2013/3/17 | 投稿者: konkichi

最近用話題になってるこれって・・・
会社設立には費用が必要ですが、その費用を抑えて設立できる方法があります。それは新会社を合同会社として設立するものです。通常、株式会社は設立時の定款は公証人役場で認証をしてもらう必要がありますが、合同会社の場合はこれが不要です。これだけでも5万円の節約になります。さらに株式会社の登録免許税は15万円ですが、合同会社は最低費用が6万円となっており、これでしめて14万円の節約になります。
会社設立の目的はなんでしょう?もし共同で営利を目的とする事業を営むのであれば、有限責任組合(LLP)という手段もあります。これは法人格を持たないが、出資者が出資額までの責任を持つ有限責任組合です。また、法人ではないので法人税がかかりません。ただ、パススルー課税と言って、組合自体には税金がかからない代わりに、出資者に直接課税されます。出資は個人法人にかかわらず可能で、構成員は株式会社と違い、最低2人以上が必要です。会社設立時は資金が潤沢なわけではありません。そうした場合に頼りになるのが国の助成金です。助成金は原則返還の義務がないので、経営が安定するまで非常に有力な経営サポートになります。中でも一番助成金で高額なのは、「創業、または新規事業立上げの雇用」に関するものです。これは1人につき6ヶ月ごとに70万円×2回(最大5人分まで)助成されるものです。新規雇用を掘り起こす手段として雇用保険から助成金が支給されています。
会社設立の手続に関して「定款の電子認証」というものがあります。従来は紙ベースの定款認証でしたが、電子認証で公証人にしてもらうと印紙代4万円が不要になります。ただ、気をつけたいのは自分で電子認証をしようとすると、ソフトなどの費用が印紙代4万円また、地方によっては公証人が電子認証に対応していない場合もあるので、事前に確認が必要です。
子(12以下)育て中の女性が会社を設立する場合に助成金が支給されます。その名も「子育て女性起業支援助成金」です。これは「子育て中の女性が5年以上の雇用保険の被保険者期間を有していた」場合に対象です。助成内容は「自ら会社を設立又は個人事業を開始し、法人等設立の日から1年以内に継続的に雇用する労働者を1名以上雇用した場合に支給され」るというものです。この助成金を支給されるには重要なポイントがあります。それは法人設立前日までに事前届を提出しておくことです。これが提出されていなければ助成金は支給されません。
いろいろな利用の仕方があるんですね。
0

2013/3/17 | 投稿者: konkichi

この前知り合いから聞いたんですが、
では自分で作れる地図の素材にはどのようなものがあるのでしょう?自由に加工できるものとしては、フリー素材で白地図が使いやすいと思います。白地図とは日本全土の形や都道府県の形以外は何も描かれていないものです。インターネットで検索すると無料で地図イラストを配布しているサイトを簡単に探すことができます。
では地図イラストを利用するにはどうしたらよいかというと、インターネットなどからフリーの地図素材を探してきます。オリジナルな地図を作る場合は、白地図を利用すると良いと思います。白地図とは日本全土や都道府県の輪郭以外は何も描かれていない地図なのでフリーの素材であれば自由に編集することができます。それでは、オリジナルの地図を作ってホームページやブログにアップしたい場合、どんな地図を利用すればいいのでしょう。まずは、インターネットなどで日本地図イラストなどと検索しフリーの地図素材をダウンロードしましょう。地図は白地図などが編集しやすいと思います。
それでは、オリジナルの地図を作る場合どのような地図素材を選べばいいのかというと、自分で必要な情報を入れる訳ですから白地図がいいと思います。白地図は日本の形だけのものや各都道府県のものなど様々あります。インターネットでフリーの日本地図イラストなどで検索すれば見つかります。最後に、最近の地図関連の傾向を紹介します。それはインターネットの地図サービスを利用することです。有名なのがGoogle MapやALPSLABです。これらのサービスを利用して目的の場所の地図にリンクさせたりできます。また、その地図上にオリジナルのデータを重ねて表示したりできる機能もあるので是非利用してみてください。
ってそんな事の知ってましたか?
イオンカードで海外旅行保険
0




AutoPage最新お知らせ