保健師に活きる資格  

福祉高齢化時代といわれている昨今、保健師の需要は年々増加の一途を辿っています。
その職場は、医療機関だけでには留まらず、民間の一般企業や保育園、幼稚園といった教育機関にまで及ぶところです。

保健師としての業務は、そこに集う人々の健康管理や相談に乗ることですが、保健師としての知識以外に、人々の健康や身体に関する知識や技術を持っていると、それがとても役立つことになるでしょう。

保健師は、看護師の免許を取得していることが前提となっています。
ですので、そのほかの介護に関する資格や、リハビリテーションに関する資格を取得していくのがいいでしょう。

これらの資格は、たとえば看護師国家試験/理学療法士・作業療法士国家試験といったように、厚生労働省が認可する国家試験を受験し合格することで、取得できるようになります。
複数の資格を持つ保健師は、就職活動を有利に進めることができます。
実際に求人情報を探しているのであれば、「保健師の求人募集探しナビ【岩手】」といったサイトが参考になるかもしれません。
0

看護師にビタミンC  

毎日が仕事に忙殺されている看護師は、自分の健康に対して手が届きにくいということがあります。
看護師自身が健康でいられなければ、患者さんを看護することができません。

ですので看護師は、自分の健康にも患者さんと同じように注意するべきでしょう。
数ある栄養素の中で、ビタミンCは特に有名ですが、その効能については意外と知られていないかもしれません。

ビタミンCの代表的な機能といえば、酸化を防ぐという働きです。
これは、タバコや紫外線やストレスなどによって発生した活性酸素によるダメージから、身体の老化を防ぐといったことにつながります。

また、コラーゲンを合成してくれるので、美しく健康な肌を作るのにビタミンCは欠かせないといえるでしょう。
このビタミンCの摂取が足りないと、疲労感や食欲不振や不眠症といった弊害が出てくるといわれています。
ですので過酷な労働をしている看護師は、日頃から意識してビタミンCの摂取に心がけるのがいいでしょう。
0




AutoPage最新お知らせ