2013/3/5

住宅購入者が  

今日見つけたんですが・・・
住宅ローンを借り入れするときには建築業者任せにしている場合があります。そのためにローンの見直しのときに困ってしまいます。住宅購入者本人が、住宅ローンの基礎知識を把握する必要があり、繰り上げ返済、借り換え、固定金利と変動金利の違いなどを把握していく必要があります。住宅ローンアドバイザーがそれを、住宅購入者に適切なアドバイスをして助けていくのが役目です。
建築業者任せに住宅ローンを借り入れしていることが多々あります。そのためローンの見直しのときに今借り入れしている住宅ローンが把握できず困ってしまいます。住宅ローンの見直しには住宅購入者が住宅ローンの基礎知識を学んでいく必要があります。繰り上げ返済、借り換え、固定金利と変動金利の違いなどさまざまな要素がります。住宅ローンアドバイザーが、住宅購入者に適切にアドバイスしていくことになりますどのようなアドバイスが受けられるかというと、住宅ローンの基礎情報・基礎知識、金利の種類や返済方法、「借りられる」ではなく「返せる」住宅ローンの設計方法、住宅に関する税金や住宅ローンの計算、繰上げ返済・借り換え返済についてなどです。
アドバイスの事例としては、住宅ローンの基礎情報、金利の種類と返済方法、「借りられる」から「返せる」住宅ローンの設計方法、住宅に関する税金や住宅ローン計算、繰上げ返済・借り換え返済についての相談などです。便利になってるもんですね〜
0

2013/3/5

添削式の通信教育  

昨日聞いた話ですが、
進研ゼミ(しんけんゼミ)中学講座は中学生向けの添削式の通信教育です。毎月送られてくる課題に回答してそれをファックス、パソコン、郵便のいずれかで送ると赤ペン先生という添削担当の先生が採点、間違いに対するアドバイスを書いて送り返してきてくれるシステムです。
進研ゼミ(しんけんゼミ)中学講座は中学生が定期試験や高校受験の合格対策のために役立つ添削式の通信教育のことです。毎月自宅に送られてくる問題に解答してパソコン、ファックス、郵便で送り返すとそれを赤ペン先生という担当者が採点と間違いに対するアドバイスを書いて送り返してきてくれるシステムです。メインテキスト「チャレンジ」以外に中学の勉強や生活に役立つサポートや、5教科・勉強法・進路に関して個別に質問できる「質問カード」を使うと、各分野専門のアドバイザーがひとつひとつの質問に個別アドバイスをくれるシステムがあります。また努力賞制度という課題を提出するともらえるポイントに応じて賞品をもらえるシステムもあってやる気の継続を促してくれるのが進研ゼミ中学講座の特徴です。
チャレンジという名前のメインの教材の他にも勉強だけではなく部活などを含めた生活に役立つサポートや、色々なことを個別に質問できる質問カードによってあなただけに専用のアドバイスが届きます。また努力賞制度もあって、課題を提出するともらえるポイントによって賞品がもらえるシステムでやる気の継続がはかれるのが進研ゼミ中学講座の特徴です。何だかよくか理解できないよね?どうかな?
今宵も何かを
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ