2013/3/6

知識を詰め込んで  

よく聞く話ですが、どうでしょう?
住宅をこれから購入しようと予定されている方でも住宅ローンアドバイザーの養成講座は役にたちます。講座は基礎コースと応用コースの二通りにわかれています。借り入れ前の住宅ローンを一から理解するために良いでしょう。もう一つの応用コースは実務者向けになります。実際に借り入れする方へのアドバイス者向けの専門家コースです。ローンの見直しにおいては住宅購入の際に住宅ローンの設定を不動産業者任せにしてしまった場合、基礎情報を持たないため、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しについて基礎知識を持たない購入者をサポートします。購入者にとって公正なアドバイスをする頼もしい味方といえるでしょう。
ローンの見直しする際には住宅購入のときに住宅ローンの返済方法を不動産業者任せにしてしまっていることが多いため、住宅ローンの基礎知識を詰め込んで、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しにとりかかる必要があります。購入者にとって公正なアドバイスをするのが住宅ローンアドバイザーの役目です。住宅ローンアドバイザーとは、住宅購入予定者・借り換えなど購入後の方々向けに、さまざまな住宅ローンについて適切な情報を提供するアドバイザーです。認定制度の資格で、国土交通省が取りまとめしたものをもとに任意団体である住宅金融普及協会または金融検定協会が認定を行なっています。
住宅ローンアドバイザーは、住宅購入のときに利用する住宅ローンについて適切な情報を提供する相談役です。国土交通省が取りまとめしたものをもとに住宅金融普及協会または金融検定協会という任意団体が認定試験を行なっています。いろいろな利用の仕方があるんですね。
0

2013/3/6

養成講座の基礎  

この前知り合いから聞いたんですが、
新規に住宅を購入・住宅ローンの借り入れを予定されている方にも住宅ローンアドバイザーの養成講座は役に立つものです。講座は二通りあり、基礎コースと応用コースにわかれています。住宅ローン見直しなど住宅ローンを基礎から理解するために良いでしょう。もう一つのコースである応用コースは実務者向けです。住宅ローンの借り入れする人へアドバイスを行なう者向けの専門家コースとなります。
専門家向け以外にも養成講座は受付されています。新規に住宅を購入する場合は住宅ローンアドバイザー養成講座の基礎コースを受けるとよいでしょう。講座は2通りあり、もう一つは応用コースがあります。住宅ローンを基礎学べます。実務者向けは、もう一つのコース=応用コースはです。住宅ローンの借り入れする人へアドバイスを行なう専門家コースです。ローンの見直しにおいては住宅購入の際に住宅ローンの設定を不動産業者任せにしてしまった場合、基礎情報を持たないため、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しについて基礎知識を持たない購入者をサポートします。購入者にとって公正なアドバイスをする頼もしい味方といえるでしょう。
ローンの見直しする際には住宅購入のときに住宅ローンの返済方法を不動産業者任せにしてしまっていることが多いため、住宅ローンの基礎知識を詰め込んで、住宅ローンの繰り上げ返済、借り換え、固定金利・変動金利や手数料など支払方法の見直しにとりかかる必要があります。購入者にとって公正なアドバイスをするのが住宅ローンアドバイザーの役目です。
待ちきれない
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ