2012/6/12

「ベジタブル盆栽」とは?  

野菜の苗を盆栽のように寄せ植えして、観賞用にしたものを「ベジタブル盆栽」といいます。それでは、初心者でも簡単に作ることができる「ベジタブル盆栽」の作り方を紹介します。
アルソック

材料は、ブロッコリーやイタリアンパセリ、ローズマリーなどのハーブ苗や野菜の苗、山苔、炭、Uピン、石やビー玉などの飾り、食器などの器です。

作り方は、まず、苗に付いている土を流水で洗います。こうするとことで、土の中に潜んでいる虫の卵を除去できます。洗うときは、根が傷つかないように注意してください。次に、苗の位置を決めます。ポイントは、植物は太陽の方向を向いている角度がもっとも美しいため、その位置を見つけて植えましょう。苗を植える位置が決まったら、苔を食器へ裏向きにして敷き、そこに炭と苗を置きます。炭は水を腐らせない効果があるので、“防腐剤”の代わりになります。そして、苔で苗を包んで、Uピンで止めます。最後に、石などの飾りをアクセントに置き、剪定して形を整えたら完成です。

水やりは、コップ1杯の水を1週間に1回で良いです。できれば、ミネラルウォーターなどを使うとよく育ちます。光は日光に当てなくても、蛍光灯の光で十分です。

家にあるお好みの食器を使って、眺めても良し、飾ってもよし、そして食べることもできるベジタブル盆栽を作ってみてはいかがですか?かわいくデコレーションすれば、子どもさんも喜びますし、野菜もおいしく食べてくれるはずですよ。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ