お金儲けができる人間なんだと信じこむ  

お金儲けができる人間なんだと信じこむ

お金儲けができていない人には、ある種の共通点がある。
それは、自分でお金儲けの設計図を小さいものにしている点。

設計図自体は、絵に書いた餅に過ぎないのにも関わらず、
自分の能力をある一定額に決め込んでしまい、
その金額を得られた時点で意識的にか、無意識的に
は定かではないが満足してしまい、
それ以上はお金儲けをしなってしまうのです。

そして、こういった者が多くを求めるような言動を取ったとしても
ある一定額は稼げない。

しかし、お金儲けを実現できる人物は、
その設計図の設定金額が大きい。

そして、そういう人物は収入が低くても
「今はこれだけしか稼げていないが、
そのうち大きくお金儲けができる」
と、信じてやまないのだ。

また、設計図の設定金額が大きい人物は、
世界中に回っているお金は無限であり、
無限だから、自分が得られる金額がこんなに安いはずはない。
と信じている。

そして、最終的に磁石のようにお金が吸い付けられていくのである。
0

お金儲けの設計図のぶつかり合い  

お金儲けの設計図のぶつかり合い

お金設計図は人それぞれ持っており、
それは長年生きてきた中で築き挙げられてきたものなので、
なかなか設計変更を施すことができない。

例を上げれば、ハーブエッカーという人物は、
貧しい家庭で育てきており、お金がないことが原因で、
様々な不便を味わってきた。

そのような人生から彼の思考は「お金は経済的事由を与えるもの
という設計図を作り上げた。

しかし、彼の妻はこの設計図と大きく異なっていた。
彼女の家庭は比較的裕福であり、お金はいつでも必要なだけ
手に入れることができたため、

手元にあるお金は全て使いきってしまい、その時の楽しみを最大限に引き出すために使っていた。

そのような人生から彼女の思考は「お金は手元に置かないもの」
という設計図を作り上げた。

このような、違いは一見致命的な結果をもたらすそうに思えるが、
ハーブはこの違いを劇的に優良な設計図に書き直すことに成功した。
0




AutoPage最新お知らせ