2010/11/2

■なぜ今日本の国債投資は駄目なのか?  

日本郵政公社は、個人向け国債の新商品(総額500億円分)が5分で完売した、と発表しました。

5年ものという長期もので、利回りが年0,8%の固定金利型。

いわゆる定期預金などに比べて利回りが高く、それゆえ、人が殺到したようです。

今の利息なんて、微々たるものですよね。しかし、この国債。

それほどの、価値があるのでしょうか。

日本経済は景気の底が見えたと言いつつ、税制の失策、人口減少による消費の低迷、利息の少ない金融機関、国債に頼らざるを得ない財政赤字など、危機的状況です。

にもかかわらず、日本国民の多くはこのせっぱつまった危機を知らず、政府の金融改革も後手後手。

そもそもは、輸出産業すなわち原料を仕入れて、製品にするメカニズムが、80年代からの円高のジリジリとした円高進行、工場海外進出による空洞化で崩れてきたのが、発端です。

続いてバブル崩壊とそれに続く金融危機が追い打ちをかけました。

そこへ、アメリカのリーマンショックによる影響が、もろにきました。

ITによる経済効果は、焼け石に水です。

ITは、雇用吸収力があるので、栄えていますが、その分第一次産業は減少して、食料自給率の悪化などが、経済を基盤から揺るがしています。

他にも経済は、少子化と高齢化による財政収支悪化とアメリカ発のグローバリゼーションによる市場経済原理の徹底で、先細りです。

この為の対策は、一つは、労働市場における雇用の確保と、ベンチャーによる新たな産業の創出、地方分権による地域の活性化でしょう。

さらに、少子化と高齢化を本質的に変えなければなりません。

それには、待機児童の為の保育所の増設、育児休暇の整備、病児への医療、教育コストの削減などで、雇用人口を少しでもえ増やす手立てが考えられます。

しかし、どれも、遅々として進まないのが現状です。

インターネット普及によって、社会の風通しが良くなって、それらは可能に見えますが、やはり、進まない。

人口が少なくなった分、外国人の永住許可をしやすくすればいいと言うのですが、外国人の犯罪増加や地域住民の軋轢など、課題が山積していて、これも進みません。

これらの課題の解決のためには、リーダーシップを持った政治家が出るのが期待されますが、今のところ出ても、独裁者が出そうなリスクはあります。

見込みのない国債に群がる位ですので、日本人の知性は劣化しています。

ゆとり教育先世代が、社会に出てくると、それはますます、ひどくなります。先行は、暗いのではないでしょうか。

0

2010/11/1

■国債投資の本来のデメリットとは  

国債投資にも、投資というからにはデメリットがあります。

よくある株のデイトレーディングなどと比べると、利率は、きわめて低いです。

解約可能とはいえ、長期投資があくまでも前提。

ゆえに、購入後1年経たないと額面での解約は、不可能です。

あまり考えたくもないですが、国が破綻する事態も、無いではないでしょう。

無いと思いたいですがね。

あの、アメリカがこけただけで、危ないので、今後もまずい気がします。

それに、外資の流入がひどくて、乗っ取られそうです。

日本経済は。あらゆるメディアに書かれているのですが、必ず戻ってくると言うのは、思い込みだという話もあります。

平成20年度現在、公債残高553兆円にもなるのですよ。

しかも無担保に、国民は国にお金を貸しているのですよ。

しかも国策で、金融機関が、盛んに国債のキャンペーンをしています。

ペイオフ制度で、預金や貯金のように返してくれるお金が1000万円まで保障されているのと違い、国債は国に無担保で貸すお金なのです。

極論を言えば、日本にはざっと70くらいの銀行があるので、資産7億円までなら、1000万円ずつ、分散しておけばいいのです。

なんでしたら、スイスの銀行もあります。

マネーロンダリング有名ですね。平成15年以降、完全オンライン化。デジタルなデータだけ。

いにしえの戦時国債のように、棒引きされて、簡単にパソコンのデータ消去のように...そう考えると怖いですね。

財務省のホームページの奥の奥のほうで発表している、公債残高の累増のグラフは、恐ろしい図です。

そんなの、中学生でも見たらやばい、ってわかります。トップページから余程執念深く探していないとわかりません。

国債公債残高とグーグルで検索しても、いけるのですが、Forbiddenと書いたエラーメッセージが出てくるのです。

トップページからのルートは、きわめてわかりにくくしてあるものの、いけるのに。

なんだか中国の情報操作みたいですね。こういうのを見せたら、国債を買ってくれる人がいなくなるのを財務省は、わかっているのですね。

世界的な不況で、日本経済も景気の底というのに、なぜこんなリスキーな金融商品を買うのでしょうね。

国債は、政府が借り手を、個人をターゲットにしているのですよ。そんなの、新聞を読んでいたらわかりそうなものです。

小口で1年の短期商品だから気軽。

という謳い文句に、少し知的でない人は、引っ掛かるのですね。近い将来、国債が売れなくなるのは、自明の理かもしれません。


0

2010/10/31

■国債投資の本来のメリットとは?  

国債のメリットは、国債のメカニズムを考えると、わかります。

なんといっても、国家に対する貸し付けなのです。かなり安全な投資ではないでしょうか。

日本が倒産するなど、幕末以来なかったです。

この安全の根拠となる、国債の信用度。民間の機関による格付けもされています。

その格付けは、低いほうではありません。返済能力は高い、イコールきちんとお金を返してくれるのです。

そうした分析もされています。

加えて、国債は、民間の金融機関の金利が変動しても、元本の正味の値段は変わりません。

預金の利率は、平成以来、すごく下がっているのに。

だから、デフレスパイラルの続く昨今には貴重ではないでしょうか?

ただし、景気が良くなって金利が上がったとしても、正味の価格は同じです。

その場合は、少し損ですが。

さらに、国債では、年率0.05%の最低金利が保証されています。

それは、今後もデフレスパイラルで金利が下がっても、0.05%は大丈夫なのです。

なお、金利の上限はありません。

1万円から始められるので、個人的には買いやすいのも魅力の一つ。

そんな個人向け国債は、普通の銀行口座とは全く別に管理されます。

普通の預金と一緒に扱われると、ごっちゃになってしまうので、銀行においても、わざわざ国債のために国債の振替口座開設して、管理します。

この国債の口座は、無料で管理してもらえます。

加えて、国債の紙面はありません。完全オンラインです。

ですので、管理の手間もなく、安全です。

今多い金融機関の破たん。国債を預かってもらっていても預金は全額保護されます。

利子や元本が受け取れなくなることはありません。

さらには、個人向け国債と通常国債を比較して分かるメリットがあります。

購入単位が小さいのもいいです。

通常国債は5万円からしかありませんが、個人向け国債にすれば1万円からです。

種類が非常に豊富で、流通量が非常に多いです。

取り扱い金融機関が豊富なので、便利。おまけに銀行よりも有利な利率です。

今の預金の利子は、泣きたくなるくらい少ないですね。

昭和のころと比べると、考えられないくらい低い。

お金が急に必要になったとしたら、満期になる前に売って、現金化もできます。

安全で有効な投資ですよね。

現金化は、個人向け国債の場合は財務省が買い取ります。

10年変動タイプですと利子2回分、5年固定タイプですと利子4回分が税込みで返還されます。

だから、買いやすくもなっています。

途中で解約しても、きちんと利子をつけて、返してもらえるのです。

0

2010/10/30

■国債とは?  

国債とは、国が発行している債券です。まず、国債の額面金額を下回る価格で発行されます。

そして、利子は半年に1回支払われ、元本は満期時に還されます。

割引国債の場合のみ、途中での利払いは無く、満期時に国債の額面金額で還されます。

平成10年12月以前に発行された国債券面に、繰上償還を行う場合がありうる。

と記されています。が、実際問題、前もって決められた償還日より前に、繰上償還はありません。

国債には、大きく分けて、固定利付型と変動利付型があります。1万円単位で購入できます。

だから、手軽に始められます。

半年ごとの利子が、決まった額・変動する種類のもの。

加えて、固定利付債には、満期が2年・5年・10年・20年・30年・40年の固定利付国債があり、変動利付債には、満期が15年10年変動型個人向け国債、加えて元本が変動する満期が10年の物価連動国債があります。

物価連動国債は、個人が買えません。

最近は、新窓販国債なるものが、出てきました。

新窓販国債とは、平成19年より開始された国債です。

これは、今まで、郵便局のみで行われていた一定期間、一定価格での委託販売方式を、民間金融機関も取り扱うようになったものです。

新窓販国債にも、2年利付、5年利付、10年利付と、期間が分かれています。

国債は、満期・利子以外の分類で、建設国債(公共事業費の財源の確保)、特例国債(不足する財源のためイレギュラーに発行される国債)、借換国債(各年度の国債の償還のための国債)など、国家予算を補うためです。

国債の種類で、商品バリューや信用力は、変わりません。

国債は、何と言っても、国が元本・利子の支払いをしています。

国が半年ごとの利子と満期時の元本の支払いを約束しているので、安心感があります。

今は完全にオンライン化されていて、無券面発行なので、証券の管理の必要がなく、利子や元本の受取りを忘れる心配もありません。

加えて、国債は購入金額に上限がありません。

ですから、資産管理のための資金分散にうってつけです。

財産を守ります。なお、金融機関によっては、個人向け国債買付のための買付手数料、預ってもらうための口座管理料は無料になります。

一定額をここへプールすれば、しっかり守れるので、ペイオフ対策にいいでしょう。

各金融機関に1000万円ずつ分散しても、まだ足りない分は、国債を買っておくという選択もあります。

極論すれば、日本の銀行は70ほど。×1000万円で7億円(!)から、はみ出る分は、国債にしましょう。

1

2010/10/30

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ