2011/4/5 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2011/4/5 | 投稿者: masp1027



現在、多額の借金を負っています。


とても返済できる額ではないので、
家族と相談した結果、
自己破産して一からやり直すことになりました。


子宮筋腫改善マニュアル


しかし、破産手続について調べてみると、
破産者の持っている財産はすべて競売されて、
債権者に配当されるといいます。 


私の愛車はもう10年以上も乗り回していますが、
処分されて換金されてしまう運命なのでしょうか。


◆アドバイス


破産手続が開始されると、
債務者の財産は競売などによって換金されて、
各債権者の債権額に従って配当されるのが原則です。


ただ、自動車については、
ローンが組まれていることが多いとか、
減価償却が比較的速く換価しにくいといった特殊性があります。


そのため、扱いが異なってきます。


まず、債務者の保有する自動車のローンが、
まだ残っているケースから考えます。


超人気エロ漫画


自動車をローンで購入すると、
通常は、自動車の所有権はローン会社に留保されます。


そのため、破産手続開始が決定されると通常、
ローン会社は契約約款に従って自動車を引き上げていきます。


次に、すでに自動車のローンを支払い終わっているケースを考えます。


ローンが終了しているので、
自動車の所有権は債務者にあります。


そのため、破産管財人は自動車を処分して換価することができます。


ただ、自動車がかなり乗り回されていて、
処分しても大した価格にならないこともあります。


そのような場合は、処分の対象とはされずに、
債務者はそのまま自動車を保有することができます。


あなたのケースでは、
10年以上も愛車を乗り回しているので、
そのまま利用できる可能性があります。



お小遣い稼ぎ
0




AutoPage最新お知らせ