惜しみない残業代請求  

しかし、シフト上の時間を過ぎてしまうと
タイムカードは押すなと言われていました。
押せないのがしばしば…
もし時間内に押せなければ、ノートに「何時出勤・何時〜休憩・何時休憩終わり・何時退勤」など
最初に出ているシフト通りに書かなくてはいけません。
そして22時から23時の1時間は、他の時間帯より
時給が少しあがるのですが、22時から23時の間に休憩をとっていなくても、その時間帯に休憩をとったものとされ、その少しあがった1時間分の時給をもらうことはほぼありませんでした。
休憩開始、休憩終わりにしっかりタイムカードを押してるのにも関わらず、タイムカードは無視で、22時から23時休憩。という風にされていました。
そして研修期間を経て
社員になるのですが、
社員にはタイムカードがありません。
しかし最近、しっかりした会社で働いていた方が入ってきて、ここおかしいよ。等の話を聞くようになり、そういわれれば…と考えるようになりました。
シフト上では8時間労働になってるのですが、きっちり帰れたことがありません。
以前この会社を辞めた方が、サービス残業ではないのか?と役所に言ったらしいのですが、タイムカードもないし、
残業をしたという証拠がないと言われたそうです。
それを聞いた時この会社はそこまで計算して、タイムカードがないのだと怖くなりました。
今まで残業した分のお金がほしいわけではありません。私を含め、他のスタッフも時期をみて辞めたいと言うスタッフばかりです。
そのときのためにどうにかサービス残業をしていたという証拠を集めておきたいのです。
仕事の内容的には自分のしたい事なので、その仕事に就けて幸せに思っています。
しかしいくら好きな仕事とはいえ、お金がなくては生活できません。ただでさえ安月給です。
残業手当てが出るのなら喜んで残業します。
このような状況で
どんなことをすれば証拠になるのでしょうか?
会社のシステム的にやはり難しいのでしょうか?わかりづらいうえに
長文で申し訳ありませんが、どなたか教えていただけば幸いです。
おっしゃる通り、会社側も残業請求したという証拠が残らないようにわざとタイムカードを使わないんだと思います。
タイムカードがある会社も、実際は8時〜22時とかで働いても17時に退勤のスキャンをするように指示したりする会社もザラですし。
例えこのまま労基署に残業代未払いの件を申し出ても、証拠になるデータがなければこちらは泣き寝入りですから。
個人的には転職をおすすめしますが、労基署に相談してみる価値はあるかもしれません。
タイムカード昔に比べると無い会社かなり多いと思います。
お察しどおり、何とでも書けるからごまかす目的だと思います。
私は日記を付ける事を進められた事あります。 
誰が何時何をどこで何と言ったか等
録音も出来ればなお良いと思います。 公益通報と言う手もあります。
監督署が届出の方法教えてくれますよ。





残業代請求の相談はここでしてみてください!↓↓
参考元→ http://www.zangyoo.jp/
0

新しい残業代請求の法則  

経営者がそんなこと認めるわけないだろ。四六時中録音録画して記録残さなきゃそんなの証明できるかよ。
かまわねぇから自分で労働時間記録しておいて不当だと思ったら未払い残業代や不当に削られた賃金請求してやれ。こんな腐れ経営者のまわし者みたいな奴の言うことなんか真に受けないように。いいようにこき使われるだけだよ。
辞めた後でも2年は未払い賃金請求できる権利あるし自分で付けた記録も証拠として認められることも少なくないからそういうことを常に覚えておこう。
うちはタイムカードはあるけれど
うちの会社は月終わりに残業の欄に0を書かされます
これはダメなんですかね
我慢して勤めても将来性なさそうだし
辞める間際に思いっきりタブーを打ち破ってやろうかな
早出残業代70時間分請求
やっとのことで再就職先がみつかり来週から出社するかで悩んでいます。
と言うのも残業代が出ない、しかし「毎日夜10時〜11時まで仕事してもらう」とのことです。給与形態は月給制ですが、こんなことがまかり通るのでしょうか?
月平均100〜110時間をただ働きし、それが出来なければ不採用…納得できないです。
残業代しているのに、残業代が一切払われてないなら違法。
残業代の請求は出来ますが、さかのぼって2年分しか請求出来ませんので、
その点だけ注意してください。
入社後争っても自分は退職っていう場合が多いですし、未払い残業代を
さかのぼって請求してあっさり払ってくれる会社はめったにありません。
その点、よーく考えて、出社するかどうか決めたら良いと思います。
パート、アルバイトの時間外手当てについて教えてください!!

 
すでにかなり削除されてしまいましたが、コメント者2名が『研修、社内美化で賃金発生しないのは当たり前』と言い張るので口論となってしまいました。
各自、自信もって発言されているので、私としては驚いているのですが、
意外とむずかしい事でもあるようです。
 
はっきりしない部分ありますが、研修とは例えば英語教室だそうで、直接仕事とは関係なく、強制もしていないそうです。 (無料で学習させてくれる良い会社?)そんな事は会社でよくあるケースだそうで、時間外手当請求してきた人は変だと言うことなようです。
社内美化と清掃は違うそうで、時間はしめされませんでしたが(30分前と示した人も居た)、早く出勤して行う事は常識だそうです。
女子の着替え以外は労働時間に入ると法律を示しても
法律云々の話では無いそうです。
学習、自己啓発と言う名目で、使用者が『強制していない』とすれば、手当て0でよろしいのでしょうか。 ご意見いただければ幸いです。
私はサービス残業に就いています。
サービス残業について
いろいろと教えていただきたくコメントしました。
私の会社は、アルバイト(研修)期間中のみ
タイムカードを押していました。





残業代請求のお問合わせはこちら
参照→ http://www.zangyoo.jp/
0

残業代請求の先にあるもの  

質問させてください。
僕は4月から社会人になりました。
就職したところは、工業系で技術職です。しかし僕はそれまで工業系の勉強や経験は全く無く、すべてを一から教えてもらいながら仕事をしています。
4月は仕事が忙しく毎日残業ばかりでした。
4月の残業時間は、通常残業(18時から22時)が35時間。
深夜残業(22時以降)が8.5時間。
しかし給与明細を見ると、深夜残業代は入ってましたが、通常残業代が0円になっていました。
気になり社長に直接尋ねてみると、
1.技術が無く半人前のため残業代は出せない。
2.僕より先に入社している中卒者や、職業訓練校卒者は一人前だが、大卒者である僕より基本給が少ない。だから僕に残業代を出してしまうと給与面で差が生まれてしまうため。(中卒者や職業訓練校卒者には残業代は出ています。)
深夜残業代が出たのは、温情だそうですが、仕事を覚えるまでの6ヵ月間残業代は出ません。
決して遊んでいたわけではありません。
これは社会的・今の日本では当たり前なのでしょうか??
まだまだ社会人一年目で分からない事が多く、甘えている部分があるとは思いますが、アドバイス等がありましたらヨロシクお願いします。
最初は悔しくて投げやりになりそうになりました。
しかし気持ちを切り替え今後残業代は出なくても、仕事はきっちり真面目にやろうと思ってます。
こんな理屈が通るならいつまで経っても仕事ぶりにケチつけて残業代払わなくても済んでしまいます。典型的悪質経営者の詭弁です。
労基法には「働いた分だけの賃金支払い義務」が明記されてます。
もっとも入社したばかりでこちらが正論を言っても力関係で押し切られるし残業代はらわせれたとしてもその後はいじめ嫌がらせが容易に予想され現実問題続けていくことはかなり困難になると思います。
そのまま長く勤めるつもりでしょうか?数年以内に転職を考えているなら残業の記録を自分で付けておいて後から請求する手もあります。
辞めても2年以内ならさかのぼって2年分の残業代未払い賃金請求する権利はあります。有給休暇は辞めた後請求できません。
深夜残業代を出すのが温情とかふざけてます。出して当然なんです。
かなりタチの悪い経営者だと思っていいでしょう。僕なら辞めることを視野に入れて行動します。
もっともこういう事例は数え上げれば日本中無数にあるでしょう。
これが残念ながら日本の現状なんです。筋が通らないことがまかり通る。取り締まると日本経済破綻するからよほど酷い場合以外行政機関も動かない。
横車押してでも経済発展させたいんでしょう。
私は去年の秋ごろから家族経営のグループホーム(老人ホーム)でヘルパーとして働いています。
度々残業をするのですが、やはり残業代は全くつかず。
社長に問いただしたところ。
「私は残業しろとは言っていない、但し仕事は残して帰るな」
残業代を払えば仕事が遅い未熟な人にほど給料を払うことになる」などと言われ、結局今日まで支払われていません。
この社長のような理由は認められないと思うのですが
もし訴えを起こしても、経営の厳しい有限会社では
結局、踏み倒されてしまうのではないかと心配です
残業時間分もタイムカードに記録され、残業が発生した時は
自分でもメモしていますが。
こういったケースでも本当に残業代を取り戻せるものなんでしょうか。







残業代請求についての相談はこちら
参考サイト→ http://www.zangyoo.jp/
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ