年齢によって変わる運動  

年令によってダイエットの考え方というのは変わってくるそうです。
例えば20〜30代の女性はダイエットというと、脚やせや二の腕等そういったなるべく美しく見せるという事に気を使います。
しかし40〜50代の女性になるとそれが大きく変わってきます。ダイエットといってもそういった綺麗に見せる前に健康を維持するためにといったことに変わってくるのだそうです。
確かに、綺麗に見せたいという気持ちはなくなってはいないのですが、それ以前に健康
これに気を使い出してダイエットをしたいということらしいのですね。
実際にジムに行ってみればよくわかりますが、年齢によって運動している器具が全く違ったりします。
脚やせしたい人はずっとウォーキングマシンで歩いている人が多いですが、健康のためにとなるとバランスを考えていろんな器具を使い少しずつ運動しているという感じです。
若い人は確かに部分痩せのほうがいいでしょうし、実際に綺麗に見せたいという気持ちもわかります。
しかし、運動することによって目には見えないですが健康が維持できるということがあるのを考えて運動してもらえれば結果的にダイエットにも成功するのではないかなと思う今日この頃です。
0

基礎代謝の年齢  

年齢とともに人間の基礎代謝量は落ち込んでいきます。20代はまだまだ基礎代謝は高いし運動も多くするのでそこまで気にすることはありませんが実はそこが大きな間違い
30代にはいると基礎代謝量は次第に落ちきてきて平均して32〜33歳ぐらいでしょうか、実際に落ちたと実感できるようになってきます。
実はそれまでにうまく毎日の食事の量などを考えて調整していないと気がついた時にはあっという間に体重が増えているのです。
まさか・・・そんな・・・って感じるかもしれませんがその気持もすごくわかります。実際に私もこの年令になるまでは同じ事を思っていましたから。
実際に体重の増加はなんとなくわかるようになってきます。絶対的にわかるのはパンツのサイズが合わなくなってきた時・・・
これはすごくわかります。それから基礎代謝の事を気にしだしたり、脚やせなどそういった事を考えだしたりするのです。
男性はどちらかというとお腹によく肉がついて女性は太ももや下のお腹によくお肉が付くようになります。
まだ20代の女性や30代に入ったばかりの女性はこういったことも少し頭の中に入れておいて、これから調整することも視野に入れておけば
気がついた時には遅かった・・・ということはなくなると思います。
0




AutoPage最新お知らせ