2013/5/21

避妊のテクニック  

避妊のテクニック

避妊とは技術や方法、避妊具などの道バイアグラ100mg*30錠具、避妊薬などの薬、手術などなんらかの手段を用い、受精もしくは受精卵の着床を妨げて、起こりうる妊娠、望まぬ妊娠を避けることの総称である。

避妊用女性ホルモン剤のこと。経口避妊薬(OC)とも呼ばれる。これを女性が服用することにより人工的に排卵終了後の黄体期と同様な内分泌状態を持続させることで排卵を停止させる。正しく服用した場合の避妊の確率は非常に高い。
避妊以外にも生理時期の調整や月経困難症(生理に伴う重い症状)の緩和、子宮内膜症の治療などに使われるが、人により血栓症、肥満などの副作用が出る場合もあるので注意を要する。
かつては中用量ピルが用いられていたが、副作用のリスクの低減を目的として低用量ピル、超低用量ピルなどが開発され、海外では主流となっている。日本では治療目的の中用量ピルが認可されており、1998年に避妊目的の低用量ピルが認可されたが、超低用量ピルは未認可のため、避妊用としては低用量ピルが主流になっている。
0

2013/5/21

避妊薬のいろいろ  

避妊薬のいろいろ

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つが含まれ、これにより排卵を抑制する。避妊の機序 排卵の抑制 子宮頚管粘液の性KKK超強力催情水状の変化(精子の子宮内侵入を抑制) 子宮内膜の変化(受精卵の着床抑制)である。正しく服用した場合、妊娠の確率は避妊手術や子宮内避妊用具 (IUD) 装着と同じレベルの避妊効果が期待できる。パール指数(避妊確率)は経口避妊薬で0.3%、避妊手術で0.1%-0.5%、薬剤添加IUDで0.1%-0.6%である。避妊以外にも、生理周期の変更や月経困難症(生理に伴う重い症状や大量の月経血)の緩和、子宮内膜症の治療などに使われる。かつては中用量ピルが用いられていたが、副作用のリスクの低減を目的として低用量ピル、超低用量ピルなどが開発され、海外では主流となっている。日本では治療目的の中用量ピルが認可されており、1998年に避妊目的の低用量ピルが認可されたが、超低用量ピルは未認可のため、避妊用としては低用量ピルが主流になっている。

ピルはコンドームなどと違って、避妊効果が得られていることを実感できません。ビルがほんとうに効いているのか確かめることができないので、不安に思われることもあるでしょう。しかし、ピルを飲んでいれば、排卵が起きませんからほぼ完璧に避妊できています。 ピルによる避妊も確かに完璧ではありません。しかし、ピルのことをよく知れば、より完璧な避妊に近づけることができます。また、飲み忘れがないように正しく服用すれば、避妊失敗率は非常に小さくなります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ