里芋・山芋の保存方法  

いも類が旬を迎える秋にあって、里芋、山芋はその代表格と言えます。一年中食べられるじゃがいも以上に、秋野菜としてのイメージが強いのがこのふたつでしょう。いずれも粘り成分のムチンがあり、それが滋養強壮の要因となっています。
ポリピュア

里芋は、にっころがしにして食べることが多いですね。
筑前煮などが有名です。
一方、山芋はすりおろしてとろろにして食べることが多いです。
精力の付く食材として非常に有名ですね。
てんぷらにしても美味しいです。

そんな里芋と山芋の保存方法は、共に冷蔵庫では保存しないという点で、じゃがいもやさつまいもと共通しています。
共に湿気に注意する必要があるので、新聞紙で包んでおきましょう。
直接の日光は避けて、温度の低い冷暗所で保存しておくと長持ちします。
いずれも、じゃがいもとそれほど大きな差はありません。

ある程度長く保存させるには、工夫が必要です。
有効なのは、おがくずに埋めておくという方法です。
これで長期的に持ちます。

ただし、カットした山芋の場合は非常に劣化が激しく、あまり長持ちはしません。
切り口をラップで包んで冷蔵庫に入れるという保存方法が一般的ですが、これでも1週間が限界です。
自然薯の場合は、包丁を使わずに手で折って、小口にしてからラップで包み、保存するようにすると良いでしょう。

里芋、山芋は冷凍保存も有効です。
里芋の場合は、冷凍食品でも多く見られるくらい、冷凍との相性が良い野菜です。
山芋は、とろろにしてからフリージングパックに入れるのが一般的です。

0




AutoPage最新お知らせ