ネットで少女になりすまし 現れた男の顔写真晒す組織が存在  


米国在住の29歳男性がチ野球ユニフォームャットで知り合った少女(14歳)に会いに行くと、出迎えたのはバットとビデオカメラを構えた2人の男だった。過激すぎる「世界のネット自警団」の実態をジャーナリストの武末幸繁氏が報告する。

 * * *

 ネット自警団という言葉が広まる契機となったのは、野球ユニフォームオーダー2005年に韓国で起きた「犬糞女」事件である。
  
 韓国の地下鉄車内で女子大生が、連れていた犬の糞を処理せずに降りてしまった。居合わせた通勤客が女子大生の写真を投稿したところ、ネットユーザーたちが彼女をすぐに特定し、個人情報を公開して「犬糞女」と罵倒した。女子大生は退学へと追い込まれ、嫌がらせを止めなければ自殺すると表明。ネット自警団が広く知られる激安野球ユニフォームことになった。

 先のロンドン五輪・フェンシング女子の準決勝で、韓国人選手が微妙な判定で敗退したことに韓国のネットユーザーたちが憤慨し、審判や相手選手らに報復したことは記憶に新しい。ネットユーザーたちは相手のドイツ人選手がかつて「プレイボーイ」誌で披露したヌード写真をネットに投稿、同選手のフェイスブックに大量の罵詈雑言を書き込み、閉鎖に追い込んだ。

 プライバシーという考え方が浸透していない中国昇華野球ユニフォーム でも同様の例は多く、個人情報を調べて晒す行為は「人肉捜索」と呼ばれている。動物虐待動画をアップした女子大生や、四川大地震で被災者を罵った女性などの大人ばかりか、テレビでポルノサイトを非難した少女にまで人肉捜索が「発動」されたことがあるという。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ