オーガニック化粧品を育てる土壌とは  

最近では、オーガニック化粧品に使用する植物を育てる土壌についても
重点的に精査しているところが増えている。

たとえ有効な成分を有する植物を栽培したとしても、
出所が不明であったり、汚染された土地で栽培したものは、
ユーザーに誤解や不安を与えたり、肌に悪影響を与えかねないというものだ。

ある程度までの管理やチェックは行うが、
自然が自らの力で成長するという行為を尊重し、
必要以上の手入れは人間が行わないという方針もある。

スイスのヴェレダや、オーストラリアのジュリークのように、
自社で土地を購入、管理しているところもある。

徹底した汚染壌土調査や手入れを自社スタッフや
第三者機関にチェックさせることにより、
汚染の少ない地域で育てたということを消費者に胸を張って
アピールできるという利点がある。


シャンプー
0




AutoPage最新お知らせ