クリスチャン ルブタン  

Christian Louboutin(クリスチャン ルブタン)というブランドは、パリ出身のデザイナーであるChristian Louboutinによって立ち上げられたブランドで、ハイヒールが特に有名なブランドです。クリスチャンルブタンの靴は靴底が赤いことがトレードマークとなっています。クリスティーナ アギレラ、カイリー ミノーグなどのセレブにも人気のブランドです。また、日本では浜崎あゆみが愛用していたことから注目されているブランドの一つです。
クリスチャン ルブタンは今や世界中の有名人やおしゃれ達が熱狂するブランドですファッションに取り入れる女性に歓迎されています。セレブにも人気のブランドです。靴の角度がいいですから履いていると快適でファッションにしています。
TORYBURCHは2004年にNY生まれのブランド!数々のブランドで得た経験をコンテンポラリーな洗練された女性ラインとしてデザインするトリーバーチ!今やUSAだけでなく世界中のセレブからも使用され注目の的になっています。
   この靴は上等な皮で製造しています。大きく丸くロゴが靴の前に付けています。そのロゴはゴールドプレートして奇麗で色を消えるのをご心配しないでください。それにかかとは低いです。履いていると履き心地抜群、外観が簡単で高級感があります。
Jimmy Chooはラグジュアリー・シューズ&バッグブランド。1996年、イギリス・ロンドンにてJimmy Choo(ジミー チュウ)とTamara Mellon(タマラ・メロン)により創立。大英帝国勲章など、ファッション界においての多くの賞を受賞。ダイアナ元皇太子妃をはじめ、世界中のセレブリティに支持されていることでも有名で、ファッション性の高さから海外ドラマや映画でも多く登場している。
この靴は今流行しているブランドです。若いものとおしゃれが好く人に大変人気があります。その靴の様子はとても奇麗です。それにかかとが高いです。でも靴の角度は科学にして履いていると感覚がいいです。自分で履くかプレゼントをして友達に上げでもいいです。
Manolo Blahnikマノロ ブラニクが 1972年 自身の名を冠したブランドでコレクションデビュー。
現在は、ニューヨーク、香港等に直営店を展開。イタリアにある4つの工場を稼動させながらも最終的なデザインの仕上げはブラニク自身が行っている。自身も「私の靴には他の靴にないものがある、パーソナリティだ」と語る。
この靴の様子は少し特別です。お紐がありません。色がいろいろあります、この靴の製造はファインしています。それに多くの消費者の好評があるサンダルです。ハイヒールのかかとが高いです。でも、角度がいいですから歩いて安定です。その靴を長い時間履いてスタイルに役に立ちます。疲れをかがやしています。
イヴ・サン=ローラン(ロラン)(Yves Saint-Laurent 発音例、1936年8月1日 - 2008年6月1日)はフランス領アルジェリア出身のファッションデザイナー。または、彼の名を冠したファッションブランド。フランスが誇る世界的ブランドとなっている。
  この靴は今とても有名なブランドです。ご利用者が多くになってきます。そのくつはお紐が付いています。足が小さい若者は靴は合わないと心配しないでください。その靴の底の前に厚いです。靴を履い込むと履き心地抜群です。その靴の品質がとてもいいで高級感がはいています。それにファッシュしています。
FENDI フェンディは1925年に創立したブランドです。
1990年、メンズウェアラインである「フェンディ・ウオモ」をスタート。
2010年、時計宝飾国際展示会である「バーゼルフェア2010」で、初のmbtである「クレイジーカラット」を発表。2010年、新ラインである「フェンディ・クラシコ(FENDI CLASSICO)」を発表。
  この靴は外観が綺麗です。靴は高級の皮で製造です。靴の底の前は厚いです。踏むと感覚がいいです。涼しくないです、女性にとってはとてもいいです。仕事、パ―ディーでこの靴は高級感があります。そのブーツはウエストです、ブーツを履いていくとファッシュにして温かいです。ブーツのほかにハイヒールがあります。品質は同じです。その靴のデザインが多くて色も沢山あって選んでください。
0

今すぐでないにしろ、いつかは返すつもりだったのなら  

 今すぐでないにしろ、いつかは返すつもりだったのなら、あんな目にあわなくてよかったはずなのにと伊央は思う。UGG
「咲輝さんが伊央を好きだっていうから、両家の繁栄と幸せのために嫁にだしましょうってことになったのよ。まあ、強いていえば政略結婚ってとこかな」
 鈴鹿はあくまでもこれは好意であって、策略ではないという態度を崩さない。
「おっ、俺の幸せはどうなるんだよ!」
 やっぱり売ったんじゃないかと思って、伊央は涙ぐんで拳を震わせた。
「あらっ、幸せじゃないの。カッコよくてお金持ちの咲輝さんの花嫁くんよ。そんなの望んだって無理なのよ」
 鈴鹿はいけしゃあしゃあという。
 念のため文芸部の部室へ行ってみる。そこもやっぱり空で、焦げ茶色のテーブルの上にメモがばらまかれていた。大学ノートをちぎって書かれたメモ、過去からもたらされたかのような怪しく黄ばんだメモ、焦げ痕のついたメモ、血しぶきのついたメモ----。
 大量のメモの横に、大きなビーカーに活けた黒い百合、古い生徒名簿、文集、学校新聞、怪しげな店名入りのポケットティッシュが置いてある。
 生徒名簿も文集も学校新聞も、夏夜乃が二年に在籍していた年のものだ。中庭で雨宮さんが名乗った九條夏夜乃という名前を調べていたのだろう。
 名簿の上に原稿用紙が一枚載っていて、それにサインペンで大きく、
『心葉くんなんて、もう知らない。わたしはわたしで、勝手にやらせてもらいます。by遠子』
 と書いてあるのを見て、ぼくは目をむいた。UGGブーツ
0

咲輝は、伊央を棚の前に降ろした  

 咲輝は、伊央をUGG棚の前に降ろした。
「えっ、好きなものってどーいうこと?」
 必死で近くの棚に掴まって、伊央は首を傾げる。
「好きなものがないなら、ほかのホテルのショッブに連れていく」
 咲輝は商品の品揃えを確かめながら伊央に告げた。
「ちょ、ちょっと待って!それって、俺に買ってくれるっていうこと?」
 伊央は驚いて、咲輝に聞く。
 咲輝は自分は悪いことなどしていないという態度だったが、伊央が遊びにいけないのを気にしていたようである。
「そうだ」
 咲輝は素っ気なく返事をした。
「もし、全部っていったら?」
 それは簡単なことだと夏夜乃は言っていた。時間を戻せばいいのだと。
 現実には、そんなこと不可能なのに。
 夏夜乃も時間を戻したいと願ったことがあったのだろうか? それは叶えられたのだろうか? だとしたら、何故夏夜乃は、夜ごとに彷徨わなければならないのか?
 ダメだ。いくら考えても堂々巡りで、胸が押しつぶされるように苦しくなるばかりだ。
 昼休みも終わりに近づき、ぼくは席を立った。
 カウンターの前で、ふと殺気を感じて横を向くと、琴吹さんが唇を尖らせ、ぼくを睨んでいた。
「見たよ」
 責めるようにぼそっとつぶやかれて、足が止まり、つんのめった。
 な、なんだ? なにを見たっていうんだ? 琴吹さんはなにを怒っているんだ?
「最悪」
 はぁ?UGGブーツ
0

よく滑るようにするだけだ。痛くはない  

「よく滑るようにするだけだ。痛くはない」
 咲輝は伊央の中にゼリーを流しこんで、指をいれて中を探った。
「なんで…、あっ、んんっ」UGG
 クチェリと音をたてて、ふたたび伊央の身体の中に咲輝の指がはいってくる。
 さっきよりは痛くないが、気持ち悪さは変わらないし、咲輝になにをされるかわからない漠然とした不安感はいまだに消えない。
「んんっ!いたっ、…やっ!」
 一本でもキツい身体の中に、咲輝の指がもう一本侵入してきた。
 指が動かされると同時に身体の中になにかがはいってきて、それがグチュグチュと音をたてている。その音をさせているものが、滑りをよくさせるものなのだと伊央は感じていた。
「あっ、…はっ…、はあっ……。なんか変」
 そうやって咲輝に身体の中を探られていると、馴染《なじ》んできてだんだん痛みを感じなくなってくる。それどころか、身体の奥が熱くなるように快感が湧きでてきた。
 それがある個所を触られた時だけに起こるとわかって、伊央は知らず知らずのうちにそこに押しつけるように腰を浮かす。
 こんなことで気持ちよくなるなんておかしいとわかっているのに、伊央はやめることができない。
「ああんっ」
 快感がぞくぞくと背中を走り抜けて、伊央は嬌声《きょうせい》をあげる。
「少し緩くなってきたようだ」
アグブーツ
 咲輝は唇を少しだけ引きあげると、伊央の身体の中からゆっくりと指を引き抜いた。
「あっ、いやぁ、ダメッ」
0

だってわたし、とっくに死んでるんですもの  

 化粧水をつけようとする鈴鹿の手を伊央は必死で振り払った。
 初めから結婚なんてする気がないのに咲輝をだましてお金をださせて、後始末を伊央に押しつけようとするなんてさすが悪魔な鈴鹿である。アグブーツ
 わが姉ながら、そら恐ろしい人物だ。
 彼女の眠る墓に、彼はツルハシを振り下ろした。
 青く閃く稲光が、濡れた彼の背中を闇の中に浮かび上がらせ、雨が弾丸のように激しく彼の皮膚を叩く。烈風に髪を吹き乱しながら、目を赤く血走らせ彼は叫ぶ。
 夏夜乃、夏夜乃、戻ってこい!
 おまえにもう一度会うためなら、俺は時間をも巻き戻してみせる! 死者をも蘇らせてみせる!
 墓地に突き刺さる無数の十字架の群れ。けれど、彼が求める魂は、ただひとつ。
 髪からも頬からも雨と汗を滴らせ、悪鬼に憑かれた人のように飢え渇いた目をし、彼は墓を掘り続ける。
 そうだ。まだ終わらない。彼女は彼を裏切り、あの美しい箱庭を踏みつけにし、粉々に打ち砕いた。彼の望みを残酷に嘲笑った。その償いを、彼にしていない。魂の半分を引き千切られた彼の、絶望と憎しみの深さがどれほどのものかを、彼女は知らない。
 俺を残して死ぬなんて許さない。この復讐を遂げるまで、彼女に平安な眠りなどない。
 目覚めろ、夏夜乃!UGG
0




AutoPage最新お知らせ