女性への媚薬口コミ  媚薬口コミ

まず女性用媚薬は、少量のソフトドリンクに5滴程度混ぜました。あっというまになくなっちゃいました!そして飲んだんですが、30分くらいしてからですかね、だんだんジーンと体中の体温が上がってきているんじゃないかと思いました。ジンジンしてくるというかだんだん自分でもまだ何もしてないのに濡れてきているのがわかりました。

特に女性の揚合の症状は、大きく分けると、もとからぜんぜん感じないという入と、以前は感じたけれど最近になって感じなくなったという人の二通りのようです。もとからまったく感じないという女性は、いわゆるクリトリスが包茎だ。という人が多いので、パートナーの男性が、愛撫をする時に包茎の皮を剥いてから刺激を与えてあげると、媚薬を使わなくても、感じるようになります。

エッチは結構私淡白な方なんですけど、本当に体が疼いてくる…相手は、精力剤は漢方のものを1時間半くらい前に飲んでました。1時間後くらいに下半身が熱くなってきたと言い出しました。彼は30代ですが、これまた結構淡白な人です。エッチしだしたら、私はもうシットリ濡れてて触られただけですごい敏感。

いつもより声も大きくなっちゃうし、どこ触られても気持ち良かった。彼のを口でしてあげたんだけど、すごい硬く本当に棒みたくなってて私がビックリしました。入れてからも彼がすごい激しくてよけい興奮してしまいました。たまに中折れとかするようになってきてた人なんですが、それがない!

ずっと硬く大きく激しく腰を振ってていつもより長くエッチできました。私が本当に興奮しまくってて彼がイキそうになっても、まだダメッて感じで結構長くしてました。2回目も出来そうな感じだったらしいですが、明日も仕事…もう寝る時間が…という事で1回戦で終わりました。私はまだまだ出来るよ、してよぉって感じだったんですけどね。なんだかやみつきになりようです。次は他の女性用媚薬を体験したいと思います。もちろん週末にね!
1

蜂蜜で作る媚薬  媚薬成分説明

蜂蜜って健康栄養食品ですよね、それが媚薬にもなるのか?それはおいといて、その媚薬の作り方が載っていたのはインドの性典と呼ばれるカーマスートラ。カーマスートラと言えば性愛の古典と言われる有名なものなんだそうです。

さて、ではその媚薬の作り方なんですが、いくつも載っているうちの一つを見てみましょう。なになに、その媚薬の作り方とは、チョウセンアサガオと黒コショウを蜂蜜に混ぜる。え!?それだけ?えらく簡単ですね。なんか媚薬の作り方って聞くとかなり複雑なイメージがあって、呪文なんか唱えるのかな?と考えてたんだけど、かなり簡単な媚薬の作り方ですよね。

それで、作った媚薬を…飲むのではなく、男根に塗って女性と交わるということです。すると、思い通りに女を恍惚たらしめるとなっています。でも、女性のアソコが蜂蜜でベットリですよね。これってよいのかな?あっ、そうか。後で舐めてあげれば良いか!?蜂蜜嫌いな男はどうすんだ!

この媚薬の作り方なら現実的だし、それなりに効果はあるだろうし、副作用に至ってはほとんどないというのがイメージできますよね。だって、材料がハーブの媚薬の作り方ですからね。ニオイ、香りでその気にさせるという方法ですね。香り、ニオイってけっこうグッとフラフラと来ちゃいます。そのもっともたるモノが香水ですから。

まぁ、カーマスートラに載っているほどの媚薬の作り方なんで、それなりに効果はあるのかな?本当にあるのかな?この媚薬の作り方試して見る気ある?と聞かれたら、蜂蜜をナニに塗るんだよね、私はパスします。
0




AutoPage最新お知らせ