teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

掃き溜め  

貧しい生活は心まで貧しくする。
金欠ここに極まれり、高校時代のお小遣い生活ですらもう少し人間的であったと思う。月に五千円という決して恵まれてはいない資金をやりくりして、欲しいものを欲しがる余地があった。
今、聞こえはいいけれど、倹約生活というものは、自分が今までショーウインドウの中に飾られた魅力的な数々の商品に対して抱いていた憧れというものを全て消し去って、ただ仕方ないという諦念ネガティブな気持ちしか持てなくなった。RPGでいうなら、魔法使わないと倒せない敵にPP不足で魔法使えずHP少しずつ削られていく主人公のような感じ。諦めは簡単でも、フラストレーションやるかたない。じわじわと身を削られていく気分。
お金は幸せになる手段だよ、なんていうことを言う人がいるけれど、それはお金で購入できる幸せ以外に何かしら代替的な幸福を持っている場合が多いのだろうと思うし、大抵の人はここまで極端な極貧生活を強いられる苦しみをリアルに共感できないのだろう。お金はある程度ある、という前提で、必要以上のお金は使い方次第で必要以上のお金がその額に比例して幸せを与えてくれるわけではない、という論理なわけで、結局最低限度の生活というものが個人の感覚には依るだろうけれど、お金によって成り立って、その最低限度の生活にお金が足らないことによってたどり着けない人間が僕が証明となって存在しているというのだから、お金が幸せというのもこの場合はなんら間違いではない。
かといって、この心の貧しさというのは自らのモチベーションを完膚なきまでに叩きのめし、欲しがりませんを追求することで、どうにかこうにかのバランスを保っているわけなので、今この現状を脱する機会に仮にめぐり合えたとしても、多分、きっと、十中八九、僕はそのチャンスを逃す。欲望は欲望を生むだけ、逆もまた然り。満足できない生活に満足しようするには、現状を仕方ないと思い込むしかない。けれど、仕方ないと思い込めば現状を脱することはできないし、逆に現状を脱するために何か欲を持つことは現状に不満を持ち心のバランスを崩すことになる。
であるから、今目の前に、ディスプレイの中に、いかにも好条件のアルバイトの求人情報が転がっていたとしても、それに飛びつくことを脳の色々な部分が拒否するだろう。
そして、この惨憺たる現状において、唯一自らのモチベーションを高める術を昨日僕は発見した。僕には探しても一つたりとも良い習慣というものはないけれど、それでも一つ、多分二年くらいかずっと続けてきたことがあった。良い習慣ではないけれど、相対的に評価するならそれは結構誉められることだとは思う。まあ、それをやめてなんとなしに、多分精神的な依存であると思うけれど、二年の間を空けて、タバコに火をつける。カフェインの錠剤を飲む。二年の禁煙生活が幕を閉じた。この禁煙生活は、決して明確で強固な意志を持って行ったというわけではなくて、単純にタバコというものにそこまで僕が依存していなかったということと、その当時も同じように極貧生活を強いられており、タバコを購入するお金が勿体ないと思っただけだった。当時は部活にも割合出席していたから、日増しに良くなる心肺の機能を喜ばしく思っていつの間にか二年という時間が経過していた、というだけ。だから、強固な意志に阻まれることなく、安易にタバコを再び手にすることができた。今は部活にも行っていないし、父親の部屋からいくらもタバコを手に入れることができる。喫煙は特に今の世の中において決して誉められる習慣ではないけれど、それ以上に今の僕の生活というものはつまらないものに成り下がっていて、仮にタバコという誉められない習慣によって僕の生活が少しでも色を取り戻すのならば、それは悪くない取引だと思う。そして概ね、今のところそれは成功しているように感じる。
人が幸福になるために素晴らしい恋人を選んでもいいし、神様からの御告げでもいいし、お酒でもいいと思う。僕は今タバコを吸って幸福です。
0




AutoPage最新お知らせ