなことしたくてこの仕事を選んだわけでは…
という甘えきった言葉が頭を巡る。
午後は、5時という謎に早い時間帯から飲み会の約束のため、
あんまり本を読む時間もない。
とりあえずすぐ読めると思って
ちくま新書から出た『デヴィッドボウイ』をカフェで読む。
下手したら英語版wikipediaの情報のほうが濃密なんじゃないかとか
思いつつ、まぁ、ボウイが好きなので、読んでいて苦じゃない。
で、5時から飲み会。
といっても、僕はあんまり飲む気なかったので、
チューハイ2杯と梅酒1杯だけしか飲まなくて、専ら食べる。
調子にのって注文しすぎた感があったのですが、
案の定、3人で1万6000円。
資本主義のバカヤロー!!
そのあと、シメでラーメンに行って
なんとなく鳥白湯のコッテリを頼んでしまったので、
全く食えず、食べてもらう。
スタートがはやかったので、
帰ってきたのも10時くらい。
多分、11時過ぎくらいには就寝。
しかし、寒すぎて何度か起きる。
住まいが寒い。


1月15日(日)
寒い寒いと独り言をこぼしつつ、
11時半くらいまで布団の中。
そして、特に予定はないけど、都心を目指す。
で、新宿のシネマカリテで「ヒッチコック/トリュフォー」という
映画をみることに。
とりあえず1時くらいにチケットを買いに行って、
座席が指定できたんだけど、ほぼ空席。
そのあと、サンマルクに行って、ひたすら授業準備。
8時半から映画。
で、終わって、夕飯に駅のそばを食べて、
11時過ぎに帰宅。
帰ってから、明日の授業のファイルを作って
学校のパソコンから引き出せるクラウドに送信。
そして、なんだかんだでブログを書いてしまっている。
はやく寝ればいいのに。。

0

2017/1/9


1月7日
12時くらいまで睡眠。
今日の部活の試合の引率(というか観戦)はお休みしちゃったので、
明後日は月曜日だけど冬休みの宿題をしなさいということで
もともと部活はお休みで、しかも祝日で出勤もないので、
土日月と3連休。
実家に帰っている間はなんだかんだでバタバタしたので、
何の予定もない3連休は冬休み入って初めて。
といっても、もう冬休み終わるんだけど。
そもそも、普通の社会人ならとっくに終わっているのですが。
昼ご飯は家の近くのスープカレーやさん。
そのあと、家の近くの図書館で読書。
『評伝 三宅雪嶺の思想像』とかいう本。
帰省したときに京都のジュンク堂でみつけて、
ハードカバーで3000円くらいしたのですが、
正月気分で浮かれていたので、つい買ってしまいました。
3000円の価値があったのかといわれると
まぁまぁだと言わざるをえないのが大いに不本意なのですが、
でも、いわいる国粋主義とか日本主義(高山樗牛とか)とか
そういう思想の人に関する本ってあんまりないので、
多少、つまらなくても、仕方がないというか。
図書館は7時でしまるので、
6時くらいに出て、ランニングして、シャワー浴びて、
7時過ぎから駅前のカフェに移動して読書。
実家から届いた荷物の中に
高いから自分では買わない青の洞窟のスパゲッティーソースがあったので、
夕飯はスパゲッティ。
食ってすぐに寝ようとしたのですが、
ユーチューブみじめて気づいたら2時ごろ。


1月8日
11時くらいに起床。
今日は夜からご飯に行く約束だったので、
昼ごはんはいらないかなぁとか思って
図書館にむかったのですが、
図書館の隣のカレー屋さんに入ったことがなかったので、
まぁいいや、っていう感じで入ってみる。
オシャレな感じの店なのですが、
店にいるのは、ネパールカインドか、
とりあえず釈尊系の人。
別に「オシャレなのですが」とか逆接を使う必要ないんだけど。
個人的には、前に住んでいた国分寺にあった「ほんやら洞」みたいな
感じかなぁと予想していたのですが、
出てきたカレーも、ガンジーが食ってた系のガチのカレーで、
ちょっと期待はずれ。でも、すごくおいしかった。
そのあと、図書館の自習室に入ったら、
授業は持ってないけど顔だけはみたことある生徒がいて
ちょっと場所を変えようかなぁと思ったのですが、
めんどっちいので、
気付かれないように、気付いていないように座りました。
偏差値45くらいの学校なので
普段、テスト前ですら図書館の自習室で
生徒にあったことなかったのですが、
まぁ、勉強している生徒に対して不愉快に思うわけにもいかないので、
なんだか複雑な気分。
追い詰められて冬休みの宿題やってるだけなんだろうけど。
読んだ本は『人ありて 頭山満と玄洋社』。
エピソード豊富で、めちゃくちゃ読みやすい。
玄洋社って英語だとDark Ocean Societyらしい。カッコいい。。。
この本、読み終わらせたいなぁとか思っていたら、
ラインがきて、体調が悪いということで、ご飯はなしに。
願ったり叶ったりだぜ!!なんて返事はできないので、
一応、いたわる。
とりあえず7時で図書館が閉まるので、
場所を移動。
駅前のカフェだと9時にしまっちゃうので、
隣駅の10時に閉まるスタバにいくことに。
その途中でうどんを食べる。
390円のカレーうどん。インド人もビックリのカレーつづき。
スタバで読み終えて、帰宅。
明日で休みもおわり・・・


1月9日 
はやく起きようと思ってたですが、
結局、11時くらいに起床。
今日は買い物。
まず必要だったのは、
名称がよくわからないのですが、
モコモコした裏地のウインドブレーカーの下。
衣類は近くで買うと生徒に会う確率が高いので、
とりあえず、わざわざ中央線に乗って
国分寺で降りて、新しくなった駅ビルで購入。
そのとき、なんとなしにGAPにも入ったら、
たまたまカーディガンが安売りしていて
(なんでも安売りしているけど)、
カーディガンが1つ破れていたことを思い出し、購入。
そのついでに紀伊国屋で本を買う。
で、ご飯を食べようかなぁと思ったのですが、
中途半端な時間だったので、
とりあえずモスバーガーで単品でモスバーガー的なやつを買う。
食べにくい。
で、東京駅に行く。
目的は、八重洲口の京都館。
帰省したときに帰りの朝が早すぎて
新幹線のお土産屋さんがあいてなくて、
お土産を買い忘れたので、東京で土産を買うという。
昔、アメ横とか巣鴨とかで滋賀の物産の専門店みたいなのが
あったのですが、
まぁ滋賀のお土産よりかは京都のお土産のほうが
もらうほうもわたすほうも気分が良いだろうという
謎のコンプレックスで、結局、ベタに八ツ橋を買う。
そのあと、駅地下のカフェで読書。
色川大吉の『明治精神史』の下巻。
結局、半分くらい読んで、帰る。
上巻は北村透谷を中心とした
自由民権運動に青春を賭けた人たちが描かれていて
めちゃくちゃ面白かったのですが
(てか、今、住んでいるところが舞台だったのが
 面白かった一番の理由ですが)、
下巻は、かたい。
で、最寄りの駅まで帰ってきたとき、
スーツを全てクリーニングに出していて、
明日のスーツがないことに気付く。
さすがにまだ2年目で平日にジャージで出勤は
ちょっといかつすぎるので、結構、あせる。
奇跡的にお昼にカーディガンは買っていたので、
上はどうにかなる。
こんな奇跡的なことがあるとは、
神様のおかげかなぁとか思ったのですが、
どうせならクリーニング取りにいくことを
神様には思い出させてほしかったわけで、
なんとなく、森羅万象にむかつく。
で、修繕に出そうとしていた
股がほんの少し破れていたスラックスが
しかも2本あったことを思い出したのですが、
その2本とも年末に
「もういいや」という悟りを開いて、
「うぉぉぉぉ wow wow wow!!」という雄叫びと共に
ビリッビリに破いていてゴミ袋に入れていたことを思い出し、
絶望。
仕方ないので、同期の人にラインして、
スラックスを明日、借りることに。
その同期の人とは明日会うのが今年はじめてなんだけど、
明けましておめでとうございますと
ありがとうございますの2コンボになると考えると、
なんかしゃく。
いや、全然、しゃくじゃなくて、ありがたい話なんだけど。
夕飯はダイエーで買ったサラダとポテトチップス。
0

2017/1/6


年末からの日記

12月27日
年内の仕事納めの予定日。
夜は同期と後輩(って偉そうな書き方ですが…)と飲みに行く予定。
で、朝、部活に顔を出していて職員室に不在のときに
僕宛に電話がかかってきて、
内容は、成績についておききしたいことがあるんですけど〜的な。
翌日にまた電話をかけなおすとかいって切っちゃったとのこと。
というわけで、翌日の朝も出勤する羽目に。
すでに休日出勤の振り替えで休みをとっていたので、
無給で出勤する形。
夜の飲みで1年が終わるつもりだったのに、、
飲み会での話の内容は
アングロサクソンの陰毛はブロンドなのかとか
そんな感じの話ばっかりで、
高校時代に友達としていた会話と
何の進歩もない気がした。
大人になったっていう実感がわかないままの年末。

12月28日
もともと、ゆっくり起床して
余裕をもって、新幹線に乗って実家に帰るつもりだったのですが、
とりあえず、出勤。
お電話に応答して、
まぁ、とりあえず、20分くらいで終了。
そのあと、廃棄する椅子があるとかいうことで、
その廃棄する椅子の運び出しとかを手伝って、退勤。
なんだかんだあって2時くらいの新幹線に乗って
5時くらいには実家に到着。
ちょっとランニングしたんだけど、
家が山を切り開いた住宅地にあって、
ランニングコースもアップダウンが激しいのですが、
高校の頃は屁とも思わなかったのに、
今や、すぐに苦行で骨と皮だけになったブッダみたいに
憔悴してしまう。
嬉しいのか悲しいのか
よく生徒に「生徒みたい」と言われるので、
そのときは「もう24歳のジジイだよ!」とか言ったりするのだが、
冷静に考えて、まだ、そんなに肉体が衰える年齢ではない。
もっと運動しなきゃヤバいのかな。
まぁ、高校の頃の自分と比べても仕方ないのだけど。


12月29日
午前中は掃除の手伝い。
窓をふいたり、窓枠をふいたり、窓の周りの柵をふいたり、らじばんだり。
寒くて手がかじかんだり、らじばんだり。
午後は読書。『近代日本の右翼思想』という講談社選書メチエ。
クリスマスにあった子と
たまたま右翼の話になって(なんだそれ)、
この本を読んだとか言っていたので、読んでみることに。
将来的に授業で触れるような話はあんまりなさそうだったけど、
井上日召が「ニッショォォォォー」と叫んで悟りを開いたとか、
修行したら
動物とか植物としゃべれるようになったとか(地井武男みたいだな)、
そういう話は使えそう。
夜は、ランニングしてから、
わりと良いお肉を食べた。


12月30日
夜は高校時代の友達と会う約束。
ということで、午前中はまったりしちゃったのですが、
午後から行動。
京都駅のイオンモールの大垣書店に行って、
その後、イオンモールのカフェで読書しようかと思ったんですが、
アホみたいにごった返してて、
とりあえず、他にもいくつかカフェをのぞいてみたら、
八条口のやたらお店の多い並びの一角の店が開いていたので、
そこで読書。
『英仏百年戦争』っていう集英社新書の本。
赴任先の学校では、世界史の授業は3年でやっているんだけど、
3年は1月に入ってすぐに卒業考査なので、
授業は2回(本当は3回あるけど最後の1回は自習にするという
なぞの紳士協定があるので)しかないので、
とりあえず百年戦争だけやって終わりにしようと思って、準備。
で、6時半に地元の駅で友達と合流。
店は決まっていないということで探す。
友達のうちの一人がお酒が飲めないと言って、
理由をきいたら「痔ろうになったから」ということで、
とりあえずチェーン店の「ももじろう」に行くことに。
その「ももじろう」の店の皿に
もれなく桃のイラストがあったので、
その桃をつかって痔ろうの解説をしてもらう。
安い店だったので、その分、
客層もなんだか趣味の悪い感じだなぁと思ったのだが、
食事しながら痔ろうの話をしている時点で
我々も同じ穴のムジナでしたな、穴痔だけに。
その痔ろうの子は地元の中学で教員をやっているのですが、
痔ろうになった原因は「普通にストレスや!」と
すごい爽やかに言っていた。
「普通にストレス」ってすごいフレーズだなぁと思った。
とりあえず高校の教員でよかった。


12月31日
大みそか。
とりあえず、なんか外に行きたくなったので、
京都駅のビックカメラの上にあるカフェで読書。
適度にガヤガヤしているので
隣におしゃべりな方がこない限り
だいぶ集中できる環境なのでお気に入り。
お店側からしたらだいぶ邪魔な客でしょうけど。。
で、夜は年越しそば。
今年、父方の祖母が亡くなったんだけど、
去年までは毎年、お正月に祖母の家に集まっていたので、
祖母の家が横浜なので、
大学入って東京に引っ越してからは
わざわざ年末に実家に帰ったことがなかったので(たぶん)、
実家で年を越したのはかなり久しぶり。
といっても、特に感慨はないのだけど。
でも、実家で暮らしていた高校の頃は、
まだなんとなく年末ってウキウキしたのですが、
今や、本当になんもなく、ツルーッと
そばを吸い込むごとき通り過ぎていく。
紅白の勝敗を気にしている人っているんかなぁとか
話しながら紅白をみていたら、
なんだかトリッキーな形で紅組が勝ったので、
思わず、勝敗に文句を言いたくなってしまったけど、
改めて考えたら、心底どうでもいい。
とりあえず、来年は良い1年になりますように、
という感じでした。


1月1日
一応、祖母が亡くなって喪中ということで、
初詣は見送ることに。
一応、祖母のいた地域ではそういう風習らしい。
お寺なら別に問題ないらしいとかなんとか言ってたけど、
とりあえず、神社仏閣にはどこにも行かず、
母方の祖母の家に挨拶。
いとこの家も結婚している子1人を除いて
みんな集まっていて、
子供の頃ならうれしかっただろうけど、
この年齢になると、なんか、タイミングを誤った感。
いとこの家族が消えてから、
祖母にお土産を渡す。
あんまり食べ物もらってもうれしくないだろうなぁと思っていて、
最近は、祖母が中原淳一が好きなので、
それ関連の諸々をあげていたんだけど、
毎回それでもなぁ、っていうのと、
それ以前にお土産を準備する時間がなかったので、
結局、お菓子を買って、渡す。
あわよくば一緒に食べようと思ったのだけど、
渡したらそのまま棚にしまっちゃう。
で、とりあえずベタにマッサージ。
いつも腰骨のあたりをマッサージしてくれというので
そこを揉むのだが、
常人だったら、こそばくて仕方ない気がするんだけど、
やっぱり戦争と戦後のドタバタを乗り越えた世代は
常人の感覚ではないんだろうか。
夕飯は、祖母の家での昼が多かったので、お茶漬け。
そして、なんとなく風邪をひいたので
ランニングをやめる。


1月2日
4日から仕事なので、
3日の新幹線で帰る予定だったのですが、
切符を買ってなかったので、
前日になってJRで指定席を買おうとしたら、
指定席の残っているのが朝の6時ののみという。。
基本的にリニア反対派なんだけど(反対したところで意味ないけど)、
こういうときはリニアがあればなぁって思ったり。
仕方ないので6時のを購入。
で、四条のジュンク堂に行って、
その近くのサンマルクで読書。
『丸山真男の敗北』っていう本。
丸山真男の生涯って特に知らなかったので、面白かったです。
誰が書いてもそれなりに面白くなるんだろうなぁ、
っていう感じにドラマチックな生涯。
振り返ってみると、結局、京都ばっかり行ってて
全く滋賀県にお金を落としてない・・・
大津駅の前とか、すごいオシャレになったんですけどね。
スターバックスが入ったり。
でも、僕の予想だと、あと数年後にはフレンドマートが入って、
それが崩壊のプレリュードとなり、
気付けばスタバが撤退して、
そこにキャンドゥかダイソーが入って―、
なんて勝手な妄想をしてしまう。
夜はすき焼き。
母が生卵がキライなので
家ですき焼きを食べた記憶っていうのが
ほとんどないのですが、
まぁ、そもそも関西だとそんなにすき焼きって食べないのかも。
別にそんなことないのかも。
とりえあえずおいしかった。


1月3日
6時の新幹線で帰る。
家に戻ったのは9時頃。
とりあえず寝る。
体の調子は悪め。
でも、ずっと家にいても退屈だし、
てか、寒いので、外出。
前からOasisのドキュメンタリーが見たかったので、
新宿のバルト9に行く。
上映は7時過ぎからだったので、
近くのカフェで読書しようかと思ったんだけど、
どこも混みまくり。
というわけで、靖国通り沿いの
イタリアントマトカフェジュニアまで行く。
勝手に僕は穴場だと思っている。
清水新書の『陸奥宗光』を読む。
で、7時過ぎにバルト9。
やっぱりOasisって良いですね。
って言っても、まともにCD聴いたのは
初期の3枚だけなんだけど。。。
でも、この映画は初期の2枚(いわいる代表作)の
時期が取り扱われているので、
「Oasis、知っている!」っていう
僕程度の大したファンじゃない人間でも楽しめる映画でした。



1月4日
今年の初出勤。
午前中に部活があるだけだし、
特に指導とかするわけじゃないので、
まぁ、別に大した負担じゃないけど、
それでも、死ぬほど出勤するのが嫌でした。
別に普段は出勤が嫌とか思わなくて、
それこそ、呼吸するように職場に向かっているんだけど、
やっぱり、休み明けっていうのは、だるいですね。
これが40年続くのか…。
まぁ、続いてくれるなら別にいいんだけど。
年始だからバカみたいに休むのかなぁと思ったら
わりとみんな参加してました。
一応、もともと2学期の休日出勤の振り替えを出していたので、
部活のための出勤という形で
部活が終わったら即、帰る。
自宅の近くの図書館で昨日の読書の続き。
終わったら、近くのカフェで授業の準備。
とりあえず3学期は中学生の入試関連の仕事が忙しいので、
授業準備は3学期が開始するまでに
かなり終わらせておこうと思っているのですが、
どうもうまくいかない感じ。
夜は350円のうどん。


1月5日
部活のために出勤。
6日、7日と試合があるのですが、
その試合が終わったら受験勉強を頑張りたい、
とか言っている奇特な部員がいて、
背中を押してあげたい反面、
本当に頑張れるのか非常に不安。
全くもって進学校ではないので、
実績として一般受験で合格している大学と
その子の進学希望先は
マリアナ海溝とエベレストくらいの差があるので、
無理じゃね?とも言いたくなるのですが、
まぁ、その子は理系で、
4科目受験で社会科だけはピンポイントで関係ないので、
わりと無責任に応援してしまいました。
まぁ、希望先に受からなくても、
勉強して損はないだろうし。
部活が終わったら、立川のカフェで授業準備。
別に学校で準備してもいいんだけど、
とりあえず休日の振替をだしているので、
意地でも早く職場から抜け出したいという。。
で、8時以降に実家から荷物が届くということで
はやめに帰宅。
夕飯はダイエーで買ったヒジキのお惣菜と
高野豆腐のお惣菜とヨーグルト。


1月6日
出勤。
部活は試合なのですが、
テニスの試合は会場がバラバラなんだけど、
普段ならどこかに引率に行くのですが、
ちょっと仕事もあったので、
試合にはいかず学校に。
明日も試合なんだけど、
土曜日だし、行けるんだけど、
なんか行く気力がない。。
多分、行かないな、、
こんなの初めてなんだけど、
まぁ、いいや。
あとで生徒にどこ行ったんですかとかきかれたら
風邪ひいたとか言えばいいし。。
とか、生徒も自分も大して変わりませんな。
午前中はちょっと仕事して、
授業の準備して、
あまった時間は社会科室にこもって読書。
『明治精神の構造』という岩波現代文庫。
色々とコンパクトにまとまっていて、
すごくよかった。
午後は年休をとっていたので
武蔵境の武蔵野プレイスで読書のつづき。
あぁ、もうこんな本ばっかり読んでられる日も
あと3日でおわり。。。
1月10日からはまたあわただしい日々。
まぁ、痔ろうにならないだけ全然マシなんだけどね。。
家に帰ってきてランニングして
ご飯を食べたのが11時。
ご飯は豆腐とネギをレンジでチン。
もはや夕飯なのか餌なのかわからない。
そして、なんかわからないけどブログを書いてみて、
もう1時過ぎ。
確実に明日の試合は行かないな。
でわでわ





0

2016/12/18

ローグワンの批評〜ネタバレあり  平凡すぎてお尻の皮が破裂しちゃったよっていうブログ

お久しぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりゅりゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅり、ウンチです。


年の瀬ということで、
毎年恒例の
今年のベスト換気扇トップ3を発表しようと思ったのですが、
別に俺の換気扇の話なんて誰も興味ねぇか…と、
ちょっとセンチメンタルな気分になって
今、ものすごく憂鬱で自殺を考える5秒手前、
っていう感じなので、やめます。
でも、アンパンマンマーチをきいて、
なんか生きる喜びを思い出したので、
もう一度、俺、やれなおしてみるよ、って気分です。
そんなこんなで最近おしっこの色がバスケットボールみたいで
俺、そろそろでっかい病気で入院して
看護師さんとホスピタルロマンスきめてやろうかと
考えている今日この頃です。


そんなこんなで、
今日は日曜日でお休みだったので、
映画みてきました。
スターウォーズのローグワン。
一言で内容を説明すると
宇宙で戦争している映画でした。
すごい良かった。
人生観かわりました。


なんか色々と書こうかと思ったけど、
もう12時で明日も仕事なので、
このへんでやめておきます。
本当は最近の政治の話とかしたかったんですよね。
安倍政権への僕の怒りのボルテージがマックスハートで
ミップルとメップルがプリティーミッチードレミッチーって感じで
いつもドッキリアイランド的なので、
とりあえず、
よく考えたら福田総理以降、メガネの総理大臣がいないから、
せめて安倍さんもメガネをかけるべきじゃないだろうか、
っていうことを書きたかったです。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ