ニット帽の作り方  

ショップには色々な帽子があり、自分に合った帽子選びも楽しいものですが、手作りが好きな人なら、帽子も手作りしてみてはいかがでしょう。
キューサイ青汁

自分で作る帽子なら生地や素材、デザインまで好みのもので仕上げることができますし、手作りした帽子はかぶるのも楽しいですよね。

編み物が好きな方なら、冬の定番「ニット帽」を作ってみましょう。
毛糸は太さやカラーが豊富に揃っています。同じデザインでも、毛糸の種類によって印象が違うので、いくつか作ってみても楽しいですよね。
ニットは収縮するので、フリーサイズで作ることができる点も嬉しいですよね。

基本的な作り方を覚えておきましょう。
まずは鎖編みをして108目拾って輪にします。
10段目までゴム編みで編み、その後50段ほどメリヤス編みでまっすぐに編み上げていきます。高さが20cm程度になるようにしましょう。
一番上は、引き抜きはぎをして合わせます。
そのままでもシンプルで良いですが、両サイドにボンボンを作って付けても可愛いですよ。
ボンボンは簡単に作ることができます。
まず、作りたい大きさに切った厚紙を用意します。
中央部分に切れ目を入れて、毛糸をくるくると巻いていきます。
巻き終わったら、真ん中の部分をきっちりと結び、リボンのような形にします。
両端をハサミで切り、毛糸1本1本を立ち上げるようにして、飛び出た毛糸はカットして、綺麗な球体になるように整えて完成です。
巻きつける量によってボンボンの印象が違うので、びっちりしたボンボンにしたい場合は巻きつける量を増やしてみましょう。

0




AutoPage最新お知らせ