カレーうどん とは  

だし汁にカレー粉を加えてカレー風味にしたものや、
だし汁で延ばした和風カレーをつゆとして用いたもの、
あるいは茹でた麺にカレーライス用のルーを直接ないし
温かい麺つゆと共に掛けたもので、カレー南蛮(蕎麦)と
同様のうどん料理である。


昭和10年頃は、カレーライスよりカレー南蛮が盛んで、
各社から「南蛮カレー粉」が発売されていた。
地域により具材、調理法が異なりバリエーションが多い。


北海道美瑛町の「美瑛カレーうどん」はつけめんスタイルのうどんで、
冷やした麺をカレー風のつゆに浸して食べる。
カレーに野菜などの具が多く入っていることに特徴がある。


関東では、斜めに切った長ネギを入れた標準的なカレーうどんが多く、
だしは多くがカツオだし。
カレー南蛮が古くから食べられてきており、同様の味付けと調理を行う。


愛知県豊橋市の「豊橋カレーうどん」は、
自家製麺で、最下層に米飯、その上層にとろろ、
その上層に麺を加え最後にカレーだしをかけたもので、
同市の主要農産品であるうずらの卵を使う。


名古屋めし
0




AutoPage最新お知らせ