2012/7/13

主婦の実態  ダイアリー



たとえば、少女を一人「おとり」として置き、そのおとりを使い、援助交際の相手男性を呼び出します。

しかし、それでは誘われたら誰でも援助交際をするのか? という質問にはノーと答えざるおえません。

賛成派と反対派が真っ向からぶつかるということはめったにないのですが、両者 意見の統一はまず無理です。

もともと、援助交際に手を出すのは、父親から性的虐待を受けていた少女に多いため、さまようように「父親のような頼れる異性」を切望した末に、援助交際に手を伸ばしてしまう少女が非常に多くなっています。

逆に、体目当ての男性は集まりやすくなり、ますます、抜け出せなくなっていくのです。日本では、20歳を過ぎれば大人です。

「心配して欲しい」と思ってしまうと、少女達はどんどん危ないことに手を出してしまいます。

援助交際をする前にまず考えなければならないのは、「自分の体がいくらなのか」ということです。

ただ、、自分の中にある尺度では「一万円は安い」「五万円は高い」というものがありますが、「相手」の尺度はどうなっているかわかりません。これもとんでもないトラブルの原因となってしまいます。そこで、誰でも気軽に登録ができることから、たくさんの人たちが集まり、それも若い層が多いのが特徴です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ