2013/5/29

(無題)  



カツアバの媚薬はアマゾン川流域を中心に自生している生命力の強い植物で、コカノキ科に分類されますviagra。コカノキ科の代表的な植物には、麻薬に指定されている「コカイン」の原料となるコカノキがあります。カツアバは、黄色の花やオレンジ色が咲き、実は小さい楕円形で濃い黄色をしています。

アマゾン川流域やその周辺地域でで自生しているのを見ることができます。ブラジルで一般的にカツアバの名前で流通している植物が何種類かありますが、主に 薬用として用いられているのは『小さなカツアバと大きなカツアバ』と呼ばれる種類です。ブラジルではこれら二種類のカツアバが薬用ハーブとして利用されて います。

ブラジルでは、カツアバは媚薬として長年利用されてきました。樹皮を煎じたお茶が、性的能力の虚弱、記憶力の低下に用いられています。現在では、カツアバ の樹皮をつかったサプリメントなども販売されていますが、科学的にはまだカツアバの媚薬効果の根拠は証明されていません。カツアバは媚薬として民間伝承的 に利用されてきました。
0

2013/5/29

(無題)  


最近教育番組的な&ニュース報道バイアクラ通販 もするラジオ(日本でいうNHKのような内容です。)バイアクラ通販を車の中で聴いているときにまざに私の疑問を解決してくれる報道がありましたので回答しています。それは男性の性欲はテストステロンの分泌が多いので性欲が女性に比べてずっと多い。でも女性ホルモン(プロジェストロンとエストロジェン)は性欲とは反対方向に向かうホルモン。

でも女性もある程度のテストステロンは若い頃からでも分泌しているのですがい頃は女性ホルモンの分泌の量がはるかにテストステロンより多いので性欲がそんなにない。でも歳をとると女性ホルモンの分泌がとても減るのでテストステロンの支配が若い頃より大きくなって男性と似たように性欲が強くなると言う内容でした。私はこの報道で目からウロコのように自分になにが起きていたのかが分りましたが参考になれば幸いです。

「女性は35歳を過ぎると、エストロゲンという女性ホルモンが減ってきます。すると相対的に男性ホルモンであるテストステロンの働きが強まり、一時的にガツガツとした性欲が出てくると考えられています」

この性欲のピークは数年〜10年程度とみられる。というのもエストロゲンの分泌が減るにつれ、女性器(膣)がどんどん濡れにくくなり、若い頃に比べると性交がスムーズにいかなくなる。それと平行して性欲も低下していくと考えられるのだ。

50歳前後で大半の女性に閉経が訪れ、エストロゲンの分泌はほとんどストップしてしまう。閉経前後には、微熱、不眠や倦怠感、性交痛などの更年期障害に悩まされる女性も少なくない。生物学的には、これが「生殖活動は終わり」というシグナルになる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ