2013/2/19 | 投稿者: タリタリ

その内『PL学園の寮めし』などもでるのではないかと思ってしまう
英才教育寮メシ・レシピシリーズである。

ラ・サールは鹿児島にある中高一貫教育の男子校であり、
日本有数の進学校。
生徒の約半数が寮生活を送っている。

わが子を秀才にしたい、栄養バランスのとれた食生活にしてスリムかつ
頭のいい子に育てたいと思う親御さんなり、これからの季節
受験の無料エロ動画展示館として、買う人もいるだろう。

そんな中、周りに何人かのラ・サール卒業生が居たので、
この寮めしの実態はどうだったのか、聞いてみた。
本の表紙となったビビンバが出てきた世代は2人だけだったが、
どの人も九州出身でなかった事や、寮生活というものに
馴染んでいなかったせいか、

味付けが濃い。(聞いた人のほとんどは関西)
沢山の人数に盛り付けるためか、もう既に
さめているおかずを食べる時は落ち込みそうになる。
当たり外れが激しい。

ちなみに表紙のビビンバ丼は、どの人に聞いても
『これは当たりな方なんじゃない?』という意見だった。
とんでもないおかずはというと、黙ったまま。

カロリーや栄養バランス重視もあるだろうし、
何せ大人数の生徒の寮の食事を管理しなければいけないのだ。
その当たりは、完璧に美味しいというわけにはいかなかったのだろう。

その中でも、家庭でつくれて、おのおのの家庭向けにアレンジすれば
美味しいと思えるレシピが入っているのではないか、
というのが卒業生の意見だった。

こうした意見もふまえて、レシピ本を買うのもいいかもしれない。
1

2013/1/17 | 投稿者: 森様

結局、あまり段々とパソコンというものが普及しなくなってしまって、挙げ句には若い女性たちがスマホというものに格好良さも含めて飛びついたということになってしまうのでしょうか。

どうでしょうか。
従って若い女性は、家にパソコンなどがないという人も段々と増加傾向になっているのではないでしょうか。

大体これも民主主義の時代であり、若い女性たちの部屋がパソコンがなくても格好良さ、体裁を維持出来るものであれば簡単にそっちに傾倒してしまうものなのではないでしょうか。

現在若い女性に支持されていないのがこのパソコンなのです。
そしてノートパソコンを電車の中でと言ったら、もはや若い女性にとってはオジサン臭いビジネスマンのイメージがこびり付いてしまっているのではないでしょうか。

もう若い女性たちから電車の中のノートパソコンなど、新聞見るオジサンのように古くさく見捨てられてしまった訳です。
パソコン離れに歯止めが利かなくなってしまっている訳です。

しかし、それが逆にスマホばやりに拍車をかけている訳ではありませんか。
この事態、ひょっとしたら最終的に私にとってパソコンの必要な機能はインターネットだけだったと言っているようではありませんか。
0




AutoPage最新お知らせ