2013/8/26

50代の看護師転職  看護師の転職

一般的に転職をする場合は中高年以降になるとなかなか厳しいこともあります。しかし看護師の場合、慢性的に人材不足に陥っている医療機関もあります。あるデータによると、全国の7割の医療機関で看護師不足に陥っている状態になっていると言います。
看護師の場合ですから、年齢が上でも転職できる可能性は大いにあります。50代の看護師でも転職先を見つけることができるわけです。

50代で転職をする場合には、どのような役割を求められているかチェックをしてみるといいでしょう。50代の看護師になってくると、経験も豊富なので後輩の看護師の指導者としての役割を求められる可能性もあります。
このため、マネージメント能力などがほかの転職希望者よりも求められていることを理解しましょう。

そこで面接をする場合には、自分にどのようなキャリアを持っているかを端的にアピールしてみましょう。50代でも決して転職先が見つからないことはありません。大阪在住の人は、≪大阪の看護師求人≫関西限定の好条件求人はココで見つかる!をチェックしてみましょう。
0

2013/8/16

市民病院に転職する  看護師の職場

看護師の転職先としてやはり病院と思っている人も多いのではないでしょうか?看護師の転職先で病院の中でも、市民病院に転職する方法があります。自分の地元の市民病院に転職できれば、自宅から近い所に職場を確保できます。
市民病院に転職した場合、給料などの待遇はどのようになるのでしょうか?

厚生労働省や人事院の統計などを見てみると、平均すると38万円程度の給料がもらえるとみられています。年収で見てみると、590万円程度の収入を平均で得ているようです。
看護師全体の年収の平均を見てみると、430万円程度と言われています。市民病院で働いた方が、給料の条件はかなり良くなることが分かります。

ただし市民病院の場合、地域間格差が結構あると言われていますので、注意しましょう。東京などの首都圏や大都市の病院であれば、給料はいいかもしれません。
しかし地方に行ってしまうと、給料が厳しくなるケースもあります。きちんと条件を確認した上で転職をすべきです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ