お墨付きの残業代請求

2011/2/11 
入ってみないとそこの会社がどのような会社かを判断するのは難しいでしょう。
ただ僕の経験では、相手の意見を聞かずとにかく自分の意見しかいわない、他人を平気で排除する人はそのような傾向が強いようです。
言葉のキャッチボールが出来ない人はその典型でしょう。
(平気で他人の意見を曲解する)
そのような雰囲気では、法律論なんて通用しないでしょうが。
ライブドアにサービス残業はあったのだろうか、とふと思ってしまいました。
就職決まっていた人はかなり迷っているってよく新聞なんかにでてますね。
まさに想定外だったでしょう。
確かに入ってみないと分からない部分は多いですねー。
裁判って証拠や証人が多ければ多いほど有利になるらしいです。
ということは逆も然り・・・・専門家じゃないけどそう聞いたことあります。
ご自分で勤務時間を記録しておいたとかないですか?
あなたがこうやって、声を上げてくれることで全国の苦しんでる人の未来につながります。
応援します。
がんばれ!
会社側に夜出勤の交通費支払い明細があるので
仕事で行ってた証拠はあるんですが、会社側が持っているので・・・。
あとは必ず居た時間って言うのはあるんですが正確に何時から何時
みたいな記録は自分でも取ってないです・・・。
会社に交渉の電話したら、次のシフトから残業申請を完全に出さないと
ダメになったらしく、くやしいです!!
俺の分は?って感じむかっ(怒り)
オイラの場合
派遣先就業当初:派遣社員で派遣先で強制的にサービス残業やらされる。
1年後;経済産業省の補助金交付の決定により、さらにサービス残業をやらされる。
  なぜなら、補助金は残業代の対象外。&結果を出さなければならないため、仕事量は増える。
3年後:補助金は切れ、おいらの契約は解除
3年半年後:派遣会社を退職
労基署にも相談したのですが、相手にしてもらえませんでした。
結局泣き寝入りです。
だから、オイラは政府や役人を信じない。
政府の出す補助金で残業代請求は支払われなかったのだから。
「相談」だと相手にされません。「告発」しなきゃいけません。あと「退職」してしまうと労働者としての
権利が無くなってしまいます。例外は退職金くらい。それまでに有給は消化しましょう。
その為には労働法や派遣法を勉強して、どの法律に違反してるか調べ、証拠を揃えなきゃいけない
のだが、本来、専門家や経営者がやるべきことであって、単なる一労働者に本来の業務以外に
弁護士に成るような勉強も要求される日本って、働くには最悪な国ですわ。
裁判所に行き「支払督促」の手続きをしてみてはいかがでしょうか?
それほど難しくないですよ。
私はこれで残業未払い金を取り返すことができました。





残業代請求のお問合わせはこちら
参照→ http://www.zangyoo.jp/
0

嬉しい声が聞こえる残業代請求

2011/1/28 
@残業代稼ぎたくてだらだら仕事する人
A仕事が本当に遅い人
B早く帰りたいけど雰囲気で帰れない人
C早く帰りたいけど明らかに上司のプレッシャーを感じる人
D上の印象をよくして出世したいから遅く残る人
E家に帰ると一人で寂しがりやの人
F職場が好きで帰りたくない人
G仕事が速く優秀だが業務量過多の人
どう考えても
↓↓↓
長時間残る人=偉い ではない。
どう考えても
↓↓↓
長時間残る人≒偉い でもない。
でも
↓↓↓
長時間残る人≠偉い と言うわけでもない。
結局相関関係なし。←ちんの結論
また本旨と離れていきますが長期長時間残業は効率が悪い。

ソフトウェア業界での時短の話です。
将来が見えないので常に短期的見通しで長時間労働を推進する
倒産するリスクを減らすために人件費を減らす。
今労働時間規制緩和になったら・・・ゾッとします。
現場の面接官なら会社でも忙しい部類なので
私は顔色でどんな会社かある程度判断してます。
ワーカホリック特有のなんとも言えない感じがあります。

顔色で分かるとはすごすぎです。
さすがに尋常じゃない部類の方に限ります。。
大体眼精疲労でまぶたがはれてきたりと目元に出やすいです。
長期化していると目つきも変わってきます。
決算期はどこもそうですが;^^
へー知らなんだって感じです。
以前の会社では毎日2、3時間程度の残業代請求でも、木曜日ぐらいからヘロヘロになってました。土曜日は鬼のように寝て1日つぶれたり。長時間労働は体に良くないし、人間的な生活が出来ないです。働いてないとなんだか罪悪感を感じるのは、日本人の性なのでしょうか。刷り込みってやつかな。
書き込み読ませていただきました。







残業代請求はココに相談!
参考→ http://www.zangyoo.jp/
0

使いやすい残業代請求

2011/1/14 
でも就活難の今の時代ですから、内定しそうな会社にそのようなことを訪ね、お釈迦になってしますが恐ろしいという思いもあります。でも入ってからでは遅いんですよね。
いいえ。このような、一見お答えするのも難しいような質問に対しても丁寧にコメント・助言していただいた事を心から感謝いたします。
残業代のことは伏せられ、上手くかわされて、
面接で言われた就業時間と、実際働いてた時間には
雲泥の差がありました。とありました。
現代の会社の大半はこのような感じなのでしょうか?法律を守った上で、皆平等な立ち居ちにたった上で会社経営を行って欲しいです。僕たちのような権利主張者は時に世の中では煙たがられたりします。当然のことを主張しているだけなのにです。
お互い頑張りましょう。
コメント・助言感謝いたします。
管理職になると会社と同じようにごまかすかもしれないので、比較的若めの人に会わせてもらうのがいいんじゃないでしょうか。
とありました。先輩訪問というもの?ですが。
知識の足りない僕です。先輩訪問について詳しく聞かせてください。面接以外に、社内の人々とあって話す機会などがあるということなのでしょうか?
就活生の中には、志望する会社に勤めている大学の先輩を訪問したりして、話を聞いている人は結構いると思います。
面識のない先輩でも、大学の就職部に紹介してもらうことができるようです。
新卒でなければ、あまり一般的ではないかもしれません。
でも面接が終わって内定もらった後でも、配属されることになる部の人と食事に行ったりして話を聞いてもいいと思います。
前と同じような会社だったら、内定取り消してもいいわけですし。
ネットで検索して評判が出ればいいんですが、
大抵は出ませんよね。
面接ではやっぱり聞けないし。
ボクは残業があるか無いかを見極める時は、
何日間か定時終了後の異なった時間に無言電話をかけます。
物凄い迷惑な話かと思いますが、やめられません。
グーね。それ。
でも自分を守るためにはそういうのも有りですな。
↑ん〜、そうでしょうか。わたしはあまり賛成できません。
残業のあるなしは、職種によっても違います。
同じ会社でも、事務系の社員は毎日定時上がりで制作系の社員は毎日残業してるとか。会社って、誰かがいる限り電話には出る場合が多いでしょう? 
それから、ショップなどでは、閉店後には電話は留守電に切り替えるけど、実は中で社員は毎日残業している、なんてこともよくあります。
残業自体は違法ではないのだから(時間の制限はありますが)、企業側だって隠し立てする必要はないはずです。面接なりで残業時間を確認することに、びくつくことはないのでは?
もちろん残業代請求が支払われているかどうかは分かりませんね。
また仕事をしていても電話に出ない会社もあるでしょう。
部署によっても早い遅いはありますね。
ただ、夜の10時や11時に誰かがいつも電話に出るような会社は、たとえ残業代が支払われていても長時間労働が恒常化している可能性はありますね。





残業代請求はここが対応が良かったです
参照元→ http://www.zangyoo.jp/
0

teacup.ブログ START!

2011/1/14 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ