iPhone4Sの発売が日本で開始されました  

iPhone4Sの発売が日本で開始されました。

Bloombergによれば、アメリカでは全キャリアともiPhone 4S ケースの先行予約分が売り切れたと伝えています。

[ 記事更新中 ]
僕はソフトバンクショップに予約開始日の次の日8日に予約しましたが幸運なこと今日渡せると連絡あったので今からジョブズ師の遺作「聖なるiPhone4S」を受け取りに行ってきます!
     ↓
(ソフトバンク 回線パンクのため一時自宅待機)
        ↓
やっとゲット出来ました。サーバーダウンでなかなか進みませんでした。


アップルストアの凄い行列そしてカウントダウン!


ソフトバンクのオンラインショップでは今のところまだ予約販売を受け付けているようです。 ソフトバンク版のiPhone4S狙いで、忙しい方、行列の嫌いな方はオンライン通販のネット予約が便利です。

気になる入荷日、納期が分かり次第追って報告します。

ソフトバンクオンラインショップでiPhone4Sを予約購入する。

⇒softbank版iPhone 4Sの価格と在庫Twitter口コミ情報

⇒au版iPhone 4Sの最新ニュースとTwitter口コミ情報

-----------------------------------------------------------------------------------------------

■ソフトバンクアイフォン 4S新規購入価格と月々の料金イメージはこちら
■ソフトバンクアイフォン 4S 機種変更価格と月々の料金イメージはこちら
■au iPhone 4S新規・機種変更価格と月々の料金イメージはこちら
iphoneケース モンチッチ


0

憎むほどに愛した彼を  

 憎むほどに愛した彼を、目を細めおだやかに見つめ返しながら、儚くやわらかな声で、雨宮さんはつぶやいた。
「お父さん……」
 そのとき、黒崎さんの顔に浮かんだ狂おしいほどの衝撃を----。
 それを見上げる雨宮さんの静かに澄んだ瞳を、頬をこぼれてゆく涙の粒を、ぼくは決して忘れることはできないだろう。
 黒崎さんの胸に頬を寄せ、雨宮さんは目を閉じた。
 そうして、そのまま一度も目を覚まさず、一週間後に病院のベッドで息を引き取った。
 名前も、ブーツも、何から何までプリベット通りらしくない。しかし、ダンブルドアはまったく気にしていないようだった。マントの中をせわしげに何かをガサゴソ探していたが、誰かの視線に気づいたらしく、ふっと顔を上げ、通りのむこうからこちらの様子をじっとうかがっている猫を見つけた。そこに猫がいるのが、なぜかおもしろいらしく、クスクスと笑うと、
「やっぱりそうか」とつぶやいた。
 探していたものが内ポケットから出てきた。銀のライターのようだ。ふたをパチンと開け、高くかざして、カチッと鳴らした
0

ワゴンの側までいくと甘い香りが漂ってきて  

 ワゴンの側までいくと甘い香りが漂ってきて、幸せな気分になる。通常の大きさもあるが、スーベニアバケットもあって首からぶらさげて歩いている人も多い。
 空いていたので買ってしまったが、やはり咲輝がきてから一緒に食べればよかったかなと伊央は考える 早くきてくれないかなと思って、伊央はバッグの中から携帯電話を取った。もう一度メールをしてみようかと思ったが、ついたら電話をくれるという咲輝の約束を信じて伊央はやめる。
 ポップコーンを食べながら、午前中はあまり待たなくていいアトラクションをまわろうと伊央は決めた。
 午前中が比較的空いているスターツアーズやスペースマウンテンに乗って、ホーンテッドマンションからでると、もうお昼をとうに過ぎている。
 長時間ではないが一人で並んでいるのはやはり寂しいし、一人でアトラクションにはいるのもどこか気づまりだ。
 周りの人が楽しそうにしていればいるほど、自分が一人だということを思い知らされるようである。
 十九世紀のイギリスの寒村に暮らす、孤独で人嫌いな牧師の娘が、資料もほとんどなく、経験もなく、その卓越した想像力だけで、生涯にただ一冊だけ、世界に向けて送り出した小説を----この奇蹟のような飢えと、復讐と、愛憎の物語を、蛍ちゃんは読んだことがある?
 この本が出版されたとき、批評家はこぞって、不道徳だとか、荒っぽいとか、文章がなっていないとか、構成が破綻していてわけがわからないとか、俗悪だとか、『嵐が丘』ではなく『壊滅の丘』と名づけるべきだとか、さんざんこきおろしたわ。読者も、登場人物の暴力的なまでの情熱に眉をひそめ、本はまったく売れなかった」
 背筋を凜とのばし、何者かに挑むように、文学少女?は主張を続けた。澄んだ黒い瞳に、知性の輝きがともる。
「わたしは、この本を読めば読むほど、おなかがすくの。心がからからに飢え渇いて、喉がどうしようもなく締めつけられて、狂おしいほどの飢餓感に頭が熱くなって、息が苦しくなるの。なのにどうしてだか、いつも最後まで読んでしまうのよ。
 この物語に出てくる人たちは、誰も彼も自己主張が激しくて自分勝手で、憎むのでも哀しむのでも愛するのでも、獣のように感情をむき出しにして罵りあい、傷つけあって、とても親友にはなれそうにない人ばかりよ。
0

その言葉の意味するところを想像して  

「咲輝さん?」
 その言葉の意味するところを想像して、伊央は上目遣いに咲輝をみる。
「いくぞ」
 言葉少なにいうと、咲輝は伊央の腕を引っ張って寝室に連れていった。
「咲輝さん、なんか怖い」
 伊央は咲輝の顔色を窺ってビクビクする。
「伊央の態度が気になって、仕事を放ってきた」
 咲輝は伊央が手に持っていたバッグを掴んで、無造作に床に放り投げた。
「じゃ、早く帰らないと」
 ドスンと鈍い音をたてて落ちたバッグの音に怯えながら、伊央は咲輝にいう。
「ここをでて、どこにいく気だったんだ?」
 咲輝は伊央をベッドの前まで追いつめて聞く。
「ねぇ、この物語は、蛍ちゃんを取り巻く状況にとてもよく似ているわ。はじめは、わたしも気づかなかった。蛍ちゃんの物語を『嵐が丘』と断定するには、ヒースクリフの存在が欠けている。あの途方もないエネルギーを持った、太古の悪霊のような----嵐が丘に吹きすさぶ暴風そのもののような、強烈な存在感を放つ復讐者が----。
 蛍ちゃんはただ、後見人の叔父さんと二人で暮らしている、拒食症で、心になにか悩みを抱えている女の子にすぎなかった。家政婦の若林さんと会って、蒼くんの存在を知ったときも、まだ確信が持てなかったわ。蒼くんは早い時期に退場し、亡くなってしまったと思っていたから。
 けれど、もし、蒼くんが生きていたとしたら----名前を変え、立場を変え、復讐者として戻ってきたのなら----」
 遠子先輩が一旦、息を吐き、またしゃべり出す。
「心葉くんが、黒崎さんの会社の人に聞いた話によると、黒崎さんは目が弱くて、いつも薄い色のサングラスをかけていて、髪を茶色に染めているんですって。社長になる前は黒髪だったそうだけど、社長の就任と同時に髪を染めて登場して、役員の人たちにしかめっ面をさせたって。けど、黒崎さんの髪はもともと黒髪だったのかしら? もしかしたら茶色が本来の髪で、黒く染めていたものを元に戻したのかもしれない。目も、サングラスをかけているのは、色を見られたくなかったのかも」
 遠子先輩は探偵ではない。本を読み、空想するだけの、文学少女だ。
 だからこれは推理?ではなく、想像?なのだ。
0

食事はほとんど家でとらないのに  

 食事はほとんど家でとらないのに、なんで伊央がそんなことをいいだしたのか咲輝には見当がつかない。
「だって上総|医師《せんせい》が、咲輝さんは栄養のバランスが悪いっていってたから。だめかな」
 伊央は甘えるような表情で咲輝を窺《うかが》う。
「いいよ。私の知りあいが開いている教室があるから、そこにいくといい」
 伊央が作ってくれるのは嬉しいが、少し気恥ずかしくて咲輝はむずかしい顔で頷く。
「うん。ありがとう」
 すんなりと認めてくれたので、伊央は嬉しくなって咲輝にキスをした。
「きゃっ」
 遠子先輩が、びくっと首をすくめる。
 激しい風をともなった大粒の雨が、ジャングルに降り注ぐスコールのようにぼくらの頭上に落ちてきて、傘をバチバチと鳴らした。
「あっ」
 遠子先輩がまた叫び、傘を閉じる。そうして、割れたガラス戸から靴のまま部屋の中へ夢中で入っていった。
 床にしゃがみこみ、なにか拾い上げる。
「どうしたんですか?」
 後を追い尋ねると、手に黒い携帯電話を乗せて、唇を震わせながらぼくのほうへ差し出した
 うさぎのマスコットのストラップ。この携帯は、流人くんのだ!
 白いうさぎが赤く汚れている。目を凝らせば、絨毯に血溜まりの痕があった。
0




AutoPage最新お知らせ