台湾における温泉とは  

台湾における温泉の歴史の始まりは、
北投で1894年にドイツ人のウォーリーが温泉を発見したことだとされる。

1896年には、その北投温泉に大阪出身の平田源吾が
「天狗庵」と言う旅館を建設し、周辺にも陸軍の保養所などが建設される。

これらは記録に残ったものであるが、
温泉の効能が書かれた説明などには、
知本温泉のように台湾の先住民が利用したと言う記述や伝聞も残されている。

屏東県車城郷の四重渓温泉には、
高松宮が夫婦で利用した浴槽が現在でも残されている。

日本の統治時代に警察の保養所として建設された温泉旅館が、
蒋介石の統治時代は「警光山荘」として台湾の警察に利用され、
現在では一般人も利用できるようになっている。

台湾の温泉は水着着用で利用するのが一般的だが、
日本式の温泉を表す「日式」と書かれた温泉では、
日本の温泉のように何も身に着けずに利用することを表す。
一部の温泉では温泉卵を茹でる場所も用意されている。


温泉

0




AutoPage最新お知らせ