2012/6/4

免疫療法と胃癌  

癌免疫療法は現代の最先端の医学と言ってもいいでしょう。したがって、免疫療法の内容もだんだんと進歩しているのです。
頭皮シャンプー

胃癌になった時の治療法として免疫療法が適しているという研究もあります。
胃癌で利用される免疫療法は樹状細胞療法と呼ばれるものです。
樹状細胞は体内の癌細胞を見つけ出す役割をする細胞です。
樹状細胞自体には免疫力はありません。
しかし、樹状細胞が発見した癌細胞に対して免疫力を持つ白血球やリンパ球が攻撃するのです。
このようにして樹状細胞が全身の癌細胞を発見していきます。
そして、他の部位に転移した癌を治療することができるのです。
もちろん、免疫療法がすべての人に効果的かというと、そうではありません。
現代の実績としては約3割の患者で効果があったということです。
癌の治療として免疫療法を選択しようと考えるのであれば、効果がその程度であるということは理解しておかなければなりません。
免疫療法の特徴としてはいくつか挙げられます。
ひとつは副作用がないということです。
癌の治療である化学療法や放射線治療ではいろいろな副作用があります。
特に化学療法の場合は免疫力を弱めてしまうことになりますから、そのための副作用が大きいのです。
それから、樹状細胞の特徴として全身の癌細胞に効果があるということです。
転移した癌を見つけてくれるのです。
そして、同じ癌が再発した時も樹状細胞の効果によって、速やかに抑えることが可能なのです。
通常の治療ができない状態の患者の場合に免疫療法が取られることが多いようです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ