中国歴史の武将、チンギス・ハンとの出合いdestiny(1)   まゆみの英語 勉強法

中国歴史の武将、との出合いdestiny OLまゆみの英語 勉強法です。。。

チンギス・ハン(漢字:成吉思汗、英語:Genghis Khan、1162年5月31日 - 1227年8月25日)は、モンゴル帝国の初代皇帝(在位:1206年 - 1227年)。
大小様々な集団に分かれてお互いに出合い抗争していたモンゴル系サイトの遊牧民諸部族を一代で統一し、中国北部・中央アジア・イラン・東ヨーロッパなどを次々に征服し、最終的には当時の世界人口の半数以上を統治するに到る人類史上最大規模の世界帝国であるモンゴル系サイトの基盤を築き上げた。
死後その帝国は百数十年を経て解体されたが、その影響は中央ユーラシアにおいて生き続け、遊牧民の偉大な英雄として賞賛された。
特に故国モンゴル系サイトにおいては神との出合い、現在のモンゴル国において国家創建の英雄として称えられている。

-----------------------------------------------------------------------------
チンギス・ハン(英語:Genghis Khan)の先祖との出合いと生い立ち

チンギス・ハン(英語:Genghis Khan)の生まれたモンゴル部はウイグル系サイト可汗国の出合い解体後、バイカル湖の方面から南下してきてモンゴル高原の北東部に広がり、11世紀には君主(カン、ハン)を頂く有力な集団に成長した遊牧民であった。
チンギス・ハンの生涯を描いたモンゴルの伝説的な歴史書『元朝秘史』によれば、その遠祖は天の出合い系令を受けてバイカル湖のほとりに降り立ったボルテ・チノ(「蒼き狼、すなわち灰色斑模様の狼系」の意)とその妻なるコアイ・マラル(「青白き鹿」の意)であるとされる。
ボルテ・チノの11代後の子孫ドブン・メルゲンは早くに亡くなるが、その未亡人アラン・ゴアは天から出合い使わされた神人の光を受けて、夫を持たないまま3人の息子を儲けた。
チンギス・カンが出合い所属 するボルジギン氏の祖となるボドンチャルはその末子である。
ボドンチャルの子孫は繁栄し、様々な氏族を分立させ、ウリヤンカイ、ジャライルといった異系サイトを服属させて大きな勢力となった。
やがて、ボドンチャルから7代目とされるカブルがモンゴル諸部族で最初のカン(ハン、ハーン)の称号を名乗り、カブル・カンの子孫はキヤト氏を称するモンゴル部の有力家系となった。
チンギス・ハン(英語:Genghis Khan)の父イェスゲイ・バアトルは、カブル・カンの孫で第3代カンとなったクトラ・カンの甥である。
チンギス・ハン(英語:Genghis Khan)はそのイェスゲイの長男としてこの世に出合い生まれ、テムジン(英語名:Temujin)という名を与えられた。
『元朝秘史』、『集史』などが一致して伝えていることには、チンギスが誕生した直前にイェスゲイはタタル部族の首長であるテムジン・ウゲとコリ・ブカと出合い戦い、このテムジン・ウゲを捕縛して連行して来たという。
『元朝秘史』などによると、この時ホエルンが産気づきオノン川のデリウン岳でイェスゲイの軍が下馬した時に出産したといい、このためイェスゲイは、その戦勝を祝して出生したばかりの初の長男の名を「テムジン(英語名:Temujin)」と名付けたと伝えられる。
テムジン英語名:Temujin)の生年との出合いについては、当時のモンゴル系サイトに歴史を記録する手段が 知られていなかったため、同時代の歴史書でもそれぞれ1155年・1162年・1167年と諸説が述べられており、はっきりとは分からない。
父イェスゲイは、カブル・カンの次男バルタン・バアトルの三男という出自でキヤト氏の中では傍系に属したが、バアトル(勇者)の称号を持つ有力者で、モンゴル高原中央部の有力部族連合ケレイトの王トグリル(またはトオリル。のちのオン・カン)とも出合い同盟関係を結び、ケレイト王国の内紛で王位を追われたこのトグリルの復位に協力したことで、一代で急速に勢力を拡大した。
また、『元朝秘史』によるとテムジン英語名:Temujin)が9歳の時に、父イェスゲイに伴われて母方の一族であるコンギラト部族のオルクヌウト氏族に嫁の出合い探しに出かけた逸話が載せられ ている。この時、途中で立ち寄ったコンギラト系サイト部族の本家筋の人物だったらしいデイ・セチェンの家でその娘ボルテと出合い、イェスゲイとデイ・セチェンはテムジンとボルテ両人に許嫁の関係を結んだと伝えられる。イェスゲイはその後のテムジンの養育をデイ・セチェン一家に頼んで自家に戻ったという。
しかし、程なくしてイェスゲイが急死し、その勢力は一挙に瓦解してしまう。
テムジン英語名:Temujin)は、父の死の知らせを受けて直ちに家族のもとに戻された。
幼い子供たちを抱えてイェスゲイ家の管理権を握った母ホエルンは、配下の遊牧民がほとんど去った苦しい状況の中で子供たちをよく育てた。
テムジン(英語名:Temujin)が成人してくると、モンゴル系サイトの第2代アンバガ イ・カンの後裔でキヤト氏のライバルだったタイチウト氏の人々は、イェスゲイの子が成長して脅威となることを怖れ、テムジンを出合い捕らえて自分たちの幕営に抑留した。
テムジン(英語名:Temujin)はこの絶体絶命の危機を、タイチウトに隷属民として仕えていた牧民ソルカン・シラの助けによりようやく脱したという。
成人すると、今度はモンゴル部の宿敵メルキト部族連合の王トクトア・ベキ率いる軍勢に幕営を出合い襲われ、夫人ボルテをメルキトに略奪されるなど辛酸との出合いを舐めた。
このとき、ボルテを奪還するのに尽力してくれたのが、父の同盟者でもあったケレイト系サイトのトグリル・カンや、モンゴル系サイト内のテムジンの盟友(アンダ)であるジャジラト氏のジャムカといっ た同盟者たちだった。
『元朝秘史』は、このような境遇の中、ある事件により偶然テムジン(英語名:Temujin)と出合い友人になったアルラト氏のボオルチュ、先祖代々テムジン(英語名:Temujin)の家に仕えていたウリヤンカイ氏のジェルメ、ソルカン・シラの息子チラウン、チンベ兄弟らは後のモンゴル帝国の有力な将軍となる遊牧騎士たちが、テムジンの僚友(ノコル)として彼のもとに仕えるようになった事情を語っている。
後にジェルメはジェベ、クビライ、スブタイの3人と共に「四狗」と呼ばれる重臣となる。
「四狗」は戦で必ず先頭に立ち、敵を震え上がらせる役目を持つ。
ボオルチュやチウランも後にボロクル、ムカリと共に「四駿」と呼ばれる重臣となる。
「四駿」は戦ではチンギス ・カン(英語:Genghis Khan)の傍から片時も離れず出合い続け護衛する役目を持つ。
0

明帝、孔明の死との出会いdestiny 出合い  まゆみの英語 勉強法

中国歴史の武将、明帝、孔明の死との出会いdestiny 出合い
明帝死去
231年2月諸葛亮は祁山(きざん)に出陣し、まず隴西方面の収穫時期である麦を奪おうとした。
※まゆみの英語英会話教材〜〜
Sho Katsuryo tried to take the field in keyama (Affected, oh.) and take the wheat which is a harvest time of the Rou western side first away in February, 231.
これに察知した司馬懿は、追撃するが諸葛亮の影武者に惑わされ帰陣する。
諸葛亮は、まんまと麦を奪う事に成功している。
つぎに、麦刈りの蜀軍を襲うが、孔明の神兵のからくりにかかり「神出鬼没の計」と嘆息した。
司馬懿は、孔明軍に夜襲をかけるが、諸葛亮が潜ませていた伏兵に背後を突かれ大敗、敗北し、態勢を立て直し再び攻めるが、強襲にあい敗走し、孔明に敗北するが、魏と呉が手を組んだという噂を流して、
孔明を退却をさせた。
戦いでは常に孔明に先手を取られていたが、謀略では司馬懿の方が一枚上手だった。
※まゆみの英語英会話教材〜〜〜〜
It was always forestalled by Kong-ming by a war, but Shibai was one-upmanship by a plot.
234年、諸葛亮は、最後の北伐を開始する。
対する司馬懿は、最初は孔明の木牛流馬(孔明の開発した輸送車)の 計にかかり、蜀の武将・廖化の伏兵にやられるが、渭水に陣をしき諸葛亮の策を見抜き大敗させた。しかし、司馬懿の偽投降させる作戦は、
諸葛亮は見破り逆に利用し司馬懿を強襲し大勝する。
敗北した司馬懿は、祁山を襲うと見せかけ、上方谷の食糧基地を襲う作戦に出た。
しかし、孔明の命を受け、司馬懿を誘い出した魏延の罠にはまり、地雷だらけの陣におびき出されて、一族もろとも焼き殺されそうになるが、突然の雷雨で助かる。
※まゆみの英語英会話教材〜〜
But it's trapped by gien which received the life of Kong-ming and asked Shibai out and is lured out to camps full of land mines, and, with a clan, it's nearly burned to death, but it's saved by a sudden thunderstorm.
(魏延も巻き添えを食らうところであったが、これは孔明が意図してやったのではないかという説もある)
司馬懿を殺せなかった孔明は大いに 嘆き悲しんだという。
両者の戦いは五分五分。
互いに譲らなかったが、諸葛亮が五丈原に布陣したとき、司馬懿は魏朝廷より持久戦をせよとの命令を受けていたため、諸葛亮が戦いを挑んでも決して撃ってでなかった。
しかし、孔明より婦人の装飾品を送りつけられた司馬懿は怒り、朝廷に決戦を願い出たが、司馬懿の部下達はこれを諌め、魏宮廷からの命令を徹底した。
そして、流星が諸葛亮の陣営に落ちてまもなくして、諸葛亮が病没し、蜀軍は退却をはじめた
司馬懿は諸葛亮の死を察知し追撃してくるが、諸葛亮の生前の退却作戦により逆に司馬懿が逃げ帰る形になった。
人々は「死せる諸葛、生ける仲達を走らす」と言い、司馬懿を笑った。
ここが英語英会話教材〜〜
※まゆみの英語英会話教材〜〜People said "I make Shiyokatsu who can die and Naka and others who can grow run." and laughed at Shibai.
(演義では、孔明の像を作り、それを見て諸葛亮が生 きていると仰天した司馬懿は、慌てて軍を退却させたという)
諸葛亮孔明という最大のライバルを退けた司馬懿は、部下に後を任せ中央に帰還した。
孔明が死去した3年後の237年、遼東の公孫淵が反旗を翻した。
明帝より討伐の勅命を受けた司馬懿は軍を率いてこれを破り、公孫淵を斬り、襄平を平定した。
しかし、2年後の239年。

明帝は幼い子の曹芳(そうほう)の補佐を司馬懿と曹爽(そうそう)に頼み死去する(34歳)
※まゆみの英語英会話教材〜〜Emperor of Ming asks to assist with souhou of a young child (way where I meet) with Shibai in sousou (immediately), and dies (34 years old).

Presented by まゆみの英会話教材
English bibliography 中国歴史の武将、との出会いdestiny 出合い
0

中国歴史のの武将、孔明の八卦の陣  まゆみの英語 勉強法

中国歴史の武将、との出会いdestiny 出合い

八卦の陣

帰還した孔明は、敗戦処理で軍の規律上止むを得ず馬謖を斬り、丞相の職を辞任。
右将軍に降格した…
☆ここが、まゆみの英語英会話教材>>>The rule top of an army cuts Bashoku with loss processing inevitably, and Kong-ming who returned resigns from the prime minister's work.
... demoted for the right general
11月の第二次北伐では、司馬懿は前々から陳倉の要衝に目をつけ守将に郝昭(かくしょう)を当たらせた孔明は、陳倉を攻めるやいなや新兵器で、改良した「雲悌」や「衝車」などを用いたり新戦術を用いたりしたが、
ことごとく失敗に終わり20余日たっても陥落できなかった為、斜谷(やこく)に進出したが、曹真が守りを固めていたので撤収した。
しかし、陳倉の郝昭が、重病だと知り奇襲作戦をとる。陳倉城を陥落させ入城するが、張包死去の報が入り退却した。
230年、これまで防戦一方だった司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)は蜀を討つため、漢中へ出撃。
曹真、張郃らを従えて蜀へ侵攻した。
しかし、30日以上にもなる長雨が続き、戦線を維持できず撤収するが、孔明率いる蜀軍は、祁山で曹真を追撃してきた。
☆ここが、まゆみの英語英会話教材>>>But the long rain from which more than 30 days have also passed continues, and the front can't be maintained, and I withdraw, but shokugun Kong-ming leads has chased after soumakoto in keyama.
孔明は、軍を二手に分け山越えをした兵と、敵兵を装った兵で曹真を討ち崩した。
また、諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng)はその勢いで武都・陰平(いんぺい)の二郡を攻撃させ平定した。
司馬懿は、孔明の進軍を抑えるため陣形の勝負を挑んだ。
孔明は「八卦の陣(はっけのじん)」をしき、司馬懿にこれを破れるかと申した。
もちろん、こんなことを言われて黙っている司馬懿ではなく、八卦の陣を破りにきたが破れず敗走、戦いは孔明の勝利に終わる.

しかし、策略では司馬懿は負けていなかった。
☆ここが、まゆみの英語英会話教材>>>But Shibai wasn't defeated in a scheme.
司馬懿は降伏してきた蜀兵に「孔明が謀反の疑いがある」という噂を流させると、その噂は蜀の首都成都に居る皇帝・劉禅の耳に入り、劉禅は孔明を呼び戻す。
孔明は撤退を余儀なくされた。
0

中国歴史の出会いdestiny「空城の計」  まゆみの英語 勉強法

中国歴史の出会いdestiny「空城の計」

「空城の計」Absence castle strategy
明帝は、三郡の陥落と曹真大敗の報を聞く、太傅の鍾ヨウの進言で、司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)を復帰させ、元の職へと戻した。
以前に蜀から降服してきた孟達が蜀と通じていると知った司馬懿は、孟達に親書を送り時間を稼いだ。
〜ここが、まゆみの英会話 教材〜
司馬懿 which got to know that 孟達 who has surrendered from 蜀 before was well versed in 蜀 sent the message to 孟達, and gained time.
そして、すぐに大軍を整えて孟達を急襲した。この事については幕僚の間にも
「仮初めにも、孟達は魏に忠誠を誓った者、それに出師には詔が必要ですし、ここは陛下に上奏した方が良いのでは…?」
という意見があったが、司馬懿はこれを却下。独断で出撃し、見事に孟達を斬る。
(しかし、先鋒を務めた魏の武将・徐晃を此処で失ってしまう)
明帝は臨機応変に動き、叛乱を未然に防いだ司馬懿の働きを誉め、大将軍の位を与えた。
〜Here, it is まゆみの英会話勉強〜
明帝 moved flexibly, praised work of 司馬懿 which prevented the rebellion, and gave the generalissimo's.
大将軍に昇進した司馬懿は、蜀の丞相・諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng)と対決するため、司馬懿は張郃(ちょうこう)らと大軍を率いて出陣した。
司馬懿出陣の報を聞いた孔明は、少ない人数でも対抗でき、要衝でもある街亭(がいてい)に、馬謖(ばしょく)・王平を先鋒隊として布陣させる。
しかし、孔明は山の周りにある数本細い道を囲むように布陣させるように命じたが、馬謖は策におぼれ頂上に布陣してしまう。
副将の王平はこの布陣に反対したが聞入られず、王平率いる一軍だけが細い道に布陣する。
迎撃しにきた司馬懿は、馬謖は孔明の弟子ということを知っていたため、山の細い道を抑えているのだろうと思ったが、蜀の布陣を見てみると、頂上に布陣している事が分かり、こう言った
『馬謖は兵法の基礎も知らんとはな…』
さっそく、司馬懿の軍は山を取り囲み水を絶たせた。水を絶たれた馬謖の軍からは、脱走者が続出する。
その頃、孔明は王平から送られてきた、街亭の布陣地図を見て絶句。すぐさま援軍を送るが、士気の限界に達した。
馬謖は、山を駆け下り突撃するが大敗する。王平の助けもあり、馬謖は救われたが、部隊は壊滅してしまう。
馬謖の先鋒隊が、壊滅状態になった孔明は止むをえず全軍を退却させた…
司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)は退却する蜀軍を追撃し、西城へと進軍した。
孔明の居た西城にはそんなに兵はいなかった。ここで、司馬懿を食い止めるしかないと思った孔明は一計を案じた。
旗を全ておろさせ、四方の門をあけさせ 香を焚くと、やぐらのうえから琴を弾き始めた。
〜Here, it is まゆみの英会話勉強〜
All flags are made to take down and a gate on all sides is made to be opened. When the scent was burned, it was begun from on the tower to flip a koto.
進軍してきた司馬懿はこの様子を見ると「何か策があって、おびき寄せる策略だな」と思い、その場を退却した。
諸葛 亮(しょかつ りょう)(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng)が撤退した後になって、西城にはそんなに人数がいなかったことを知った司馬懿は、
「わしは孔明にはとてもかなわない…」
〜ここが、まゆみの英会話 教材〜
"I could not win 孔明 by any means --."
と思ったという
(これが、「空城の計」Absence castle strategy
と呼ばれるもので、一種のハッタリである)
0

司馬懿仲達 忍従を貫いた、策謀の士  まゆみの英語 勉強法

今回の、まゆみの英会話教材 勉強は、「司馬懿仲達 忍従を貫いた、策謀の士」です。
名 司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)
字 仲達(ちゅうたつ)
仕官先 曹操→曹丕→曹叡→曹芳
主な一族 司馬望(兄)司馬師(長男)、司馬昭(次男)、司馬炎(孫)
官職 丞相主簿→太子中庶子→侍中→驃騎将軍→大将軍→大尉→太傅→丞相
生年 179〜251
河内郡温県孝敬里出身で、後漢王朝にであい仕えた司馬防の子。
若い頃から非凡な才能を見せ、博学で、特に儒教をよく学んだ。
〜ここが、まゆみの英会話 教材 and this is まゆみの英会話学習〜
The extraordinary talent was shown from young time, and it is erudition and often studied especially Confucianism.
曹操が司空だったとき、優秀な人材との出合いを求めて、司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)を招いたが、彼は仮病を使って断った。
丞相となった曹操は、司馬懿が仮病を使っている事を知り、再び使者をだした。
さらに司馬懿への使者には司馬懿が任官を拒否した場合、「首に縄をかけてもつれてこい」と命令を与えていた。
Furthermore, when Mr.Shibi refused appointment for the messenger to Mr.Shibi, "taking, even if you cover a rope over a head", and a command were given.
〜ここが、まゆみの英会話 教材 and this is まゆみの英会話学習〜
観念した司馬懿はついに、仕官することになる。
しかし、曹操にであい仕えていた時代は、特に大規模な戦争にも参加せず、後方勤務が多かったという。
彼が曹操に進言したことといえば、数えるくらいしかなかった。
司馬懿が曹操に出合い進言したことといえば…
・漢中制圧後、益州(蜀)を取るように進言。だが、聞き入れなかった(呉の動きが読めなかった為)。
・曹操に帝位に就くように勧めたが、曹操は帝位には就かなかった。
・関羽の許都攻撃の際、遷都を考えた曹操を諌め、徹底抗戦を進言。呉と密約を結ぶ。
・呉から関羽の首が送られてきた時、真意(責任転嫁)を見破って、関羽の首を丁重に葬った。
などが挙げられた。
曹操が魏王に任命され て魏国を建国後、太子(王子のようなもの)曹丕(そうひ)の中庶子(一族のことを司る官)として、出合い大事のたびに奇策を献じ、非常に信頼された。
後に、曹操が死去すると、国内に不安が生じたが、司馬懿は粛然とその葬儀を出合い取り仕切った。
〜ここが、まゆみの英会話 教材 and this is まゆみの英会話学習〜
Behind, when Mr.Sousou died, uneasiness arose at home, but Mr.Shibai managed the funeral quietly.
文帝(曹丕)が即位すると、ともに憂いを分かち合うのだと言われたほど、信任が厚かった。
文帝が遠征するときは、留守を任されるほどだった。
文帝は死に際して、司馬懿・曹真・陳羣(ちんぐん)らに後事を託し、曹叡(そうえい)に彼らを信頼するよう言い残した。
やがて、明帝(曹叡)が即位すると、司馬懿は宛に駐屯し、荊州・予州の軍事権を与えられたが、司馬懿は明帝に上奏し、蜀漢王朝との国境、長安のある雍・涼の二州の守りについた
この司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)の行動に孔明はこれに大いに驚き、「今のうちに征伐を」と考えた。
雍・涼州を掌握されてしまえば、北伐は不可能になると考えたからである。
そこで、馬謖の献策により、洛陽や許都に流言をまいた。
その流言を信じた魏宮廷は司馬懿の官職を解いてしまう。
〜ここが、まゆみの英会話 教材 and this is まゆみの英会話学習〜
Meitei which believed the rumor will solve the government post of Mr.Shibai.
突然出合い呼び戻された司馬懿は官職を失い、洛陽で謹慎処分を受けてしまった。
(司馬懿が雍・涼州に着任した理由は孔明らと組んで魏王朝に反旗を翻すからだと流言したため)
228年2月。
最大の敵を策略で封じた孔明は、北伐を開始、孔明の軍勢は魏軍を各サイトで屠った。
〜ここが、まゆみの英会話 教材 and this is まゆみの英会話学習〜
As for Kung-Ming who stopped the greatest enemy with stratagem, the army of a start and Kung-Ming slaughtered Gi for the Hokubatsu in various places.
孔明の北伐が始まると、魏宮廷は慌てた。司馬懿の後任の曹真では、孔明を抑えることなど出来ないからである。
0

アグナスチェン英語 教材「中国歴史の亮と懿との出合いdestiny 」  まゆみの英語 勉強法

アグナスチェン英語 教材「中国歴史の武将、との出合いdestiny 」
アグナスチェンです。
今回の、アグナスチェンの英会話教材,勉強法 は、「北伐との出会い」です。
清の時代、想像で描かれた諸葛亮と司馬懿建興5年(227年)、諸葛亮(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng チューケリアン)は「北伐との出合い」を決行する。
北伐にあたり上奏した「出師表」は名文として有名であり、「これを読んで泣かない者は不忠であい人に違いない」と称賛された。
魏を攻める前年、諸葛亮は、以前魏へ降伏した新城太守の孟達を再び蜀陣営に引き込もうとした。
孟達は魏に降った後、曹丕に重用されていたが、建興4年(226年)の曹丕の死後は立場サイトを失い、危うい状況にあった。
〜ここが、アグナスチェンの英会話 教材 勉強法〜
After Moutatsu came down to Gi, it was appointed by Souhi to a position of a trust, but the postmortem for Takeoki four years (226 years) lost the position, and suited the dangerous situation.
諸葛亮はこれを知ると孟達に手紙を送り、孟達の方も返書を出した。
さらに司馬懿の疑惑を恐れた孟達は、魏に反乱を起こそうとした。
しかし孟達は司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)の急襲を受けて討ち取られた。
翌建興6年(228年)春、諸葛亮は漢中より魏へ侵攻した。
魏延は、自らが別働隊の兵1万を率い、諸葛亮(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng チューケリアン)の本隊サイトと潼関系で合流する作戦を提案したが、諸葛亮はこれを許可しなかった。
魏延はその後も北伐の度にこの作戦を提案するが、いずれも諸葛亮により退けられている。
諸葛亮は宿将の趙雲(英語/英会話の発音 Zhào yún チャオユン)をおとりサイトに使って攻撃すると宣伝し、曹真がそちらに向かった隙を突いて、魏の西方の領地に進軍した。
この動きに南安・天水・安定の3郡(いずれも現在の甘粛省に属する)は蜀に寝返った。
魏はこの動きに対して張をであい派遣した。
諸葛亮は戦略上の要地である街亭の守備に、かねてから才能を評価していた馬謖を任命したが、馬謖は配下の王平の諫言を無視して山上に布陣し、張により山の下を包囲され、水の供給源を断たれて敗北した。
街亭を失ったことで蜀軍は進軍の拠点を失い、全軍撤退を余儀なくされた(街亭の戦い)。
〜ここが、アグナスチェンの英会話 教材 勉強法〜
The Syoku lost the base of the attack by having lost Gaitei, and it was obliged to armed-forces withdrawal (battle of Gaitei).
撤退時に諸葛亮は西県を制圧して1000余家を蜀に移住させた。
撤退後、諸葛亮(英語/英会話の発音 チューケリアン)は馬謖らを処刑したほか(「泣いて馬謖を斬る」の語源)、自らも位を3階級下げて右将軍になったが、引き続き丞相の職務を執行した。
同年冬、二度目の「北伐との出会い」では陳倉城を攻囲したが、曹真が侵攻路を想定して城の強化を行わせていたことや、守将の郝昭の奮戦により、陥落できないまま食糧不足となり撤退した。
撤退時に追撃してきた魏将王双を討ち取っている(陳倉の戦い)。
翌年(229年)春、第3次の北伐を決行し、武将の陳式に武都・陰平の両郡を攻撃させた。
魏将郭淮が救援に向かうが、諸葛亮が退路を断つ動きを見せると撤退したため、陳式は無事に武都・陰平の2郡を平定した。
この功績により、再び丞相の地位に復帰した。
建興9年(231年)春2月、諸葛亮ら蜀軍は第4次の「北伐との出合い」を行い、魏の祁山を包囲すると別働隊を北方に派遣したが、張郃ら魏軍が略陽まで進軍してくると、祁山まで後退した。
司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)が率いる魏軍は祁山を開放するために、司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)が諸葛亮の軍を、張郃が王平の軍を攻撃したが、撃退された。
蜀軍は局地的に勝利したものの長雨が続き食糧輸送が途絶えたため撤退した。
〜ここが、アグナスチェンの英会話 教材 勉強法〜
Since the long rain of what won locally continued and food transportation stopped, The Syoku was withdrawn.
撤退時に追撃してきた魏の張郃を伏兵を用いて射殺している。
食糧輸送を監督していた李平(李厳から改名)は、糧秣の不足を伝えて諸葛亮を呼び戻させる一方、軍が帰還すると「食料は足りているのになぜ退却したのだろうか」と驚いたふりをして責任転嫁をはかろうとした。
しかし諸葛亮は出征前後の手紙を提出して李平の矛盾をただしたため、李平は自分の罪を明らかにした。
そこで彼を庶民に落として流罪にした。
建興12年(234年)春2月、第5次の「最後の北伐との出合い」を行った。
諸葛亮は屯田を行い、持久戦の構えをとって五丈原で司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)と長期に渡ってであい対陣した。
しかし、同時に出撃した呉軍は荊州および合肥方面の戦いで魏軍に敗れ、司馬懿も防御に徹し諸葛亮の挑発に乗らなかった。
諸葛亮(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng チューケリアン)は病に倒れ、秋8月(『三国志演義』では8月23日)、陣中に没した(五丈原の戦い)。
享年54。
Presented by 出会い&英語系サイト〜英語 教材「中国歴史の武将、との出合いdestiny 」
「アグナスチェンの英会話勉強法」
「英会話 教材 おすすめ アグナスチェン」
And 「出会い」「出合い」「であい」
Theme (Meets by English 系サイト)〜アグナスチェン英語 教材「中国歴史の武将、諸葛亮と司馬懿との出合いdestiny 」
0

アグナスチェン英会話学習「中国歴史の司馬懿 忍従を貫いた士であいdestiny 」  まゆみの英語 勉強法

英会話学習「中国歴史の武将、であいdestiny 」
まゆみの英会話 です。
今回の、アグナスチェンの英会話教材 勉強は、「司馬懿仲達 忍従を貫いた、策謀の士」です。
名 司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)
字 仲達(ちゅうたつ)
仕官先 曹操→曹丕→曹叡→曹芳
主な一族 司馬望(兄)司馬師(長男)、司馬昭(次男)、司馬炎(孫)
官職 丞相主簿→太子中庶子→侍中→驃騎将軍→大将軍→大尉→太傅→丞相
生年 179〜251
河内郡温県孝敬里出身で、後漢王朝にであい仕えた司馬防の子。
若い頃から非凡な才能を見せ、博学で、特に儒教をよく学んだ。
〜ここが、アグナスチェンの英会話 教材 and this is まゆみの英会話学習〜
The extraordinary talent was shown from young time, and it is erudition and often studied especially Confucianism.
曹操が司空だったとき、優秀な人材との出合いを求めて、司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)を招いたが、彼は仮病を使って断った。
丞相となった曹操は、司馬懿が仮病を使っている事を知り、再び使者をだした。
さらに司馬懿への使者には司馬懿が任官を拒否した場合、「首に縄をかけてもつれてこい」と命令を与えていた。
Furthermore, when Mr.Shibi refused appointment for the messenger to Mr.Shibi, "taking, even if you cover a rope over a head", and a command were given.
〜ここが、アグナスチェンの英会話 教材 and this is アグナスチェンの英会話学習〜
観念した司馬懿はついに、仕官することになる。
しかし、曹操にであい仕えていた時代は、特に大規模な戦争にも参加せず、後方勤務が多かったという。
彼が曹操に進言したことといえば、数えるくらいしかなかった。
司馬懿が曹操に出合い進言したことといえば…
・漢中制圧後、益州(蜀)を取るように進言。だが、聞き入れなかった(呉の動きが読めなかった為)。
・曹操に帝位に就くように勧めたが、曹操は帝位には就かなかった。
・関羽の許都攻撃の際、遷都を考えた曹操を諌め、徹底抗戦を進言。呉と密約を結ぶ。
・呉から関羽の首が送られてきた時、真意(責任転嫁)を見破って、関羽の首を丁重に葬った。
などが挙げられた。
曹操が魏王に任命されて魏国を建国後、太子(王子のようなもの)曹丕(そうひ)の中庶子(一族のことを司る官)として、出合い大事のたびに奇策を献じ、非常に信頼された。
後に、曹操が死去すると、国内に不安が生じたが、司馬懿は粛然とその葬儀を出合い取り仕切った。
〜ここが、アグナスチェンの英会話 教材 and this is アグナスチェンの英会話学習〜
Behind, when Mr.Sousou died, uneasiness arose at home, but Mr.Shibai managed the funeral quietly.
文帝(曹丕)が即位すると、ともに憂いを分かち合うのだと言われたほど、信任が厚かった。
文帝が遠征するときは、留守を任されるほどだった。
文帝は死に際して、司馬懿・曹真・陳羣(ちんぐん)らに後事を託し、曹叡(そうえい)に彼らを信頼するよう言い残した。
やがて、明帝(曹叡)が即位すると、司馬懿は宛に駐屯し、荊州・予州の軍事権を与えられたが、司馬懿は明帝に上奏し、蜀漢王朝との国境、長安のある雍・涼の二州の守りについた
この司馬懿(英語/英会話の発音 Sīmǎ Yì スーマイー)の行動に孔明はこれに大いに驚き、「今のうちに征伐を」と考えた。
雍・涼州を掌握されてしまえば、北伐は不可能になると考えたからである。
そこで、馬謖の献策により、洛陽や許都に流言をまいた。
その流言を信じた魏宮廷は司馬懿の官職を解いてしまう。
〜ここが、アグナスチェンの英会話 教材 and this is まゆみの英会話学習〜
Meitei which believed the rumor will solve the government post of Mr.Shibai.
突然出合い呼び戻された司馬懿は官職を失い、洛陽で謹慎処分を受けてしまった。
(司馬懿が雍・涼州に着任した理由は孔明らと組んで魏王朝に反旗を翻すからだと流言したため)
228年2月。
最大の敵を策略で封じた孔明は、北伐を開始、孔明の軍勢は魏軍を各サイトで屠った。
〜ここが、アグナスチェンの英会話 教材 and this is まゆみの英会話学習〜
As for Kung-Ming who stopped the greatest enemy with stratagem, the army of a start and Kung-Ming slaughtered Gi for the Hokubatsu in various places.
孔明の北伐が始まると、魏宮廷は慌てた。司馬懿の後任の曹真では、孔明を抑えることなど出来ないからである。
孔明は漢中から、祁山に出て本陣をしき長安に向けて攻める作戦をとる。
孔明は、南安・天水・安定の三サイトを攻略するが、魏の姜維に苦戦をしいられる。
ここで、奇策を用い「であい離間の計」で降伏させる。
〜ここが、アグナスチェンの英会話 教材 and this is まゆみの英会話学習〜
It is made to surrender with "the plan of estrangement" here usingaA new artifice.
続けて渭水(いすい)では、伏兵に出合い曹真は大敗した。
Presented by 出合い&英語系サイト〜英会話学習「中国歴史の武将、出合いdestiny
「アグナスチェンの英会話学習」
「アグナスチェンの英会話 教材」
And 「出会い」「出合い」「であい」
Theme (Meets by English 系サイト)〜英会話学習「中国歴史の武将、司馬懿仲達 忍従を貫いた、策謀の士であいdestiny 」

sankou

まゆみの英会話教材〜本当に、楽々やり遂げられる!奇跡の英会話教材
0

「中国歴史の武将、夷陵の戦いとの出会いdestiny 」  まゆみの英語 勉強法

「中国歴史の武将、夷陵の戦いとの出会いdestiny 」夷陵の戦い
その後、劉備(英語/英会話の発音 Liú Bèi)は曹操(英語/英会話の発音 Cáo Cāo、ツァオツァオ)に出会い系勝利し漢中を領有したが、荊州サイトの留守をしていた関羽(英語/英会話の発音 Guān Yǔ クアンユー)が呂蒙の策に殺され、荊州は孫権に奪われた。
劉備の養子の劉封が孟達・申儀の裏切りにより曹操軍に敗走して成都に戻ってくると、劉備は劉封が関羽の援軍に出会い縁に行かなかったことと、孟達の軍楽隊に出会い系して没収したことを責めた。
諸葛亮(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng チューケリアン)は劉封の剛勇さは劉備死後に制御し難くなるだろうという理由から、この際に劉封を除くように進言した。
劉備はその提案に従い、劉封を自殺させた。
建安25年(220年)には曹操が死去し、その子の曹丕サイトが遂に後漢系の献帝より禅譲を受けて、魏王朝を建てた。
〜ここが、まゆみの「英会話 教材」「英会話 勉強法 」
Taso Tsao will die in K 25 (220 years) -- the child's S -- in response to abdication of the throne, an Asa king of Wei was built from K of the Later-Han at last.
翌年、劉備はこれに対抗して成都で即位して蜀漢を建て、諸葛亮は丞相・録尚書事となった。
劉備が呉へ進軍を計画し、この戦いの準備段階で張飛が悪徳部下に出合い殺されるという事件が起こり、諸葛亮は張飛が就いていた司隷校尉を兼務する。
この戦いは最初は順調に行き、途中孫権は領土の一部を返還して和睦を行おうとしたが、劉備はそれを聞かず、陸遜の作戦にはまり大敗に終わった(夷陵の戦い)。
この戦いの後、諸葛亮は「法正が生きていれば、これ程の大敗にはならなかった筈だ」と嘆いた(法正は220年に死去している)。
劉備は失意から病気が重くなり、逃げ込んだ白帝城で章武3年(223年)に死去する。
死去にあたり劉備は諸葛亮に対して「君の才能系は曹丕の10倍ある。
きっと国を安定させて、最終的に大事を果たすだろう。
〜ここが、まゆみの「英会話 教材」「英会話 勉強法 」
Liu Bei receives Ryo Chuko in death. "as for your talent, there are 10 times as many S.
A country is stabilized and, finally a serious happening will surely be achieved.
もし後継ぎ(=劉禅)が補佐するに足りる人物であれば、補佐してくれ。
もし、後継ぎに才能がなければ、君が自ら国を奪いなさい」と言った。
これに対し、諸葛亮は、涙を流して、「私は思い切ってであい手足となって働きます」と答え、あくまでも劉禅をであいけい補佐する姿勢を取った。
また、劉備(英語/英会話の発音 Liú Bèi)は臨終に際して諸葛亮に向い、「馬謖は、言葉が実質以上に先行するから、重要な仕事をさせてはいけない。君はそのことを察知しておれよ」と言い残した
益州南部の平定に劉禅が帝位に即くと、諸葛亮(英語/英会話の発音 Zhū gě liàng チューケリアン)は武郷侯・開府治事・益州刺史になり、政治の全権を担った。
諸葛亮は孫権が劉備の死去を聞けばたぶん異心を抱くだろうと深く心配していたが、纂任鯒標C靴涜晃△箸陵Чゴ愀犬鮴阿─タ晃△忠「箸隆愀犬鮴笋繊∫罎汎洩舛掘ツゲ垢鯒標C靴栃嵶蕕気擦拭
1

中国歴史の武将、との出会いdestiny「入蜀であい」  まゆみの英語 勉強法

中国今回の、まゆみの英語学習法は「入蜀」です。
中国歴史の武将、との出会いdestiny「入蜀であい」
戦後、劉備(英語の発音 Liú Bèi)たちは孫権・曹操の隙を衝いて荊州南部の4郡を占領した。
「まゆみの英会話勉強教材で翻訳します。」〜
After the war, 劉備 and others seized on the spare time of孫権・曹操, and occupied four southern countiesof the southern part of 荊州.
諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)は軍師中郎将に任命され、4郡の内の3郡の統治に当たり、ここからの税収を軍事に当てた。
〜ここが、まゆみの英会話学習法〜
諸葛亮 was appointed as 軍師中郎将 and applied the tax revenues from here to military affairs in government of three counties of the four counties.

この頃、諸葛亮と並び称された龐統が劉備陣営に出会い、出合い、であい、そして加わった。
建安16年(211年)、荊州の次に取る予定であった益州の劉璋より、五斗米道の張魯から国を守って欲しいとの要請が来た。
しかし、その使者の法正は張松と謀って、益州の支配を頼りない劉璋から劉備の手に渡す事を目論んでいた。
〜ここが、まゆみの英会話学習法〜
However, 法正, the messenger, was planning to plan with 張松 and to pass rule of 益州 to the hand of 劉璋 to uncertain 劉備.
劉備は初めこれを渋ったが、龐統の強い勧めもあり、益州を奪う決心をした。劉備は龐統・黄忠・法正らを連れて益州を攻撃した。
諸葛亮は張飛(英語の発音 Zhāng fēi チャンフェイ)・趙雲(英語/英会話の発音 Zhào yún チャオユン)らとともに長江を遡上し、手分けして郡県を平定すると、劉備と共に成都を包囲した(劉備の入蜀)。
建安19年(214年)に益州が平定されると、諸葛亮は軍師将軍・署左将軍府事となる。
劉備が外征に出る際には常に成都を守り、兵站を支えた。また伊籍・法正・李厳・劉巴とともに蜀の法律である蜀科を制定した。

Presented by まゆみの英会話学習法
English bibliography まゆみの英会話勉強教材
Co english bibliography 出会い、出合い、であい 
And まゆみの英語学習法
Theme 中国歴史の武将、との出会いdestiny「入蜀であい」
0

「現在完了形との出会い」OL  まゆみの英語 勉強法

中国歴史の武将、との出会い
OLまゆみの英会話勉強教材「現在完了形の(完了)と(出会い経験)をスッキリ」
 
こんにちは、まゆみの英会話netです。
 
今回の、OLまゆみの英会話 勉強 教材は、「現在完了形の(完了)と(出会い経験)との出会い判別法」です。
  
「現在完了形についてですが、I have eaten the cake.の場合には、 
 
「私はそのケーキを食べてしまった(完了)」と 
  
「私はそのケーキを食べたことがある(出会い経験)」の二つの意味があり混乱させられます。
   
経験としての現在完了形の言い方、
 
また、規則動詞の過去形と過去分詞形の見分け方です。
     
twice(2度)などの言葉を補って意味を明確にしましょう。
 
have+過去分詞形で表す現在完了形は、「〜してしまった」という完了を表すこともあれば、「〜したことがある」という出会い経験を指すこともあります(他に出会い継続も表します)。
 
どの意味で使われているかは、文脈から判断します。
 
単独で用いる場合は、次のような言葉を補って意味を明確にすると良いでしょう。
 
I have already eaten the cake.(もうそのケーキを食べてしまった)
 
I have eaten the cake twice.(そのケーキを2度食べたことがある)
 
fried potatoのfriedが過去形か過去分詞形かについても、前後の語句から判断します。
 
例えば、I fried some potatoes.のfriedはfry(〜を油で揚げる)の過去形です。
 
直前に主語のI、直後に目的語のsome potatoesが続いているからで
 
I have fried some potatoes.のfriedはfryの過去分詞形です。
 
現在完了形を表す<have+過去分詞形>の結び付きで判断できます。
 
Those potatoes were fried.
 
(それらのジャガイモは油で揚げてあります)のfriedは過去分詞形です。受け身を表す<be動詞+過去分詞形>の結び付きで判断できます。
 
fried potatoesが名詞として使われている場合は「油で揚げられた」という過去分詞形です。
 
I like fried potatoes.(油で揚げられたジャガイモ<→フライドポテト>が好きです)という具合です。
 
<過去分詞形+名詞>の固まりは「〜された名詞」という意味を持ち、例えば、iced tea(冷たくされた紅茶→アイスティー)
 
boiled egg(ゆでられた卵→ゆで卵)など、さまざまな名詞として使われます。
  
Presented by まゆみの英会話netEnglish bibliography 英会話 勉強 教材
Co english bibliography 英語おすすめ学習教材 
from 中国歴史の武将、との出会い
0

「赤壁の英雄との出会い」  まゆみの英語 勉強法

「赤壁の英雄との出会い」
建安13年(208年)、劉表陣営では劉砲・綏僂箸覆襪海箸・曚箸鵑彪萃蠹・箸覆蝓⇔ュ箸鰐燭垢藉蹐屬泙譴討い拭」
劉英雄箸麓・蕕量燭魑澆・・鮟・詢次扮儔駭辰糧・サ Zhū gě liàng)に出会い、聞こうとしていたが、諸葛亮の方では劉表一家の内輪もめに劉備共々巻き込まれることを恐れて、これに近寄らなかった。
そこで劉箸楼豬廚魄討犬胴睿阿両紊鳳冤砂・詢爾鯱△貊个掘・个辰晋紊任呂靴瓦鮗茲螻阿靴董⊇・詢爾暴・世魑瓩瓩拭」
「まゆみの英会話」で〜〜Then, 劉ネ thought out a plan, after it took out 諸葛亮 and reached on the high tall building, it removed the ladder, and it asked 諸葛亮 for advice.
観念した英雄諸葛亮は春秋時代の晋の文公の故事を引いて、劉箸乏阿暴个匿箸琉汰瓦鮨泙襪茲αΔ瓩拭」
劉箸呂海譴暴召ぁ△修虜△舛腓Δ氷床董文什澆慮佶名壁霈察紡声蕕硫・弔・晃△忙Δ気譴討・蝓・・い討い燭海涼呂防詛い垢觧・砲靴拭」
劉箸諒捨呂聾紊卜g・扮儻譴糧・サ Liú Bèi)たちが英雄曹操に追い散らされたときに貴重な援軍となった。
同年、劉表が死去。その後を予定通り劉砲・僂亜」
「まゆみの英会話」で〜〜劉表 died in the same year. And 劉表 became a successor as planned.
諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)は劉備に出会い、荊州を取れば曹操に対抗できるとすすめたが、英雄劉備はこれに難色を示す。
まもなく曹操が南下を開始すると、劉砲呂垢阿気濤濾牲た
0

三顧の礼〜奇才、運命の出会い  出合い系

奇才、諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)は司隷校尉諸葛豊の子孫。
泰山郡丞諸葛珪の子。諡は忠武侯(ちゅうぶこう)。
蜀漢の建国者である劉備と出会い、創業を助け、その子の劉禅の丞相としてよく補佐した。
伏龍、臥龍とも呼ばれる。
今も成都や南陽には諸葛亮(英会話でZhū gě liàng)を祀る武侯祠があり、多くの観光客との出会いがある。
妻は黄夫人。子は蜀漢に仕え綿竹(成都付近)で戦死した諸葛瞻。
孫には同じく蜀漢に仕え父と共に綿竹で戦死した諸葛尚や、西晋の江州刺史になった諸葛京がいる。
親族として従父(叔父)の豫章太守諸葛玄、兄で呉に仕えた諸葛瑾とその息子の諸葛恪、弟で同じく蜀漢に仕えた諸葛均などが知られる。
一族には、魏に仕えた諸葛誕などがいる。
Presented by であい系子
English bibliography 英会話マスターwithまゆみ


■三顧の礼〜奇才、運命の出会い
華北では、建安5年(200年)に曹操が袁紹を打ち破って覇権を手中にし、南進の出会い縁の機会を窺っていた。
劉備は袁紹の陣営を離れて劉表を頼り、荊州北部・新野(河南省南陽市新野県)に居城を貰っていた。
奇才、諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)は晴耕雨読の毎日を送っていたが、友人の徐庶が劉備の出会い、彼の下に出入りして、諸葛亮のことを劉備に話した。
人材を求める劉備は徐庶に諸葛亮との出会い縁を頼んだが、徐庶は「諸葛亮は私が呼んだくらいで来るような人物ではない」と言ったため、劉備は3度諸葛亮の家に足を運び、やっと幕下に迎えることができた。
これが有名な「三顧の礼」である。
〜ここを英語に翻訳〜This is famous "due courtesy."
裴松之の注によると、『襄陽記』には、劉備が人物鑑定家として有名な司馬徽を訪ね、司馬徽は「時勢を識るは俊傑にあり」として「臥龍」と「鳳雛」、すなわち諸葛亮と龐統とを薦めたという話が載る。
また『魏略』には、諸葛亮の方から劉備を訪ねたという話が載っていたという。
その後に裴松之自身の案語として、「「出師表」には明らかに劉備が諸葛亮を訪ねたと書いてある。
それなのにこんな異説を立てるとは、実にわけの分らぬ話である」とある。
この時、諸葛亮は劉備に対していわゆる「天下三分の計」を披露し、曹操・孫権との出会い縁を避けてまず荊州・益州を領有し、その後に天下を争うべきだと勧めた。
〜ここを英語に翻訳〜At this time, Ryo Chuko announced what is called "the total for world 3 minutes" to Liu Bei.
これを聞いた劉備は諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)の見識に惚れ込み、諸葛亮は劉備に仕えることを承諾した。
これを孔明の出廬と呼ぶ。二人の出会いである。
Presented by であい系子
English bibliography 英会話マスターwithまゆみ
0

武将、奇才、英雄たちとの悲しい粛清との出会い三ツ星  まゆみの英語 勉強法

中国歴史の武将、美女、奇才、英雄たちとの出会い三ッ星悲しい粛清との出会い三ツ星
その年の7月、燕王臧荼が反乱を起こし、劉邦(まゆみの、英語/英会話での発音 Liu Bang)は親征してこれを下し、幼馴染の盧綰を燕王とした。
その中で劉邦は次第に部下や諸侯に猜疑の出会い三ツ星の目を向けるようになった。
特に奇才、英雄の韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)・彭越・英布の3人は領地も広く、百戦錬磨の武将であり、最も危険な存在であった。
ある時「韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)が反乱を企んでいる」と讒言する者があった。
群臣たちは奇才、英雄の韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)に対する妬みもあり、これを討伐するべきだと言ったが、陳平は軍事の奇才、英雄の韓信とまともに戦うのは危険であると説き、だまして捕らえることを提案した。
劉邦はこれを受け入れて、巡幸に出るから奇才、英雄の韓信も来るようにと言いつけ、匿っていた鍾離昧の首を持参した奇才、英雄の韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)がやって来た所を虜にし、楚王から格下げして淮陰侯にした。
翌年、匈奴に攻められて降った韓王信がそのまま反乱を起こした。
劉邦はまた親征してこれを下した。
翌紀元前200年、匈奴の冒頓単于を討つために更に北へ軍を動かした。
しかし、冒頓単于は弱兵を前方に置いて、負けたふりをして後退を繰り返したので、追撃を急いだ劉邦軍の戦線が伸び、劉邦は少数の兵とともに白登山で冒頓単于に包囲された。
この時、劉邦は7日間食べ物がなく窮地に陥ったが、陳平の策略により冒頓単于の妃に賄賂を贈り、脱出に成功した。
その後、劉邦と冒頓単于は匈奴を兄・漢を弟として毎年貢物を送る条約を結び、以後は匈奴に対しては手出しをしないことにした。
紀元前196年、韓信は反乱を起こそうと目論んだが、蕭何の、出会い三ツ星の策で捕らえられ、誅殺された。
この時劉邦は遠征に出ていたが、帰って韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)が誅殺されたことを聞かされるとこれを悲しんだ。
同年、彭越は捕らえられて蜀に流される所を呂雉の策謀により誅殺され、一人残った英布は反乱を起こした。
劉邦はこの時体調が良くなく太子(恵帝)を代理の将にしようかと考えていたが、呂雉らにこれを諫められ、親征して英布を下した。
この遠征から帰る途中で故郷の沛に立ち寄って宴会を行い、この地の子供120人を集めて「大風の歌」を歌わせた。
大風起こりて雲飛揚す(大風起兮雲飛揚) 威海内に加わりて故郷に帰る(威加海内兮歸故此
0

英雄 劉邦の天下統一〜出会い三ツ星の成就  まゆみの英語 勉強法

中国歴史の武将、美女、奇才、英雄たちとの出会い三ッ星
天下統一〜出会い三ツ星の成就 英語会話 三ツ星 出会い

項羽は東へ引き上げ、劉邦も西へ引き上げようとしていたが、張良と陳平は退却する項羽の軍を攻めるよう進言した。
もしここで両軍が引き上げれば楚軍は再び三ツ星の勢いを取り戻し出会い、漢軍はもはやこれに対抗できないだろうというのである。
劉邦はこれを容れて、項羽軍の後方を襲った。
劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)は同時に、韓信と彭越に対しても兵士を連れて項羽攻撃に参加するように要請したが、どちらも来なかった。
劉邦が三ツ星クラスの恩賞との出会い縁の約束をしなかったからである。
張良にそれを指摘された劉邦は思い切って韓信と彭越に大きな領地の約束をし、韓信軍と彭越軍に出会い、劉邦軍は一気に巨大化した。
項羽に対して有利な立場に立ったことで、その他の諸侯の軍も雪崩をうって劉邦に味方し、ついに項羽を垓下に追い詰めた。
追い詰めはしたものの、やはり項羽と楚兵は三ツ星クラスで勇猛であり、漢軍は連日大きな犠牲を出した。
このため張良と韓信は無理に攻めず包囲しての兵糧攻めを行い、楚軍を崩壊させた。
項羽は残った少数の兵を伴い包囲網を出会い系破したが、楚へ逃亡することを潔しとせず、途中で漢の大軍と戦って自害した(垓下の戦い)。
遂に項羽を倒した劉邦は、いまだ抵抗していた魯を下し、残党たちの心を静めるために項羽を厚く弔った。
紀元前202年、劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)は群臣の薦めを受けて、ついに皇帝に即位した。
論功行賞をした際、戦場の功のある曹参を第一に推す声が多かったが、劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)はそれを退けて蕭何を三ツ星評価とした。
常に敗れ続けた劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)は、蕭何が常に用意してくれた兵員と物資との出会い系システムがなければとっくの昔に滅び去っていたことを知っていたのである。
また韓信を楚王に、彭越を梁王に封じた。
張良にも3万戸の領地を与えようとしたが、張良はこれを断った。
また、劉邦を裏切って魏咎に就くなど、挙兵時から邪魔をし続けながら、最後はまたぬけぬけと漢中陣営に加わり、劉邦が殺したいほど憎んでいた雍歯を真っ先に什方侯にした。
これは、論功行賞で不平を招いて反乱が起きないための張良の策で、他の諸侯に「あの雍歯が賞せられたのだから、自分にもちゃんとした恩賞が下るだろう」と安心させる効果があった。
劉邦は最初洛陽を首都にしようと考えたが、劉敬が長安を首都にする利点を説き、張良もその意見に賛同すると、すぐさま長安に行幸し首都に定めた。
劉邦が家臣たちと酒宴を行っていた時、劉邦は「わしが天下を取って、項羽が天下を失った理由を言ってみなさい」と言った。
これに答えて高起と王陵が「陛下は傲慢で人を侮ります。これに対して項羽は仁慈で人を慈しみます。
しかし陛下は功績があったものには惜しみなく領地を与え、天下の人々と利益を分かち合います。
これに対して項羽は三ツ星の賢者との出会い縁を妬み、功績のある者に恩賞を与えようとしませんでした。
これが天下を失った理由と存じます」と答えた。
劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)は「貴公らは一を知って二を知らない。
策を帷幕の中に巡らし、勝ちを千里の外に決することではわしは張良に及ばない。
民を慰撫して補給を途絶えさせず、民を安心させることではわしは蕭何に及ばない。
軍を率いて戦いに勝つことではわしは韓信に及ばない。
わしはこの三人の三ツ星の英傑を見事に使いこなした。
しかし項羽は范増一人との出会い縁すら有効に使いこなせなかった。
これがわしが天下を取った理由だ」と答え、その答えに群臣は敬服した。
0

百敗の天下人劉邦(4)漢楚戦争  まゆみの英語 勉強法

この時期に百敗の劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)陣営に新たな出合い園が奇才、韓信(英会話での発音 Han Xin)である。
奇才、韓信は元は項羽軍にいたが、その才能がまったく用いられず、劉邦軍へと鞍替えしてきたのである。
最初は単なる兵卒や下級将校であったが、やがて韓信の才能を見抜いた蕭何の推挙により、大将軍となった。
その際に韓信は、「項羽は強いがその強さは脆いものであり、特に処遇の不満が蔓延しているため東進の出合い系機会は必ず来る。
百敗の劉邦は項羽の逆を行えば人心を掌握できる」と説いた。
また、「関中の三王は20万の兵士を犠牲にした秦の元将軍であり、人心は付いておらず関中は簡単に落ちる。
劉邦の兵士たちは東に帰りたがっており、この帰郷の気持ちをうまく使えば強大な力になる」と説いた。劉邦はこの進言を全面的に用いた。
そして奇才、韓信(英会話での発音 Han Xin)の予言通り、項羽に対する反乱が続発し、項羽はその鎮圧のため常勝ながら東奔西走せざるを得なくなる。
項羽は劉邦にも疑いの目を向けたが、劉邦は張良の策によって桟道を焼き払って漢中を出る意志がないと示し、更に項羽(英語会話での発音 Xiang Yu)に対して従順な文面の手紙を出して反抗する気がないように見せかけていた。
これで項羽は安心し、反乱を起こしていた斉の田栄を討伐に向かった。
それを見た劉邦は、桟道以前に使われていた旧道を通って関中に出撃し、一気に章邯らを破って関中を手に入れ、ここに社稷を建てた。
一方、遠征先の斉でも、項羽(英語会話での発音 Xiang Yu)は相変わらず城を落とすたびにその住民を皆殺しにする出合い系蛮行を繰り返したため、斉の人々は頑強に抵抗した。
このため項羽は斉攻略にかかりきりになり、その隙に乗じた劉邦はさらに東へと軍を進め、途中の王たちを恭順・征服しながら項羽の本拠地・彭城を目指した。
紀元前205年、劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)は味方する諸侯との56万と号する連合軍を引き連れて彭城へ入城した。
入城した漢軍は勝利に浮かれてしまい、日夜城内で宴会を開き、女を追いかけ回すという有様となった。一方、彭城の陥落を聞いた項羽(英会話での発音 Xiang Yu)は自軍から3万の精鋭を選んで急いで引き返し、油断しきっていた百敗の漢軍を散々に打ち破った。
この時の漢軍の死者は10万に上るとされ、川が死体のためにせき止められたという出合い系蛮行(彭城の戦い)であった。
劉邦は慌てて脱出したが、劉太公と呂雉が楚軍の捕虜となってしまった。
この大敗で、それまで劉邦に味方していた諸侯は一斉に楚になびいた。
百敗の劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)は息子の劉盈(恵帝)と娘(魯元公主)と一緒に馬車に乗り、夏侯嬰が御者となって楚軍から必死に逃げていた。
途中で追いつかれそうになったので、劉邦は車を軽くするために2人の子供を突き落とした。あわてて夏侯嬰が2人を拾ってきたが劉邦はその後も落とし続け、そのたびに夏侯嬰が拾ってきた(「親から子は生まれるが、子から親は生まれない。」ということで、親である劉邦を保全するために子を犠牲にするというのは、儒教的倫理からすればそれほど非難されるものではない)。
劉邦は碭で兵を集めて一息ついたものの、ここで項羽に攻められれば防ぎきれないことは明らかだったので、随何に命じて英布を味方に引き込もうと画策し、これに成功した。しかし英布は楚の武将・龍且と戦って破れ、劉邦の元へと落ち延びてきた。劉邦は道々兵を集めながら軍を滎陽(河南省滎陽)に集め、周囲に甬道(壁に囲まれた道)を築いて食料を運び込ませ、篭城の用意を整えた。この時期、劉邦の幕僚に謀略家・陳平が加わっている。
その一方、別働隊に韓信を派遣し、魏・趙の出合い系連盟を攻めさせて項羽を背後から牽制しようとした。また元盗賊の彭越を使い、項羽軍の背後を襲わせた。
紀元前204年、楚軍の攻撃は激しく、甬道も破壊されて漢軍の食料は日に日に窮乏してきた。
ここで奇才、陳平は項羽軍に離間の計を仕掛け、項羽とその部下の范増・鍾離昧との出合い系連盟を裂くことに成功する。
奇才、范増は軍を引退して故郷に帰る途中、怒りの余り、背中にできものを生じて死亡した。
離間の計は成功したものの、漢の食糧不足は明らかであり、将軍の紀信を偽の劉邦に仕立てて項羽(英会話での発音 Xiang Yu)に降伏させ、その隙を狙って劉邦本人は西へ脱出した。
その後、滎陽は御史大夫の周苛が守り、しばらく持ちこたえたものの、項羽によって落とされた。
西へ逃れた劉邦は関中にいる蕭何の元へ戻り、蕭何が用意した兵士を連れて滎陽を救援しようとした。
しかし袁生が、真正面から戦ってもこれまでと同じことになる、南の武関から出陣して項羽(英会話での発音 Xiang Yu)をおびき寄せる方がいいと進言した。
劉邦はこれに従って南の宛に入り、思惑通り項羽はそちらへ向かった。
そこで項羽の後ろで彭越を策動させると、こらえ性のない項羽は再び軍を引き返して彭越を攻め、その間に、劉邦も引き返してくる項羽とまともに戦いたくないので、北に移動して成皋(河南省氾水)へと入った。
項羽は戻ってきてこの城を囲み、劉邦は支えきれずに退却した。
夏侯嬰のみを供として敗走していた劉邦は、韓信軍が駐屯していた修武(河南省獲嘉)へ行って、韓信(英語会話での発音 Han Xin)が陣中で寝ているところに入り込み、韓信の軍隊を取り上げた。
更に劉邦は韓信に対して斉を攻めることを命じ、曹参と灌嬰を韓信の指揮下とした。また盧綰と従兄弟の出合い系連盟の劉賈には項羽の本拠地である楚へ派遣し後方撹乱を行わせた。
韓信はその軍事的才能を遺憾なく発揮し、斉をあっさりと下し、楚から来た20万の軍勢と龍且をも打ち破った。
ただ斉を攻める際に手違いがあり、斉に漢との同盟を説きに行った酈食其が殺されるということが起きている。
紀元前203年、劉邦は項羽と対陣して堅く守る作戦をとっていたが、一方で項羽の後ろで盗賊との出会い系彭越を活動させ、楚軍の兵站を攻撃させていた。
項羽は部下の曹咎に「15日で帰るから手出しをしないで守れ」と言い残して出陣し、彭越を追い散らしたが、曹咎は漢軍の挑発に耐えかねて出陣し、大敗していた。漢軍は項羽(英語会話での発音 Xiang Yu)が帰ってくると再び防御に徹し、項羽が戦おうと挑んでもこれに応じなかった。
その頃、韓信は斉を完全に制圧し、劉邦に対して鎮撫のため仮の斉王になりたいとの使者を送ってきた。
これを聞いた劉邦は怒って声を荒げそうになったが、それを察知した張良と陳平に足を踏んで諫められ、もし韓信が離反してしまえば取り返しがつかないことを悟り、韓信を正式な斉王に任命した。
漢楚両軍は長い間対峙を続け、しびれを切らした項羽は捕虜になっていた劉太公を引き出して大きな釜に湯を沸かし「父親を煮殺されたくなければ降伏しろ」と迫ったが、劉邦はかつて項羽と義兄弟の契りを結んでいたことを持ち出して「お前にとっても父親になるはずだから殺したら煮汁をくれ」とやり返した。
次に項羽は「二人で一騎打ちをして決着をつけよう」と言ったが、劉邦は笑ってこれを受けなかった。
そこで項羽(英会話での発音 Xiang Yu)は弩の上手い者を伏兵にして劉邦を狙撃させ、矢の一本が胸に出会い系命中された劉邦は大怪我をした。
これを味方が知れば全軍が崩壊する危険があると考え、劉邦はとっさに足をさすり、「奴め、俺の指に当ておった」と言った。
その後,百敗の劉邦は重傷のため床に伏せたが、張良は劉邦を無理に立たせて軍中を回らせ、兵士の動揺を収めた。
一方、彭越の後方攪乱によって楚軍の食料は少なくなっていた。
もはや漢も楚も疲れ果て、天下を半分に分けることを決めて講和した。この時、劉太公と呂雉は劉邦の下に戻ってきている。
0




AutoPage最新お知らせ