大音量のアラーム  

大音量のアラームを鳴らして車の盗難を防止すると言う盗難グッズを使われている方は多いことでしょう。このアラームですがなかなか大音量が鳴りますので騒音といってもいい位の音が鳴ります。実際にアラームが鳴った場合は車の所有者よりは周囲にいる第三者の方が気付くと言う場合が多いと思うのですが、誰かが気付く事で犯人が盗難しづらくなると言う利点も有ります。自動車にはクラクションが有りますよね。このクラクションは警報音とおなじ位の音量になりますから、クラクションが鳴ると言う事を危険や異常だと感じてくれるのです。ですので車の盗難対応策としましてはクラクションの音と連動して気付かせてくれるシステムを使うといいと思うのです。ではそれはどのような物かと言うと一例を言えば有るク車メーカーではイモビライザーと警報装置を連動させて利用できる装置を標準で装備させていて、施錠と解錠がおなじ方法で行わ無ければクラクションが鳴ると言う仕組みを導入しているのです。一般的には施錠と解錠はおなじ方法で行われますので、違法な方法でこじ開けようとした場合にクラクションがなって異常に気づくと言う訳です。でもこのようなシステムも万全では有りません。車に配線を這わせていますが、この配線を切ってしまう事でシステムが作動しなくなるのです。そうなると防犯対応策どころか逆に何の意味も持たなくなってしまいます。盗難対応策をするときは出来ればグレードが高い物を設置する様にして、手軽にシステムが壊されない様な物を使用する必要が有ります。

[広告]故障車買取 , タイミングベルト , トヨタ車 買い取り
0

盗難に対して気を付けているだけじゃ防犯  

盗難に対して気を付けているだけじゃ防犯はできません。自分自身で気を取り付ける事ができない部分は、視覚や心理的に訴えられて盗難される場合です。このような所をカバーするために警報や発光する盗難警報装置等を使用する様にするとよいと思います。ダミーの装置を置いておくだけでも防犯対応策をしてると思われて敬遠される場合があって、防犯効果があるときも有りますので、可能なかぎりやっておくといいと思います

日常生活において、車の取扱いにちょっと気を取り付けるだけで車の盗難を予防できるかもしれません。

路上駐車を止める

路上駐車ってなかなか車の盗難に運悪く会う危険性が高い場所だそうです。道路沿いに止めてあるので、レッカー車を使用して無理やり盗難される可能性も有るのです。又、人に見られても怪しまれないで盗難する方法もあるようですので、出来ればきちんとした駐車場に止めておいた方がいいと思います。まぁ本来路上駐車は交通法違反に当たりますので、やらないようにしなければいけません。

車内に置く物を見極める

車の中はプライベート空間ではありますが、金庫と言う訳ではないです。いつ誰が狙っているか分かりませんので、車内にはクレジットカードやお金等を置かないようにしましょう。後は金銭類が入っていそうに連想される物、一例を言えばジャケットなら内ポケットにお金が入っていそうと連想できますし、カバンなら財布が入っていそうと連想できます。このような金銭類が入っていそうだと連想される物をできるだけ車内に置かないようにしましょう。

盗難防止グッズを使う

[広告]故障車買取 , トヨタ車 買い取り , タイミングベルト
0




AutoPage最新お知らせ