まつげと化粧の関係  

すべての文化に共通とはいえないものの、
まつげが長いことが「女性らしさ」とされる文化は多く、
人為的に長くまたは多く見せたい傾向があり、
化粧もそれを目指すものが大半である。

まつげを彩る化粧の発祥は青銅器時代にまで遡り、
その時代にはコール(kohl)と呼ばれるマスカラの一種がすでにあった。

まつげの強調は目の強調とほぼ目的を同じにしており、
マスカラ、アイシャドー、アイライナーなどと組み合わせることによって
総合的にアイメイクと呼ばれる。

20世紀にはつけまつげがポピュラーになり、
1960年代にそのブームはピークを迎えた。

近年ではまつげを太く長く丈夫にする効果が期待できるという
「まつげ美容液」とカテゴライズされる商品も市場に出回り始めた。


短髪

0




AutoPage最新お知らせ